お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(あ行〜さ行)>おとぎ銃士赤ずきん > おとぎ銃士 赤ずきん 第12話 地下室の秘密
新キャラさんが何人か出てきましたね。
赤ずきんだけに相手は狼軍団ということで・・・。
そうなるとヴァルはもしかして・・・。

ワインの産地で有名な「リゼル」の街を訪れた赤ずきんたち

リゼルと聞いてりぜるまいんを思い出したそこのあなた!!

( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ

いや、特に意味はない。

狼族(らいかん)と呼ばれる一族の元を訪れたランダージョ
ジェドへの上納品がおでん缶って(笑
まぁ、めずらしいものには違いないけどね。
それにしてもらいかんのやつらってどいつも顔が濃いっすね。
1人大魔神がいたね(ぇ

リゼルの街は今までと違ってとても賑やかな街でした。
赤ずきんたちに団体行動をもとめるりんごちゃんでしたが

このメンバーにそれを求めること自体、間違いかと・・・。

実際、一番自分勝手なのは草太なわけでキュピと一緒に街を探索
それにしても草太きゅん、警戒心がなさすぎ。・゚・(ノ∀`)・゚・。
古そうな建物だからって言ってみようとしたり、あからさまにあやしい人
にいきなり声をかけたりと好奇心旺盛なのはいいのですが、自分の立場
というものももう少し考えましょうよ(笑

ずっと突っ込みたかったのですが、そのジャージみたいな派手な服も
結構気になります(笑

1人マタタビールを飲むランダージョは哀愁ただよりすぎ(つД`)
草太たちとの遭遇率は業界NO.1は間違いないですが、毎回
返り討ちにあう結果に。
せっかくなんでもっとブレーメン遊撃隊の出番を増やしてくれれば
いいのにね。他の3人は何をやっているんだろうか。

そしてノミ軍団との戦いになりましたけどあとでよく見るとちゃんと
消えた瞬間にちっこいノミが映ってるんですね(笑
ノミはネコや犬に群がるということで痒がってるヴァルはやっぱり犬やね。
っていうかランダージョは自分も襲われることをちゃんと計算しての
行動だったんだろうか・・・。

その場から離れ危険を回避した草太とりんごでしたが、自らあやしい
館へ足を踏み入れてしまう・・・。
だから警戒心なさすぎなんだって(笑

酒屋の地下で出会った老人はらいかんの先代国王の側近だったという
ことなのかな。そこへ現れたジェドにやられてしまいましたが、現在の
王ジェドのやりかたに反発した故に殺されてしまったのでしょうか。

老人を亡き者にした後、草太たちがピンチと思いきや見逃してくれた
あたり、草太がエルデの鍵であることは知らなかったんですかね。

草太「たしか・・・ジェド・・・」

ヴァル「その名を口にするなー!」

ヴァルが嫌なにおいがすると言っていたのはジェドのことであり、草太が
その名を口にした瞬間、今までに無いほどに怒り出すヴァル。
なにやらヴァルとジェドの間にはただならぬ者がありそうですが
これは一体どういうことなんですかねー。
もしかするとヴァルとジェドは兄弟だったりするのかなぁ。

そうなるといつかヴァルの人間の姿なんかも見れちゃったりするん
ですかねー。それはそれでちょっと見てみたいなぁ。


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

おとぎ銃士 赤ずきん 12話 を語る
Excerpt: 赤ずきんは3クールという話?なんですが、中々物語が進まないなぁ、という印象。 まあ、まだ1クールも終わってないし、気が早いかな。
Weblog: 流星、夜を切り裂いて ??FLY HIGH??
Tracked: 2006-09-16 23:33

おとぎ銃士 赤ずきん 12話
Excerpt: 赤ずきん一向はにぎやかな村へ〜 === なんでも色んな人が行き交う村だとか・・・ ってこの世界には色んな種族が居たのね! (((( ;゚Д゚))) === んでヘタレのランダージョンくんは強運..
Weblog: 時空階段
Tracked: 2006-09-16 23:36

おとぎ銃士 赤ずきん 第12話
Excerpt: ランダージョ相手に意外に三銃士が苦戦するさなか、草太とりんごがジェドに出会う話。 とりあえず、ランダージョはいつ見ても可哀相な役回りで泣かせてくれます。 今回はちょっと頑張っていたと思うんですけど..
Weblog: パズライズ日記
Tracked: 2006-09-16 23:46

おとぎ銃士赤ずきん 第12話 「地下室の秘密」
Excerpt: ■おとぎ銃士赤ずきん 第12話 「地下室の秘密」  夜な夜な楽器を演奏しながら歩く男性・・・ちょいと迷惑じゃないかなぁ(苦笑) その男性が廃屋のような場所で何かを目撃する!?   ..
Weblog: 螺旋階段
Tracked: 2006-09-16 23:48

「おとぎ銃士赤ずきん」#12 地下室のひみつ
Excerpt: = ヴァルはやっぱりカッコよくなくっちゃ! = 前回のあの女装はしたほうがいいのでしょうか? 僕はしなくてもいいと思うけどw ---- ランダージョがやってきたのは、 ||<#FFFFF..
Weblog: 今どきアニメ♪
Tracked: 2006-09-17 00:04

おとぎ銃士 赤ずきん 第12話
Excerpt: 「地下室のひみつ」 なんだか、番組違うようなキャラが出てきた!! 今回はワインの産地リゼルでの出来事ですが、話自体の面白さはイマイチでした。 でも、新キャラの登場で情報量は結構あったかと..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2006-09-17 00:04

おとぎ銃士赤ずきん 12話 「地下室のひみつ」
Excerpt:  あれ?出る番組違うんじゃない?  そんなわけでフェルナンド王一派とサンドリヨン一派に次ぐ第三勢力の登場です!耳がとがっていたので一瞬いばらと同族かと思ったのですが、何だか明らかに出る番組を..
Weblog: 欲望の赴くままに…。
Tracked: 2006-09-17 00:33

おとぎ銃士赤ずきん第12話「地下室のひみつ」
Excerpt:  あるアコーディオンを持った青年が、リゼルという町の閉じられた酒蔵の地下室からの声を聞いて 中に入ると、何か光る目を見ると忽然と姿を消した。その後赤ずきん達もファンダヴェーレワインが 名産地でサン..
Weblog: アニメのあらすじと感想
Tracked: 2006-09-17 00:57

おとぎ銃士赤ずきん 第12話 「地下室のひみつ」
Excerpt: 完全に寝てるのは逆に新鮮…
Weblog: 閉鎖空間 in 我が家
Tracked: 2006-09-17 01:02

おとぎ銃士 赤ずきん 第12話「地下室のひみつ」
Excerpt: 【こんな赤ずきんが見てみたいその12】    大軍に取り囲まれてしまった赤ずきん一行。  ですが、勇敢なるヴァルはそれくらいのことでは怯みません。  元気溌剌、勇気凛々、次々と敵を蹴散らし猛進撃。 ..
Weblog: 穴にハマったアリスたち
Tracked: 2006-09-17 01:15

おとぎ銃士 赤ずきん 第12話
Excerpt: サンドリヨン城を目指す途中で、別のお話が入ってきてくれました。 ヴァルの過去、隠された秘密がありそう。
Weblog: LUNE BLOG
Tracked: 2006-09-17 10:19

おとぎ銃士 第12話「地下室のひみつ」
Excerpt: なんとも書きにくい……  これから先へつなげようとしてるのは分かるのですが、そのおかげで今までに比べたらストーリーが微妙だった気がします。
Weblog: 朦朦たる日記
Tracked: 2006-09-17 12:25

おとぎ銃士 赤ずきん 第12話 『地下室のひみつ』
Excerpt: 出てくるアニメ間違えてるんじゃないの? といった感じな獣人族が出てくる今回のお話。 等身とか顔の濃さとか明らかに浮いてるよね。 町に到着した一行 草太は早速単独行動..
Weblog: よせあつめ離島
Tracked: 2006-09-17 13:44

おとぎ銃士 赤ずきん
Excerpt: 第12話「地下室の秘密」
Weblog: 優しい風景
Tracked: 2006-09-17 17:43

おとぎ銃士赤ずきん 第12話「地下室のひみつ」
Excerpt: おとぎ銃士赤ずきん今回は裕福な街に到着。 しかし前回の魔法学校といいこの街といい、サンドリヨンの恐怖というのは大した事がない様で。 実質的な被害は無いのでありますか。 そうなると問題は権力者..
Weblog: シバッチの世間話
Tracked: 2006-09-17 17:58

[アニメ] おとぎ銃士赤ずきん 第12話 「地下室のひみつ」
Excerpt: おとぎ銃士赤ずきん第12話。 サンドリヨン以外の敵対勢力が出現((((゜д゜;)))) 絶対的な悪じゃなかったのか… ヴァルの新事実も触り程度だけど明かされてますます面白くなってきた。 では、..
Weblog: 我が人生に燃えて、そして萌える
Tracked: 2006-09-17 19:04

おとぎ銃士 赤ずきん 第12話
Excerpt:        「地下室のひみつ」    う〜ん、なんか微妙な第12話(もう12回もやったのか!)。    おでん缶で懐柔作戦 (*´ω`)ニャー  ランダージョは何やら狼族(ライカ..
Weblog: ミルクレモンティー
Tracked: 2006-09-17 20:55

おとぎ銃士赤ずきん 第12話 「地下室のひみつ」
Excerpt: 第12話 地下室のひみつ
Weblog: 二次元空間
Tracked: 2006-09-17 21:17

赤ずきん 『地下室のひみつ』
Excerpt:  『赤ずきん』第12話を観させて頂きました。いよいよ「ファンダヴェーレ」の第三勢力「狼族(らいかん)」も加わって物語は進みます。【赤ずきん】は3歳の時に、狼族の襲撃で両親を亡くしております。狼族【ジェ..
Weblog: 現代視覚文化研究会「げんしけん」
Tracked: 2006-09-18 06:53

また偉く凶暴な獣現れたね
Excerpt: おとぎ銃士赤ずきん 第12話 「地下室のひみつ」 おとぎ銃士赤ずきん 第11話 「草太と恋する魔法使い」 前回の見逃してたので2話連続で見ました 新たな敵ジェドの登場でヴァルとの因縁ありそう..
Weblog: 森羅万象
Tracked: 2006-09-18 20:30

感想と紹介を綴る
Excerpt: 第12話。 おとぎ銃士赤ずきん ゼロの使い魔
Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt
Tracked: 2006-09-18 22:25

「おとぎ銃士 赤ずきん 」
Excerpt: 第12話「地下室のひみつ」  なんかストーリーがドラクエみたいになってきたんですが・・・まぁ冒険物の定番と云うか王道ですなっ! 定番と云うと「白雪とりんご」の掛け合いは毎回混入されていくので..
Weblog: まるとんとんの部屋
Tracked: 2006-09-19 17:40

おとぎ銃士赤ずきん 第12話「地下室のひみつ」
Excerpt:  出発して以降初めての「町」 リゼルに到着した一行  ここはワインの名産地で、人間だけでなく、森の住人やヴィーナス族、海からも山からも、サンドリヨンが現れるまでは魔族もここにワインを買いに来たという..
Weblog: 移り気な実況民の日々
Tracked: 2006-09-21 16:42

おとぎ銃士 #12
Excerpt:  <あらすじ> 赤ずきん達は各国の流通場所となる街につき、草太はおとぎ話の情報を集める。 そんな中、町の一角にある潰れた酒場に怪物が住んでいるという情報を手に入れる。
Weblog: 夢の跡
Tracked: 2006-09-21 21:53

おとぎ銃士・赤ずきん 第12話「地下室のひみつ」
Excerpt: 脚本:広田光毅 絵コンテ:又野弘道 演出:吉田泰三 作画監督:三井寿 作画・動画は怪しいけど前回よりはマシになりました、ただ、今回は脚本が今一だった。 まず冒頭で出てきたアコーディオン男、..
Weblog: AGAS〜アーガス〜
Tracked: 2006-09-22 21:12

おとぎ銃士赤ずきん (#12)
Excerpt: 「地下室のひみつ」  ランダージョをおでん缶にしてやりてえー(笑)  それはそうと、今回は人狼種族ライカン族の登場です。  多種族が集まるというワイン産地の街にやってきた一行ですが、本当..
Weblog: Hes:TEAR
Tracked: 2006-09-22 22:31

おとぎ銃士赤ずきん #12「地下室のひみつ」
Excerpt: おとぎ銃士赤ずきんコナミ霧海 正悟このアイテムの詳細を見る  今回水戸黄門が、じゃなくて、赤ずきん一行がやって来たのは、ワインの交易でさかえたリゼルという街。何となくドイツの田舎のような雰囲気ですね..
Weblog: KenjiMのブログ〜アニメと野球と音楽と
Tracked: 2006-09-25 21:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。