お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(あ行〜さ行)>かしまし > かしまし 第6話 お嫁さんとお婿さん
ついに同じ舞台へと上がったとまり
彼女はそこでどんな演技をするのでしょうか
そして我々観客をどうやって魅了させてくれるのでしょうかw

とまり「補習も終わったしもうすぐ夏休みか・・・」

補習を終えたとまりはひとり教室へと足を運ぶ

そこで見てしまったのははずむとやす菜が唇を重ねている光景だった。

とまり「い、いやぁ、邪魔しちゃったかな。なに?晴れて両思いってやつ?
    いやー、悪かった・・・悪かった・・・そっか・・・そうなったか
    そかそか、それは・・・それはめでたい、ははは。それじゃあ」

そう言って走り去るとまり

追いかけようとするはずむをやす菜が止める

やす菜「ありがとう・・・受け止めてくれて」

とまり(これでよかったんだ・・・これで・・・。はずむはやす菜のことを
    前から好きだったじゃないか。ずっと前から・・・)

そう心でつぶやくとまりの脳裏に幼き日の思い出がよみがえる

とまり(バカ、なに思い出してんだ。あれは・・・あんなのは・・・)

とまり「あーーーーー!」

と叫んで転がっていたサッカーボールを蹴るとまり

明日太「おう、とまり」

そして明日太の顔面直撃。・゚・(ノ∀`)・゚・。

並子@35「宇宙先生、夏休みのご予定は・・・」

さらにその流れ弾が並子@35を直撃

もはやなにも言うまい・・・。


その夜とまりは1人河原に来ていた。
そこは幼い頃はずむと遊んでいた場所だった。
そしてその頃の思い出がよみがえってくる

とまり「なぁ、はずむ。大きくなったらなんになる?」
はずむ「ボク、とまりちゃんのお嫁さんになる!」
とまり「バカかはずむ、男はお嫁さんにはなれないんだよ」
はずむ「お嫁さん・・・」
泣いてしまうはずむ
とまり「泣くなよ・・・。そうだなぁ・・・男がなれるのはお婿さんだな
    それしかなーい。」

はずむ「お婿さん?じゃあ、ボクとまりちゃんのお婿さんになるね!」
とまり「そんなめそめそしたお婿さん、いらないね」


とまり「あんな約束ともいえないような言葉を・・・あたしは・・・」

とまりは幼き日の約束をずっと心に抱いていた。それはただの子供ながらの
会話だったかもしれない。でもそれでもとまりは信じたかった。
だれよりもはずむのことが好きだから。
やす菜がはずむを好きになるずっと前から彼女ははずむのことが好きだった
のだから・・・。

翌朝、いつものようにはずむと一緒に登校するとまり
いいことがあったんだとうれしそうなとまり
そしてはずむとやす菜が付き合うことになったと告白する。
応援するからと背中を押すとまり

このシーンで気づいたのですが、とまりってかなり背が小さいんですねw
そして元男だけあってはずむはそこそこ身長があるかんじ。

屋上の菜園でとまとを収穫するはずむとやす菜だったが、はずむはどこか
上の空。

とまり「ノート?」
はずむ「うん、この前先生消すの早くて写せなくて」
とまり「そんなのやす菜がいるだろ?」


はずむ「とまりちゃーん。一緒に・・・」
とまり「お前はやす菜といけよ。あゆき〜待てよ〜」

はずむ(なんか・・・変だ・・・)

とまりの様子がおかしいと気づいたはずむ

はずむ「とまりちゃん、一緒にお昼食べよ」
一瞬うれしそうな顔をするとまりだが
とまり「バカ、今日はもう学校終わりだろ。」
はずむ「いや、でも・・・ほらガーデニング部でいろいろ野菜が採れたから」
とまり「やす菜と食べろよ。私たちは遠慮しとく」
はずむ「でも、いっぱいあるから」
とまり「無理するなよ二人の邪魔はできないだろ」

無理をしているのは実はあなたなんですけどね(つД`)

とまり「それに見せ付けられちゃ目の毒だし」

毒というか酷ですな・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

その様子を遠くから見ていたやす菜


とまり「ごめん・・・嫌なやつだったな・・・あたし」
あゆき「そうね」
そう言って自分の持っていた紙パックを握りつぶすあゆき

本当のとまりの気持ちを知っているからこそあゆきは苛立ちを隠せなかった
のでしょうか。
実はあゆきはとまりのことが好きなんじゃないかと思い始めた今日この頃(ぇ


昼食後花壇の水やりを楽しそうにしている二人の姿を見つけ、顔を背ける
とまり

そんな光景を木の陰から見守るあゆき

あゆき「夏か・・・」

あゆき様が言うとなんでもない言葉なのにやけに重く感じるなぁw


夕方、やす菜の家に料理の本を借りに来たはずむ

吠えるフェルマータをなだめようとするやす菜だが顔を舐められてしまう
やす菜「こらフェルマータ」(*´д`*)

はずむ「やす菜ちゃんのこと、好きなんだね」

やす菜「え?うん。あっ、あ〜、こら、フェルマータ」

じゃれてやす菜を押し倒すフェルマータ

やす菜の足の間に足を入れるフェルマータ、テラエロス(*゚∀゚)=3ハァハァ

だがグッジョブだ(ぇ

くそう、せっかくのパンテラチャンスだったのに・・・
ブラジャーはよくてなんでパンツがだめなんだぁ!(オチツケ


その頃とまりはカラオケで熱唱中

明日太「いいかげんにしろ!7曲連続だぞ!」

とまりさん歌いすぎです(つД`)

明日太「人が予約した曲、かたっぱしからキャンセルしやがって」

それに耐えてるあなたはとてもいいひとでつね(つД`)

とまり「うるさい、まだまだ歌うぞー、次はー!」

その時、電話が鳴り延長を申し込もうとするとまり
しかし、それを奪い取り
あゆき「終わりにします。はい」

とまり「おまえ」

あゆき「いくら歌っても逃げられはしないわよ

あゆき「舞台に上がるのを選んだのはあなたでしょ

あゆき様の神の一声キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

ああ、あゆき様かっこよすぎる(*´д`*)


はずむはやす菜の家でチェスをしていた。

負けてプンプン怒ってるはずむがかわいい(;´Д`)ハァハァ

はずむ、かわいいよはずむ

今日はやす菜の知らないところをいろいろ知ることができたと
喜ぶはずむ

同じCDをもっていること
やす菜が怒るところ
慌てているところ
ふざけているところ

それはやす菜も同じだった。
お互いに知らなかったことをこれから少しずつ知っていこうと約束する
二人・・・。

そして唇を重ねようとするのだが
はずむはできなかった。

なぜか幼き日のとまりの姿が脳裏に浮かんだから・・・

はずむ「ごめん・・・」


父「チャンス、チャンス!」

エロ親父参上w

父「ふふふ、今日かあさんは町内会の会合で留守。ついに、ついに来たのだー!」

はずむ「お父さん、かゆいところない?」

父「よーし、いざゆかん!親子のスキンシップターイム!」

しかしそこには迷彩服を着たプウがw

ぷう「敵侵入、発射ですー!」

ロケットパンチと共に吹き飛ぶはずむ父

ぷう「ままりん、任務完了です!」

ぷうちゃん、素敵w
ってか母さんぬかりなしですねw

はずむ「どうしてあの時・・・とまりちゃんが・・・」
はずむたん、ケツ。ケツがえろすぎぃ(*゚∀゚)=3ハァハァ

はずむ「あれは・・・たしか・・・なにか大切なこと、ボクにとって大切な」

湯船の水面に幼き日の光景が写しだされる

はずむ「そうだ!」

次の瞬間はずむは駆け出していた。

はずむ「じゃあ、ボクとまりちゃんのお婿さんになるね!」
とまり「そんなめそめそしたお婿さん、いらないね」


はずむは思い出した。二人で交わしたあの約束を


とまりはいた。二人が約束を交わしたあの場所に

とまり「強くて、かっこよくて、男らしくないとお婿さんにはなれないんだ」
はずむ「男らしく?」
とまり「そう、男らしく」



はずむ「とまりちゃーーん」

そこへはずむがやってくる

とまり「お前・・・」

はずむ「話があるんだ」
とまり「話?なんだよ、お前今幸せなんだろ?こんなところに・・・」
はずむ「笑わないで。大切な話なんだ、こっちを向いて欲しい」

とまり「な、なんだよ」
はずむ「とまりちゃん!」
とまり「あ、は、はい」
素直に従うとまりちゃんがオメガカワイス(*´д`*)

はずむ「あの・・・えと、その、えーと」
とまり「なんだよ?」
はずむ「ボクの気持ちを伝えて・・・おきたくて」
とまり「気持ち?」
はずむ「あのね・・・ボクにとってとまりちゃんは大切な人なんだ。
    ずっとそばにいてずっと一緒にいて欲しい人なんだ。だからその・・・
    よくわからないけど、きっとボク・・・ボク、とまりちゃんのこと・・・」

はずむの頬を叩くとまり

とまり「バカなこと言うなよ。おまえやす菜のこと好きなんだろ?
    あいつのそばにいるって決めたんだろ!」

はずむ「それはそう、やす菜ちゃんのそばにいてあげたい。一緒にいたい
    そう思ってる。」
とまり「だったら・・・」

はずむ「でもそのことでとまりちゃんを失うのは嫌なんだ。話もできなくなっちゃう
    のは嫌なんだ」

とまり「そんなこと・・・お前なに言ってるのかわかってんのか?!」
はずむ「わかってるつもりだよ、でもそれがボクの本当の気持ちなんだ」

やす菜の家にいったときキスをしようとした。でも出来なかった。

はずむ「とまりちゃんとの、約束」

そう言って川の中の石をつたって歩いていくはずむ

はずむ「覚えてる?」

とまり「向こう岸までいけたら?」
はずむ「うん、もしできたら。とまりちゃんのお婿さんにしてくれる?」
とまり「ああ、なってやるよ。お前の・・・お嫁さんに」


それもまた昔二人で交わした約束だった。

石を飛んでいくはずむの後姿が幼き頃のはずむと重なる

とまり「はずむ・・・はずむ・・・」

とまり(逃げられない・・・もう、逃げられない!)

とまり「はずむ〜〜」

たまらずはずむの元へと駆け寄っていくとまり

とまり「もしさっき言ったことが本当なら、やす菜と同じこと・・・」
はずむ「同じ・・・こと?」

そして目を閉じて唇を近づけていくとまり

_   ∩
( ゚∀゚)彡 キッス!キッス!
  ⊂彡

はずむ「とまりちゃん!」

だが次の瞬間キスをやめ抱きつくとまり

とまり「なに、びびってんだよ、全然男らしくないじゃないか・・・」
はずむ「そうだね、これじゃあお婿さんになれないね。あれ、でもボク今、女の子だ
    今なら・・・お嫁さんになれるね」
とまり「バカ・・・」

とまり(ああ・・・もう認めてやる。あたしは・・・はずむが好きだ!)

とまり(好きだ!

あれ・・・目から汗が・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。

キスは結局しなかったけど、ちょっと残念だったけど
その分、とまりの本気さが伝わってきたような気がする。
キスという行為の持つ重さ、大切さ
大切な人だからこそ、キスもまた大切にしたい。
まぁ、照れのほうが強かっただけかもしれないけどw

やっぱりとまりとのハッピーエンドを応援したいなぁ
やす菜の気持ちってのもわかるんだけどねぇ・・・。

どっちも失いたくないってのは
ちょっとはずむ、調子よすぎなんじゃ?
って思ったけど、それもまた一つの形なのだろうか

来週は明日太マンセーな回になりそうなので非常に楽しみであります!
とりあえず三角関係の進展はおやすみってかんじなのかな。
来週の小休止を経てまたさらなる波乱が待ってるかもしれないけど・・・。


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 第6話
Excerpt: 今回はほとんどとまり視点で話が進んでいきました。 前回のラストから少し戻って、2人のキスシーンを目撃するところから描かれていたのが良かったです。 とまりは痛々しかったですね・・・。 無理..
Weblog: パズライズ日記
Tracked: 2006-02-19 11:35

かしまし 第6話「お嫁さんとお婿さん」
Excerpt:  いつもなら、はずむキュン萌えで始まるんですが・・・、  今回はとまりタン (*´Д`)ハァハァ で始めたいと思います!  前回、目撃ドキュンな状態だったとまりタン・・・。  ウオ――。°(°´..
Weblog: ミルクレモンティー
Tracked: 2006-02-19 13:08

お嫁さんとお婿さん
Excerpt: 『かしまし??ガール・ミーツ・ガール??』第
Weblog: 詩稀村通信
Tracked: 2006-02-19 16:05

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 第6話 「お嫁さんとお婿さん」キャプ感想
Excerpt: 三日月の夜空の下、とまりはあの日の小さな小さな約束を思い出していた・・・ それは約束ともいえないような言葉。 「じゃあ、僕…とまりちゃんのお婿さんになるね」 悲しみに沈む瞳の中にはただあの日の光..
Weblog: 〜SYMPHONIA〜
Tracked: 2006-02-19 16:25

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 第6話「お嫁さんとお婿さん」
Excerpt: なんというか幼馴染最強
Weblog: 雅道
Tracked: 2006-02-19 16:41

かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜 第6話・「お嫁さんとお婿さん」を見て
Excerpt:  ハーイ、みんな元気かな?見所沢山のこの作品、今回の見所は、「両手に花」、そして三角関係を自らの手で作り上げてしまったはずむのお話だ。  はずむとやす菜のキスシーンを目撃してしまった事から、一度は..
Weblog: サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改
Tracked: 2006-02-19 19:35

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜#6「お嫁さんとお婿さん」キャプ感Aパート
Excerpt: 前回の話が更新で きなくてすいません でした!! いろいろ忙しいわけです… どうせうちの期待されてないですけどね 今回の見所を先にもってきてしまいました。 ..
Weblog: MELODYブログ IN アニメ観測場本館
Tracked: 2006-02-19 21:01

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜#6「お嫁さんとお婿さん」キャプ感Bパート
Excerpt: Let's starting B−part 文法的に違ったスタートでBパートいきます!! 最近他のブログ様は動画載せてるところが多くなってきているのに気づいた。うちも載せようかと思いつつ載せな..
Weblog: MELODYブログ IN アニメ観測場2号館
Tracked: 2006-02-19 21:04

かしまし #6
Excerpt:  TVO水曜26:05〜26:35 第6話 「お嫁さんとお婿さん」 :ビバ・最低男(女だけど)!『女の腐ったような』主人公に乾杯。 :はずむきゅん可愛いとか言ってられくなりました。っていうか??
Weblog: あにたむ素兎亭・別館 雨水
Tracked: 2006-02-20 00:34

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 第06話「お嫁さんとお婿さん」
Excerpt: 補修を終え、教室へ荷物を取りに帰る。 夏の夕暮れ、嵐の前。 凄く良いお話だった。 ラストは思わずうるっときたよ(ノ_・、)グスン というわけでお待たせしました。 レビュー書き上がり..
Weblog: ボーダーライン
Tracked: 2006-02-20 00:48

(アニメ感想) かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 第6話 「お嫁さんお婿さん」
Excerpt: かしまし~ガール・ミーツ・ガール 2 (2) さあ、いよいよ盛り上がって参りました。前回の一件でますます、アンチやす菜が増える一方でとまり株は上昇。このまま最後までいってもやす菜が好かれることは..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-02-20 08:33

「かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜」第6話
Excerpt: 第6話「お嫁さんとお婿さん」 概ね題名から想像した通りの内容でした。 子供の頃、「○○ちゃんのお嫁さん(お婿さん)になる」って、安易に言いがちですよね(笑)。 そんな約束と
Weblog: salty blog
Tracked: 2006-02-22 19:56

かしまし〜ガールミーツガール〜「お嫁さんとお婿さん」
Excerpt: TVアニメ『かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜』オープニングテーマ「恋するココロ」ランティスeufonius, riya, HAJIME KIKUCHIこのアイテムの詳細を見る  えーと、えーと、一..
Weblog: KenjiMのブログ〜アニメと野球と音楽と
Tracked: 2006-02-23 11:11

かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜 第6話 「お嫁さんとお婿さん」
Excerpt: 教室ではずむとやす菜ちゃんのキスを 目撃してしまったとまりちゃん。 二人のことを意識して自然に距離を取っていきます。 とっても健気だなぁ。 家に呼んだはずむにまたキスを迫るやす..
Weblog: 今日もコレクト!
Tracked: 2006-02-24 22:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。