お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(あ行〜さ行)>うたわれるもの > うたわれるもの 第8話 調停者
新キャラのウルトリィとカミュが登場
どちらもなんでってぐらいご立派なナイスバディーでした。
ってかカミュのソレは反則だろ(笑

うわー、だめだ冒頭のソポクさんとのお別れシーンですでに泣きそうに
なってしまう。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ソポク「がんばりすぎないで、辛い時には素直に甘えること」

うわーん、ソポクねぇさん。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
まるで何かを暗示させるような家族とも言えるような人々との別れ
どうかお元気で・・・。

いよいよ、ハクオロの聖上としての仕事が始まりましたね。

エルルゥ「では最後の報告に参ります。お姉ちゃんが寝言で笑ってた
     不気味
・・・」

ぶはっ、これ最高(笑
グッジョブ、アルルゥ( ̄ー ̄)bグッ!

木に登って果物をとるアルルゥの姿がありましたけど
ちゃんと枝に座って果物を食べるシーンまでやってほしかったなぁ
なかなかの萌えポイントなのに(笑

そしてオンカミヤムカイから調停者としてウルトさんとムントがやって
きました。
うむ、やっぱり見事なバストですね(笑
でも萌えない・・・それじゃあ萌えないんだぁ(つД`)

ハクオロ「私は一人身です、この子は妹のようなものでして

ハクオロのばかぁ!!。・゚・(ノ∀`)・゚・。
がっかりするエルルゥがかわいそうです。

エルルゥ「粗茶ですがよろしければ」

エルルゥが出したお茶を歓迎されていないと勘違いしてしまうムント
へりくだるという礼儀作法が日本にはありますけれど、これは文化の
違いによるものなのでしょうね。まだエルルゥからしてみれば今までの
生活の延長上であり、公務としての作法をまだ知らないからなので
しょうね。

そしてついにカミュが登場
つか胸でかすぎ!!(*゚∀゚)=3ハァハァ
おいおい、それはちょっとやばいんじゃないっすか!
これでアルルゥとそんなに歳がかわらないっていうんだから
恐ろしい子ですわね、全く
悩殺バディーとは対称的な釘宮ヴォイスがまたいい味を出してますね。
つーかこれまんまりぜるだな(笑

そんなカミュにムックルのねこぱんちが炸裂

ってかめっちゃ吹っ飛んでるんですけど?!

あっさりとウルトにも見つかってしまうが、ハクオロの計らいでここでの
滞在を許可されたカミュ
喜んでハクオロに抱きつくシーンがありましたけど
これ確実に当たってるよね
ウラヤマシス、テラウラヤマシス(ぎりぎりぎり

さすがのハクオロも

ハクオロ「こ、これはでかいな・・・エルルゥの3倍はあr(ry」

とは思ってませんね(´・ω・`)

ベナウィ「また・・・ですか・・・」

ベナウィもなかなか良い味を出してました。
仕事をほっぽりだして抜け出してしまったハクオロの部屋で1人
そうつぶやいたシーンはかわいそうでしたね(笑
まぁ、段々とハクオロの本性をわかっていくでしょう。
できればもうちょっとハクオロのコミカルな部分を表現してほしいですけど
いかんせん、尺が短すぎですなぁ。
やっぱこれは4クールじゃないと描ききれないですよねぇ。
だからこそ勿体無い・・・。

アルルゥとなんとか仲良くなりたいと四苦八苦するカミュに軍師ハクオロ
は最後の一手を享受する。
それはいわゆるモノで釣るということ(笑
わーい、はちみつはちみつ〜(*´д`*)

なんか蜂の巣の描写が妙にリアルでしたね・・・。
うごめくアレとか・・・。

オボロ「ははは、ムントは心配性だなぁ」

ベナウィ「ユズハ殿も乗っておられるようだが

オボロ「なんだと!ユーーーーズーーーハーーー!」

どうみてもキングオブ心配性です。ありがとうございました

あっさりモノで釣られすぎじゃないかと思うアルルゥでしたけれど
アルルゥ、カミュ、ユズハの三人で仲良く遊ぶシーンはとてもほのぼの
としてよかったですね。
ほんとにこんな日が長く続けばいいなぁ( ´ー`)y─┛~~~~

(;゚Д゚)y─┛~~~~

お風呂シーン

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

ちょwwwおまっwwww
アルルゥがぁアルルゥのくぁうぇせえrたたあ(オチツケ

まさにアニメが原作を越えた瞬間でした(ぇ

ユズハやカミュの裸よりもアルルゥの裸しか目に入らなかった私は
なにか間違っていますか?

エルルゥ「祖母を知ってるんですか?」
ウルト「薬師を志していてトゥスクルさまのことを知らない者など
    おりません」

あまりにも大きすぎた祖母の存在
平気と強がるものの、まだその心は癒されてはいなかった。

ウルト「悲しい時には思いっきり、悲しみの中に自分を置いたほうがいい
    んです」

そしてウルトの胸の中で泣くエルルゥ

今まで押し溜めてきたものを一気に吐き出したってかんじでしょうか(つД`)
ここに冒頭で言ったソポクさんの言葉がつながるのですね。
きっと彼女はわかっていたのでしょう、ずっとエルルゥが感情を押し殺して
我慢していたことを。
そしてウルトもまたそれを感じそっとやさしく手を差し伸べた。
祖母との別れ、遠い存在となりつつあるハクオロ
いろいろな不安が今のエルルゥの心の中に存在しているのかなぁ。

最後のムックルのふかふかベッドで眠る三人の姿はほんとに
素敵でした。(*´д`*)
ほんまにかわえぇ。
でもこのうちの○人にこの男は・・・この男は・・・!(オチツケ

そして自分たちの国へと帰っていくウルトリィたち
カミュがアルルゥたちのことをすでにあだ名で呼ぶようになっていました
が、あー、あだ名命名イベントがカットされたのはちょっと悲しいかも
「エルンガー」はかなり面白いところなのにぃ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

プレステ版で補完するしかないのか(笑

今回はつかの間の安息といったお話でしょうか
次回からまた戦いへと進んでいくようですね。


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

うたわれるもの 8話「調停者」
Excerpt: インカラを倒し、トゥスクル国を建国したハクオロたち。 でもテオロさん達ヤマユラの人間は、里に帰ってっちゃったよ。 ヤマユラで生まれ育ったからこそ、死ぬ時もヤマユラで――う??
Weblog: * Happy Music *
Tracked: 2006-05-26 04:06

うたわれるもの 。。。。 第8話 調停者 。。。。 和製的な香りのする舞台に 翼を持つ種族が加わって どんな世界を見せていくのか・・・・期待です。
Excerpt: 悪政から開放された民、民意を踏まえた政により 復興しつつある国土。 かなかな よい内容でした。 ある程度、足場を固めてから 再び 新たな敵が登場するまでの息継ぎかもしれませんが、調停者..
Weblog: 幻影現実 私的工廠 ブログ
Tracked: 2006-05-26 06:05

うたわれるもの 第8話
Excerpt: 「調停者」 ウルトリィ&カミュ登場!! 今回は嵐の前の静けさなのでしょうか? ウルトリィ&カミュ姉妹がハクオロ達の国・トゥスクルを訪れ、コミカルな感じの話でした。 村人??
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2006-05-26 06:50

うたわれるもの 08話 「調停者」
Excerpt: 束の間の平和、皇となったハクオロを待ち受けていたのは大量の政務。新しい国を造るハクオロ達に“調停者”であるウルトリィ達が現れ・・・? さてさて今回はまずウルトリィ・ムントのハクオロへの謁見から。..
Weblog: Every day absorbed in hobby...
Tracked: 2006-05-26 07:02

うたわれるもの 第08話
Excerpt: ■うたわれるもの 第08話 「調停者」  初期から一緒に戦ってきたテオロ以下が元々住んでいた所に帰るという。 生まれたのも育つのもあの村だといい、死ぬ時もあの村だという・・・。 ソポク..
Weblog: 螺旋階段
Tracked: 2006-05-26 07:19

うたわれるもの #8 「調停者」
Excerpt: インカラ帝国は滅び、 トゥスクル国が始まる回ですので、 今回から第二幕とでも言いましょうか。 テオロさんら村人達は皆、 元いた村へ戻ることに。 (以下、ネタバレです)  ??
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2006-05-26 07:46

(アニメ感想) うたわれるもの 第8話 「調停者」
Excerpt: TVアニメ「うたわれるもの」オープニング主題歌: 夢想歌/Suara インカラを打ち倒し自らが皇となったハクオロ。膨大な執務に追われ忙しい毎日・・・。そんな時、大神、ウィツアルネミテアを奉る..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-05-26 07:53

うたわれるもの 第08話 調停者
Excerpt: 戦争も終わったので元居た村に戻るテオロとソポク達。 お別れの言葉が痛いですね、まるでもう会うことのないような死亡フラグといった感じで。 すでに王様の椅子に完全に座り込んでいるハクオロの元に、オ..
Weblog: なななな駄文
Tracked: 2006-05-26 08:07

うたわれるもの 第8話
Excerpt: 第8話「調停者」 新しい国トゥスクル、王はハクオロ。 争乱の後片付けが終わるとテオロ達は自分達の村へと帰っていった。 ゆっくりと動き出した新国。 「では最後の報告を。”おねえち..
Weblog: 孤狼Nachtwanderung
Tracked: 2006-05-26 11:49

うたわれるもの 8話
Excerpt: 「調停者」本当に、こんな日々がずっと続いてほしいと思うような、穏やかな時間でした。 聖上としての山のような仕事をこなしつつ、ウルトリィたちをもてなすハクオロ。そんなハクオロを補佐するエルルゥにベナウィ..
Weblog: 164
Tracked: 2006-05-26 12:07

うたわれるもの 第8話
Excerpt: うぁぁぁ、おやっさん、ソポク姉さん、 帰っちゃダメだぁぁぁつД`) うう、先を知ってるとこれだけで涙が… 朝の報告、その最後の報告が 「お姉ちゃんが寝言で笑ってた。不気味」..
Weblog: 世界のどこかでアホ毛と叫ぶ
Tracked: 2006-05-26 17:32

うたわれるもの 第8話「調停者」
Excerpt: ついに一国の皇となったハクオロ。 たくさんの臣下達。 そして、ハクオロの側にはベナウィも。。。 皆の前で書簡を読み上げるエルルゥ。 「では、最後の報告にまいります。お姉ちゃ??
Weblog: のほほんホビー
Tracked: 2006-05-26 20:13

第8話/調停者(うたわれるもの)
Excerpt: 今回は異国のお客さんが来るの巻。ほのぼのとしたストーリーで癒されました。 OP曲前はハクオロ一家とテオロやソポクなどの村人達とのお別れです。ハクオロは皇になったから皇都にいなければいけないのですね。..
Weblog: 細々アニメ感想部屋
Tracked: 2006-05-26 20:31

うたわれるもの 第08話
Excerpt: ■うたわれるもの■
Weblog: King Of ヘタレ日記
Tracked: 2006-05-27 00:58

うたわれるもの 第8話 『調停者』 感想とか
Excerpt: 昨日の敵は今日の友、、、?? 今回は前回とは打って変わって終始ほのぼの展開で観ててほんとに楽しかった
Weblog: りせっとはかく語りき
Tracked: 2006-05-27 02:40

うたわれるもの 第8話
Excerpt: 今回は戦が終決したこともあって、終始ほのぼのしたお話でした。 作画監督がキャラデザ&総作監の中田正彦氏ということもあって楽しみだったのですが、期待以上の絵で大満足。 キャラデザ自身が作監なので当然..
Weblog: パズライズ日記
Tracked: 2006-05-27 10:11

うたわれるもの 8話「調停者」
Excerpt: 笑うつもりで「うたわれるもの」見てるわけじゃないんだから困るよオボロ〜。勘弁してよオボロ〜。
Weblog: こころに いつも しばいぬ
Tracked: 2006-05-28 00:02

うたわれるもの 8話 調停者
Excerpt: トゥスクルの皇となったハクオロ。 城下も戦から解放されて平和そのもの。 そんなとき現れた調停者たち。 ウルトリィ、そしてカミュ。 ウルトリィって女神さまっぽいなぁ。なんて。 自分には姉は..
Weblog: 唯美主義万歳v
Tracked: 2006-05-28 09:25

うたわれるもの 第8話「調停者」
Excerpt: うたわれるもの 第8話「調停者」 インカラを倒し、やっと少しは休息できるようになる。
Weblog: 恋華(れんか)
Tracked: 2006-05-28 14:08

うたわれるもの 第8話
Excerpt: 第8話「調停者」 戦を終え、村に引き返すテオロたち。 姉御肌のソポクとの別れでエ...
Weblog: Todasoft Blog
Tracked: 2006-05-28 16:22

うたわれるもの第8話(調停者)
Excerpt:  ペナシコウルペ国の皇王インカラを倒し革命を成し遂げたハクオロは、国名を「トゥスクル」に変更 して新皇王に就任した。一方でテオロやソボク達は、生まれ育ったヤマユラ村に帰ろうとしていた。 彼らとハク..
Weblog: アニメな感想
Tracked: 2006-05-28 23:28

うたわれるもの 第8話
Excerpt: マヂハマりますこのアニメ!! 日常パートなのに退屈しません。やっぱこれはある意味才能なのかなー・・。普通の日常パートアニメだったらあくびが必ず出るので。(笑) 今まで戦闘??
Weblog: JUNKS
Tracked: 2006-05-31 04:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。