お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(ま行〜わ行)>舞-乙HiME > 舞-乙HiME 第19話 宿命の17歳 (^^;)
宿命の17歳は永遠の17歳だった?!
なんかVNI的な発想だよなこれ・・・
ミドリ17歳ってかんじか(オイ

力尽き倒れているマシロに

アリス「でっかい化け物です」

巨大な怪物が襲いかかろうとしたそのとき閃光と共に現れたのは
チームアスワドのメンバー
結果的に?助けられたマシロはアスワドのアジトへと運ばれる

アリカ「マシロちゃん?」

なんということでしょう!(某リフォーム番組風に)
そこにはアリカもいるではありませんか

ってあっさり合流成功かよw

開始一分でこの展開は読めちゃいますよ・・・。
前回最後にアリカはどこにいるんだろって謎を残したっぽく終わりましたが
公式ページの予告で思いっきりアスワドにいるって書いちゃってたからね・・・。
もうちょっと感動的な再会がよかったかなぁ・・・(汗

シズルは囚われの身となり
イリーナたちは今までどおり授業を受けている
抗議に訪れたマリアだったが割って入ったニナの前になすすべなし
完全にナギの支配下と化していた。

目を覚ましたマシロはそこがアスワドの村であることを知る
アリカもミコトと一緒に倒れていたところを助けられたのだという

もしかしてミコトってなにか重要な役割を担ってたりするのかな?

ミドリ「あれでもずいぶんましになったんだがな・・・。拾ってきたばかりのときは
    まるで人形みたいだったよ、何をしても無反応で」
ちょwwwなにこの悪夢95(分かる人にはわかる?)

そしてマシロは今まで起こったことをミドリに話す

マシロ「あの者はアスワドの王なのか?」
ラド「王か、確かに先代の血を引いてはいるが、ミドリは民の信頼を己が力で
   勝ち取ったのだ。様々なものと引き換えにな


民を統べる者のあるべき姿をそこに見たマシロは何を思うのでしょうか。

道路の真ん中でたたずむナツキとナオ

きゃ〜ナオ様〜(はあと

「本当にやるのか?」

どうやらヒッチハイクをするっぽい?

ナオ「眼鏡っ娘の大統領に会いに行くんでしょ? 国境は越えたけどさ、
   エアリーズの首都はまだまだ先でしょうが、それとも自信がないとか?」
ナツキ「うるさい。私が本気を出せば車の一台や二台はすぐに止めてみせる」
ナオ「じゃあ証明してもらいましょうか?」

こ、これはもしかしてお色気シーンくるのか?!

そこへ1台の車がやってくる

上着を脱ぎ、さっと指を突き出し定番のポーズをするナツキ

ナオ「それで止まると思ってんの? もっとこう、色っぽく」
ナツキ「そんな恥ずかしい真似が出来るか」

不気味に微笑んだと思ったらどこからともなくナイフを取り出し
切りつけるナオ

落ちるズボン

ナツキ「きゃーー」

いや〜〜ん、ナツキさんのズボンがぁ(;´Д`)ハァハァ

ちょ、ぱ、ぱ、ぱん、パンツキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

ナオ様ぐっじょ〜〜〜ぶっ(マテ

ナオ「フィッシュオ〜ン」
釣れましたよ、見事に釣れましたよ!テレビの前のおっきいお友達が(ぇ

いいなぁ、ナツキさんいいなぁ。最近の萌えっぷりがたまりませんなぁ

だがしかし思惑とは裏腹に車から出てきたのはエアリーズの軍人たち
そしてあっさり囲まれてしまう二人・・・。

「我々は、エアリーズ共和国軍国境警備隊だ。猥褻物陳列、並びに風紀紊乱の罪で
 逮捕する!」

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

チエ「ずいぶんさびしくなっちゃったな」
かつてそこにいた面々の面影を見るチエ
だれかに手紙を書いてるようだがこれは一体だれに宛てたものなのでしょうね。

シホ「まきまきまきまきまきまきしてやるのよ!!ぼやっとしてないであんたたちも
   まきまきしなさい!」

ヤヨイ「あかまきまき・・・」
リリエ「あおまきまき・・・」

ちょwwまたまいてるよこの人はww
しかも二人をまきこんじゃってるしw

その真ん中にある蚊取り線香はどこからもってきたのか・・・

一方アリカたちはラドからレナに関する重要な話を聞かされる
それは15年前ラドたちがシュヴァルツと共に城に侵入した際、蒼天の青玉を
その手にかけたと。子をもうけたためにオトメとしての力を失っていたが彼女は
勇敢に戦った。それに敬意を評し、手厚く弔おうとしたがその亡骸はスミスが
持ち去ったと。
ナノマシーンのジェムを生み出す母体にはかつてオトメであり後に子を成し母となった
女性の体が必要なのだと。そしてレナの母体が新たな神祖となるべきものであると
スミスは考えているという。

アスワドは過去の戦争でなんとか生き残ったが、子孫まで続く病を得ていた。
それが呪われた民と言われてきた理由なのだと。そしてラドたちもまたその病に
侵されていた。自らの体をサイボーグとすることで生きながらえているのだと
そしてそれを治す方法こそがナノマシーンの技術なのだと。
ミドリもまた17の時に発病し改良したジェムによって生きながらえていると。
その思いを遂げるためにアリカたちの力を貸してほしいとミドリは訴えるのだが

アリカ「いや!いやだよ・・・もう・・・いやよ、こんなの!あたしもう
    オトメになんかなりたくない!!
    二度とオトメの力なんか使わない!」
そう言って逃げ出すアリカ
それを追いかけるマシロ&ミコト
って

ミコトはやっ( ̄□ ̄;)

マシロ「ミコトやれ!」

ジャンピングヒップアタックで見事アリカを仕留めることに成功したミコトだったが
安心したのもつかの間今度はアリカとマシロが

アリス「でっかい化け物です

に仕留められてしまうのだった?!工エエェェ(´д`)ェェエエ工

って自分だけ逃げるなよミコトww

うーむ、やっぱり今後はアスワド&アリカやその他ガルデローベの方々(ナツキとか)
対ナギ&ニナ&シュヴァルツになっていくんでしょうかねぇ
てかあっさり飲み込まれちゃったけどちゃんと助かるんだよね?w
今回はナツキとナオの絡みが最高でしたね(*´д`*)
ナツキさんがどんどん萌えキャラになっていってるのがたまらんとです
そして関係ないけどミコトぬいぐるみがちょっとほしくなってきた今日この頃であります


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

舞-乙HiME 第19話 「宿命の17歳(^^;)」
Excerpt:  1週間って早いですな!もう「舞-乙HiME」の日だよう!  なんだ今回のタイトル?顔文字が入ってる・・・?  今回は誰も死にませんでしたー。エガッタ、エガッタ〜。  冒頭は「食物連鎖」って..
Weblog: ミルクレモンティー
Tracked: 2006-02-21 23:24

舞-乙HiME 第19話 『宿命の17歳 (^^;)』
Excerpt: 今週もリアルタイムで見ました こんばんは☆ 前回、前々回はド鬱な展開に涙したので、今週も心構えだけは無駄にして見ましたっ! 明らかになったGEMの元。 舞衣、そろそろ出ないとマ
Weblog: ティンカーベルをください
Tracked: 2006-02-22 00:11

(アニメ感想) 舞-乙HiME 第19話 「宿命の17歳(^^;)」感想
Excerpt: 舞-乙HiME(3) やはりと言うかこのアニメはクライマックスに向けて一気に盛り上がる作品ですね。まあ、サブキャラがどんどん脱落していくのもお約束となっているのでしょうね。ヒーローアニメの王道で..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-02-22 03:10

舞-乙HiME 第19話 「宿命の17歳(^^;)」
Excerpt: 舞-乙HiME   現時点での評価:3.5〜4.5   [萌え 燃え アクション]   25時30分〜26時00分 木曜 テレビ東京   25時10分〜25時40分 月曜 テレビ大阪   2..
Weblog: アニメって本当に面白いですね。
Tracked: 2006-02-22 04:46

舞-乙HiME 第19話
Excerpt:         「宿命の17歳 (^^;)」    道路を歩くナツキとナオ。 「本当にやるのか?」     完全にアレではないですかo(・∇・o) ヒ・ッ・チハイク  あの悪夢が再びな..
Weblog: アニメに漫画それが私のシアワセ
Tracked: 2006-02-22 07:08

舞−乙HiME第19話・「宿命の17歳(^^;)」を見て
Excerpt:  顔文字が判別付きにくいので、取り合えず仮タイトル。今回は、アスワドに救われたアリカとマシロ、そしてアスワドの頭領たるミドリのお話。  とにかく今回の印象としては、今度の「永遠の17歳」は重みが違..
Weblog: サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改
Tracked: 2006-02-22 10:55

舞-乙Hime 第19話
Excerpt: サブタイトル「宿命の17歳 (^^;)」   アスワドに助けられたマシロは、アリカと再会するが...   舞-乙HiME(3)  以下詳細  ***********
Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ
Tracked: 2006-02-22 12:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。