お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(あ行〜さ行)>エウレカセブン > エウレカセブン EPISODE NO.50 最終話 星に願いを
かけがえのない家族、恋人、仲間
それぞれの守るもののために
その運命は二人に託された
そして二人が出した答えは
二人を待ち受ける運命は
1年にわたる物語がついに完結



エウレカ「私には大切なものがある。リンク、メーテル、モーリス
     そしてレントン。みんな大好き、愛してる。私の大切なもの
     私の家族、何もなかった私にいろんなことを教えてくれた。
     何もなかった私を全部受け入れてくれた。私を私でいさせてくれ
     る、私が大好きでそして一番守りたいもの。リンクと一緒に
     いたい、メーテルと一緒にいたい、モーリスと一緒にいたい・・
     そしてレントンと・・・けどそう願うことで私の大切なものが
     失われてしまうなら、そう願うことでみんなの住む星が無くなる
     のなら・・・私は願うのをやめよう。


エウレカ「でも許されるなら・・・もう一度みんなに会いたい。
     会いたい・・・会いたいよ・・・レントン・・・

まるで先週のシーンを見ているかのようなエウレカの本当の想い
会いたい、みんなに会いたい。
彼女の背負った宿命、それは簡単なものではない。
でもその前に彼女は1人の女の子であるということ。
ただ一つ、彼女の願いは・・・好きな人にもう一度会いたい・・・
ただそれだけなのであった。


・途方に暮れる艦のリーダーたち

ユルゲンス「ここにいたのか、いいのかリーダーがこんなところで油を
      売っていて」
ホランド「LFOのないLFOライダーなんて丘に上がった魚だからな」

いや、魚は丘に上がったら死んじゃうと思うんですけど??
え?え?死亡フラグじゃないよね??

ホランド「その手はどうした?」
ユルゲンス「ん?ああ、これか?デューイの子供たちにやられてな」

「大佐は言ったんだ!生き残って新世界の秩序の礎となれって!
 おまえらとは違う、大佐はやさしくしてくれた・・・
 こんな汚い体の僕たちを・・・大佐はきれいだって言ってくれたんだ!」

ユルゲンス「あの少年たちはワルサワの難民キャンプで拾われたそうだ」
ホランド「民族浄化の落とし子か・・・実感ねぇな。」
ユルゲンス「ニュースが流れなければそんな事実は無いものだと考える
      のが人間だ。」
ホランド「耳が痛いな・・・」
ユルゲンス「世界を呪って生まれてきた。望まれずに生まれてきたあの子
      たちを救ったのは、同じく世界を呪った男だったというわけだ」

デューイは自分のためにあんなことをしたわけではなかったんですね。
まがい物と言われ続けた自分とある意味似たような境遇であった子供たち
のために。子供たちに幸せな人生を歩んでいってほしいから・・・。
ただそれが間違った方向へと向かってしまった・・・。

正直、あの子供たちは捨て駒程度にしか思っていないと思っていたので
これは意外でした。でもデューイが根からの悪ではなかったということが
わかって、今更ながら実はいい人だったんだなと。

ユルゲンス「あの子たちを引き取ろうと思うんだ。こんな呪われるべき
      世界を創りだしてしまった大人のせめてもの償いだよ」

艦長!!!。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
あんたほんといいやつだよ(つД`)

でも実はロリコンだったってことはないよね?(台無し)


・首輪の秘密

エウレカたちの首輪はなんらかの形でデューイの心肺機能と直結されていた
それは自らの死が引き金になるように仕込まれていたものだった。
指令クラスターがなくなってもすぐにはくだんの限界が起こらないことを
読んでいたデューイはエウレカかアネモネを代理の指令クラスターに
仕立て上げようとしていた。そして自分の死と同時にその首輪に仕込まれた
自壊プログラムを注入することでくだんの限界を引き起こそうとしていた
というわけだった。

すごいなぁ、デューイってここまで考えていたとは・・・。
ある意味で天才だったんですね。それが正しい方向に使われていれば・・・

ホランド「だがまて、それが未だにくだんの限界が起こっていない理由には
     ならないぞ」
アネモネ「エウレカのおかげだと思う。代理の指令クラスターになることを
     エウレカが拒んでるんだと思う
。だって・・・」
ホランド「このコンパクの輝きが・・・か・・・」

ホランド「つまりエウレカは・・・」
アネモネ「うん、まだ生きている

じゃあ、もう助けにいくしかないじゃなーーーーい

んで肝心のレントン君はというと??

・ホランドの喝

完全に落ち込みモード全開のレントンの前にホランドが現れる

ホランド「立て。立てつってんだろうがっ!!」
レントン「ホランド・・・おれ何も出来なかった。何も出来なかったんだよ
     殴って下さい・・・おれを殴ってください。おれ・・・父さんも
     ・・・姉さんを助けられなかった。エウレカのことを守って
     やれなかった・・・。おれ、何も出来ないただのがきんちょ
     だった・・・。おれはでかい口ばかり叩く、最低の人間だった
     んだ。」
ホランド「気が済んだか。だったらすぐに準備を始めろ。いくぞ」

(;゚ Д゚) …?!
いつものホランドならここで一発ぶっぱなすところじゃないっすか?
殴らなくてもやつはわかってるってことなんですかね(ぉ

レントン「いくぞって・・・どこに?!」

ホランド「決まってんだろ、エウレカのところにだ

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

さぁさぁ、いくざます、エウレカを助けにいくざますわよーー!!

ホランドとレントンが着替えて廊下を歩くシーンでOPが流れる演出
憎いデスネ(つД`)
いよいよだってかんじが伝わってきますた。


・それぞれの想い

タルホ「レントン、いい男になったじゃない」
レントン「はい!」

いいねいいね、タルホさんにやっと認められたってかんじですね(笑
でもタルホさんもいい女になったよねー(ぇ

レントン「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん、そうでしょ?
     ホランド」
ホランド「そいつはおれに向けた言葉じゃねぇ。きっとオレを通して
     お前に贈られたんだよ

     アドロック・サーストンからレントン・サーストンへな

アネモネ「いいなぁ、エウレカは。あんなにいっぱい命をかけてくれる
     人がいて」
ユルゲンス「わがままいうな。お前にも1人いるだろう
      ドミニクという男が」

ニヤニヤ(・∀・)

ドミニク「かっ、艦長!」
アネモネ「そうだよね、私にはドミニクがいるもんね
     エウレカの彼よりずーっと二枚目のっ


ちょwwwおまえらいちゃいちゃしすぎ!!(*゚∀゚)=3ハァハァ

一瞬どうなるかと思ったけどアネモネはちゃんとハッピーエンドを
迎えられそうでほんとよかったね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ドミニク「まぁ、今回ばかりはヒーローの座を譲ってやるか
     レントン・サーストンに

・ニルヴァーシュ覚醒

モーリスへ手紙を預けニルヴァーシュのもとへと向かうレントン

レントン「いいかい、モーリス。お前はお兄さんなんだから、メーテルと
     リンクを守ってやるんだぞ。」
モーリス「うん」
レントン「じゃあ、行って来る」

モーリス「待って!レントンこれ・・・持ってって。お守り」
エウレカのヘアピンを差し出すモーリス
モーリス「行くんでしょ?ニルヴァーシュはママがいないと動かないから」
エウレカ「ああ」

レントン「聞いてよ、ニルヴァーシュ。お前がオレの家に落ちてきてから
     おれたちはずっと旅をしてきたよな。いろんな人に出会って
     別れて・・・。おれにはとても大切な思い出だよ。でも・・・
     この旅にはいつもエウレカが隣にいたんだ。ずっと一緒に旅を
     してきたんだよ。なのに、なのに・・・。
     お願いだよニルヴァーシュ!おれはこんな結末は嫌だ!」
     
おれの隣にはエウレカが必要なんだー!

ハップ「上部甲板に未知のトラパー反応!」
ホランド「なに?!」

ニルヴァーシュの変身キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

そしてコンパクドライブに映し出される「レントン」の文字
ハップ「なんだこいつは・・・」
ホランド「ニルヴァーシュだ!」

かっこええ!

モーリス「ニルヴァーシュが答えてくれたんだね。お願いママを助けて
     きて!僕らのママを助けられるのは
     僕らのパパだけだよ!

。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

ちょ、それだめだって・・・
だめだぁ、涙がとまらねぇ・・・

レントン「ああ・・・わかってる」

これめっちゃうれしいだろうなぁ。

ホランド「行って来いレントン。惚れた女ぐらい奪い取ってきやがれ!

いやーーーん(*´д`*)

レントン「あーーーい、きゃーーーーーん、フラーーーーーーイ!」

うわ、ここでこれを持ってくるかぁ。演出が憎い。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

(ごめん、頭の中でブーンが浮かんでしまいました_| ̄|○ ガクッ)


・エウレカのもとへ

レントン「ごめん、エウレカ、おれ君の同族を倒さなきゃいけない。
     でもそれが罪というなら、おれはそれを背負ってやる!
     おれはそれでもエウレカの所に行かなきゃならないんだーー!」

カッコヨス、オメガカッコヨス(*´д`*)

ケンゴウ「レントンは巣立っていったんだよ、ゲッコウステイトから
     見送ってやろうじゃないか。息子の旅立ちを
ホランド「たくっ、勝手に卒業しやがって・・・。ちびっこたちは
     ちゃんと預かっとくから必ずエウレカを取り戻して来るんだぞ
     レントン」

「レントン・・・・レントン・・・・・・レントン・・・・」

レントン「エウレカーーーーーーーーーー!」

もう涙が止まりません、感動しまくりです。


・交わした約束は砕けなかったよ

レントン「バイバイなんて言うなよ。1人で行こうとするなよ。エウレカ」

エウレカ「来てくれた・・・本当に来てくれた・・・」

レントン「約束しただろ、おれは絶対、君を守るって。君とずっと一緒に
     いるって!」

エウレカ「けどあたし・・・もう・・・戻れない・・・」

レントン「君がこの星を守るために、コーラリアンでなくなることを
     選ぶんだったら。おれも人間であることをやめる。おれは
     君と出会えたこの星が大事だし、この星に生きるみんなも
     大切だ。

     でもおれはその為に君を失いたくない!

そしてそっとモーリスから預かったヘアピンをつけてあげる

レントン「似合ってるよ」
エウレカ「レントン・・・」

レントン「一つになろう・・・エウレカ。君を一人ぼっちにはさせないよ」

?( ゚д゚)

ま、まさか・・・

つ、ついに来るのか?!

とうとう来てしまったんですか?!この時が!

_   ∩
( ゚∀゚)彡 キッス!キッス!
  ⊂彡

エウレカ「うん・・・レントンと一緒なら・・・耐えられる」


キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

ばんざーい、ばんざーーーい、ばんざーーーーい!
ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ

ついに待ちに待ったこの瞬間が来ました!!
長かった・・・。ほんとに長かった・・・。
かつてキスひとつでここまでひっぱったアニメがあっただろうか・・・。
昔ならいざしらずこの時代においてのこのひっぱりはもう快挙ですよ(笑

「ママ・・・レントン!」

そしてハートと共に浮かび上がるレントンとエウレカの文字


ニルヴァーシュ「ありがとう。貴方たちの思いはすべて私のコンパクに
        刻まれた。これでやっと悟りを開くことができる。
        生きなさい!この星で。共に生きてこの星にいきるもの
        すべてに道を指し示しなさい。
        希望という名の光をもって」

ニルヴァーシュ「すべての存在がこの地には留まれない。半分は私たちと
        共に行くわ。だけどレントン、エウレカ・・・
        もしこの星においてより良き進化を遂げて、二つが
        一つになれたなら。私たちは再び貴方たちの前に現れる
        その日が来るのを信じてるわ」

ねぇねぇ、この話し方を見るとニルヴァーシュって女だったのかな??
ちょっとびっくりです(笑
結局本当の鍵はエウレカではなくてニルヴァーシュだったってことで
いいのでしょうか?レントンとエウレカはその力を解放する役割を
担っていたと。

エウレカ「ありがとう、ニルヴァーシュ」
レントン「ありがとう、みんな」

エウレカ「レントン、帰ろう
レントン「うん、おれたちの星に



タルホ「ホランド、それじゃあもしかして」

ホランド「決まってんだろ、あいつはなっちまったんだよ。
     あいつの親父以上の・・・本当の英雄にさ・・・」

まさかゴンジイがコーラリアンだったとは?!
これは最大のサプライズかもしれない!
こんなの予想できる人いないって!
すごいなぁ、ほんとすごいなぁ。感動ものだよ・・・。


・一年後

アクセルと共にファミレスへとやってきた、モーリス、メーテル、リンクの
三人。
アクセルが持つ住民票には5人が家族となった証が記されていた。

ビッグバーグを食べる、それがサーストン家の家族の絆を確かめた時の
習わし。
アクセル「わしの家族はみーんなこの町を出て行っちまう。だがな
     レントンだけは帰ってきてくれた。今のワシには大切なひ孫
     がおる。それがなによりの証拠だよ」

でもそこにはレントンとエウレカの姿は無かった。

夜空に浮かぶエウレカとレントンの文字

リンク「お姉ちゃん何してるの?」
メーテル「お星様にお願いしてるの、ママとレントンが早く帰ってきます
     ようにって」
リンク「ぼくも」
モーリス「ぼくも」

アクセル「はやく、あのお嬢さんと帰って来いレントン
     子供たちが待っておるぞ」

アネモネとドミニクもまた星空を眺めていた。

そんな中、山中に青と赤の光が現れる。

池のほとりに現れた二つの光

それは人の形をしていた。

それは光り輝く蝶の羽のようなものをまとっていた

オシマイ



もう、何も言えません・・・
あまりにもすばらしすぎて・・・。

間違いなくこの作品は私の中にずっと残っていくものになるでしょう。
いい意味で期待を裏切ってくれました、度肝を抜かれました。
まさに理想の終わり方だったのではないでしょうか。
エウレカもレントンも無事だった、ホランドもアネモネも無事だった。
みんなが幸せを迎えられるエンド、ご都合主義と思う人もいるかも
しれません。でも犠牲になる必要の無い物語もあったっていいじゃない
ですか。みんなが幸せになれた、それで十分です。
でもできれば最後にホランドの赤ちゃんも見たかったな(笑
デレデレホランドが見たかった(オイ

正直、昨日の夜はあまり眠れませんでした。それほどまでにこのアニメは
私を夢中にさせてくれました。
かつてこれほど最終回を待ち遠しいと思ったアニメは無かったと私は
言えます。
すばらしい作品を提供してくださった、スタッフ、ならびにキャストの
皆さん、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。

素敵な作品に出会えたことを喜び、心に留めながら
この作品の感想を終えたいと思います。
ありがとうございました。


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
TB有難う御座いました。
最終回、レントンカッコよかったですね。いや、もう、「アーイ、キャーン、フラーーイ!」が出てきたときは、一話目のレントンを思い出して懐かしくなりました。

早くアクセルじいちゃんの所に戻ってあげて欲しいですね。
Posted by りょく at 2006年04月02日 11:54
>りょく様

TB&コメントありがとうございます。

「アーイ、キャーン、フラーイ」は反則ですよ(つД`)
あそこが原点であり、これだけの成長を描いた上での
あのセリフ。
もう脱帽です(笑
5人で抱き合って喜び合う姿が目に浮かびます。・゚・(ノ∀`)・゚・。
Posted by そぶ at 2006年04月02日 12:11
初めまして。最近DVDfで『エウレカ』見始めました。 最高ですね!一番感動したアニメです。私もホランドの赤ちゃん見たかったなぁ。。
Posted by キラ at 2006年05月29日 22:15
>キラ様

初めまして、コメントありがとうございます。
エウレカはほんとにすばらしいアニメですね。
ホランドが困った表情で赤ちゃんをあやす姿が
今でも目に浮かびます(笑

実はのちほどUPしますが、4月終了アニメに
関してランク付けをいたしました。
そちらでもエウレカについて書いてます。
Posted by そぶ at 2006年05月29日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

交響詩篇エウレカセブン #49、50
Excerpt: 今回は1時間SP まだ頭の整理がついてないのでかけるところからとりあえず「子供にあんな決意をさせてエウレカが姿、形を変えてまでしてこれが!大人のやることか!!! デューイ!!!」と特攻していくホランド..
Weblog: RRR
Tracked: 2006-04-02 11:45

交響詩篇エウレカセブン#49「シャウ・トゥ・ザ・トップ!」最終話「星に願いを」
Excerpt: 最後の最後までやってくれました。 まさか、デューイが「聖人化」に成功していただなんてな!! ゴンジィがコーラリアンだったなんてな!! 見事な伏線に土下座したくなりました??
Weblog: 制限時間の残量観察
Tracked: 2006-04-02 11:53

エウレカセブン最終話「星に願いを」感想
Excerpt: 「私には大切なものがある。 リンク、メーテル、モーリス、そしてレントン みんな大好き。愛してる。 私の大切なもの、私のかぞく。 何も無かった私にいろんな教えてくれた。
Weblog: まいなすぷらす
Tracked: 2006-04-02 12:24

「交響詩篇エウレカセブン」No.50
Excerpt: No.50「星に願いを」全てはデューイの計画だった・・・。エウレカの首輪はデューイとシンクロしており、デューイが死ぬと自壊プログラムが作動する仕掛けだった。しかし、件の限界は未だ起きない。それは、エウ..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2006-04-02 12:26

交響詩篇エウレカセブン 第49話&第50話 (最終話)
Excerpt: 〜アニメ 交響詩篇エウレカセブン〜 ◇第49話 『シャウト・トゥ・ザ・トップ!』 & 第50話 『星に願いを』 (最終話) について◇ 【 デューイ と ホランド 〜兄弟の因縁に終止符の刻とき〜 】..
Weblog: INFINITE-COSMOS〜Eternal〜
Tracked: 2006-04-02 12:34

交響詩篇エウレカセブン 第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」 最終話「星に願いを」 感想
Excerpt: 最終回スペシャル。
Weblog: コトマニ
Tracked: 2006-04-02 13:57

交響詩篇エウレカセブン 第50話 「星に願いを」
Excerpt: 交響詩篇エウレカセブン   現時点での評価:4.0   [少年の冒険?]   MBS・TBS系列全国   日曜 朝7:00〜7:30 放送   アニメーション制作:ボンズ   http:/..
Weblog: アニメって本当に面白いですね。
Tracked: 2006-04-02 14:04

終わった
Excerpt: 交響詩篇エウレカセブン 49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」 50話「星に願いを」 ううううう。 何と言えばいいかわからないけど。 良い。 良いい。 良いいい。 うわわわ。 ..
Weblog: Kimiteru's Blog
Tracked: 2006-04-02 14:19

交響詩篇エウレカセブン 最終話
Excerpt: 主人公ズの、 あのラブラブっぷりは テレビとパソコンの前で へばりついて日曜日を過ごす人間に、 けんかを売っていると思うの(´∀` ) な、交響詩篇エウレ..
Weblog: ひびこれ。ー「ノエインと戦線スパイクヒルズ」に暴走中ー
Tracked: 2006-04-02 15:42

交響詩篇エウレカセブン 最終話 「星に願いを」
Excerpt: 注目のサブタイトルは「星に願いを」!ディズニー映画『ピノキオ』で使用された名曲ですね。まさに最終話に相応しい選曲。本編の内容から言っても、これ以上のものはちょっと思いつかないですねー。まさに完璧な選..
Weblog: 新米小僧の見習日記
Tracked: 2006-04-02 17:17

交響詩篇エウレカセブン 最終話
Excerpt: 死ぬ運命だったデューイ以外、主要キャラがみんな生き残ったのは、よかった。
Weblog: イマドコ?いまここ。
Tracked: 2006-04-02 17:47

交響詩篇エウレカセブン第50話「星に願いを」
Excerpt: 終わりは始まりなんだ いや、ホントに… エウレカを見始めたのは実はGYAOとレンタルからなんですね。 で、実際に朝7時ので見始めたのが第2クールの終わりくらいから。 ビー??
Weblog: CHEZ MOKANA
Tracked: 2006-04-02 18:22

エウレカセブン ♯最終回1時間スペシャル♯
Excerpt: いよいよこの時がきてしまいましたね。・゚・(ノД`)・゚・。 このブログでは特にとりあげるつもりはなかったんですが 最終回ですからねorz ちょっとは、言葉で残しておきたいなっと??
Weblog: 青空のむこう〜どらちゃんの恋旅〜
Tracked: 2006-04-02 21:36

エウレカ   第49・50話
Excerpt: う〜ん48話が盛り上がりすぎちゃったかな?ってかんじアレで期待しすぎちゃったのかな49話の最後とかはまだなんかこれからおこるのかなぁ・・・と期待してたんですけど・・・・まずデューイこの人結局何がしたか..
Weblog:                 †DIARY†  
Tracked: 2006-04-02 22:22

エウレカ最終回
Excerpt:  『交響詩篇エウレカセブン』が本日最終回を迎えました。先週が色々と神過ぎたせいで
Weblog: 何て不敵にオタLIFE
Tracked: 2006-04-02 23:24

交響詩篇エウレカセブン 第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ」&最終話「星に願いを」
Excerpt: 2つの意味でレビュアー泣かせなエウレカセブンSPでした。 一つはもちろん感動的だったこと、そしてもう一つは恐ろしいほど内容が濃かったこと(=感想書くのが難しい) では、最後のエウレカ感想いってみま..
Weblog: ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜
Tracked: 2006-04-02 23:33

50話 星に願いを
Excerpt: 第50話 星に願いを 色んなところで副題は「アクペリエンス・5」だといわれいていましたが、あっけなく覆されてしまいました(苦笑。最初で最後の邦題。べたっちゃー^べたです(汗 ちょっと話..
Weblog: 胡蝶のユメ
Tracked: 2006-04-03 01:48

交響詩篇エウレカセブン #49・#50 感想
Excerpt: 終わってしまいましたね。難解だったと思います でも特に理解しなくても、綺麗なヴィジュアルやカッコイイ戦闘、素晴らしい音楽などで ぉぉーこれはすごいんじゃないの?って思えた
Weblog: ほえほえ〜♪なかんじ
Tracked: 2006-04-03 16:11

『交響詩篇エウレカセブン 最終回1時間スペシャル』#49、50
Excerpt: 素晴らしかった!!!この感動を何と言葉にしていいやら。上手く言い表せないのがもど
Weblog: おくいのなんでもdiario
Tracked: 2006-04-03 17:32

交響詩篇エウレカセブン 49・50
Excerpt: 副題49「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」 副題50「星に願いを」  最初に書いておきます。  ちょっとテンション低下気味です。  第48話が神脚本だっただけではなく、エウレカセ..
Weblog: 月の静寂、星の歌
Tracked: 2006-04-04 01:24

エウレカセブン・終了
Excerpt: 「シャウト・トゥ・ザ・トップ」 「星に願いを」 こっちも2話連続スペシャルですね。早朝帯では唯一私が視聴していたアニメです。視聴率上がらなくて枠消滅とのことですが、複雑で難しい設定は低学年対象のこの時..
Weblog: Pinkの悪魔
Tracked: 2006-04-04 02:07

交響詩篇エウレカセブン 第50話(終)
Excerpt: サブタイトル「星に願いを」   新たなレントンの決意と共に生まれ変わるニルヴァーシュ。  レントンはエウレカとこの星を救うことができるのか?  交響詩篇エウレカセブン(1) BLUE MONDAY ..
Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ
Tracked: 2006-04-04 12:20

〜交響詩篇エウレカセブン 第50話「星に願いを」〜
Excerpt: エウレカの語りで始まる最終回 さあ泣いても笑ってもこれで終わりです。エウレカはどんな結末を見せてくれるのか? 世界を呪った男 あの子達を引き取ろうと思うんだ デューイが最
Weblog: 駄文とか駄文とか駄文とか
Tracked: 2006-04-06 00:44

交響詩篇エウレカセブン49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」&最終話「星に願いを」
Excerpt: EPISODE NO.49 シャウト・トゥ・ザ・トップ! EPISODE NO.50 星に願いを 前の総集編(?)の出来がさんざんだったので正直もう期待してなかったです。 しかもちらっとだけ..
Weblog: 新・新・噺 (new new The Story)
Tracked: 2006-04-06 18:55

エウレカセブン完結記念:特別記事??
Excerpt: 「二つが一つになったなら」 青き空( 蒼穹 )に交響詩が聞こえる時、人が目指す未来が描かれる。 sannsyouリンクは
Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt
Tracked: 2006-04-06 23:54

『bootleg! Vol.7〜交響詩篇エウレカセブン非公式ナイト』イベントレポート
Excerpt: bootleg! Vol.7〜交響詩篇エウレカセブン非公式ナイトイベントレポート  4月2日に前からお知らせしていた『bootleg! Vol.7〜交響詩篇エウレカセブン非公式ナイト』に行って来..
Weblog: アニメって本当に面白いですね。
Tracked: 2006-04-16 00:44

エウレカセブン 第50(最終)話「星に願いを」
Excerpt: いよいよ最終回です。 感動のラスト30分です!   続きを見る前にこちらをクリックしてくれるとうれしいです(^^♪
Weblog: ma-kun.com
Tracked: 2006-06-09 07:05

交響詩篇エウレカセブン
Excerpt: 交響詩篇エウレカセブン 全50話 交響詩篇エウレカセブン 13<最終巻> ■コンパクト・ライヴの光に導かれるまま、ニルヴァーシュで移動するレントンたちはスカブコーラルの中心で思わぬ人物..
Weblog: 獅子の手帳
Tracked: 2006-10-21 00:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。