お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > その他>アニメ > 2006年アニメベスト10作
2007年を迎え去年一年間に放送されたアニメについて
私の独断と偏見でランキングをつけてみたいと思います。
対象としては終了・継続に関わらず去年放送されていた作品が対象です。
かなりランキングに趣味が入っているのでご了承ください。

1位 ワンワンセレプーそれゆけ!徹之進
ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 DVD-BOX 1
おそらく100人に聞いてもこの作品を1位に挙げる人っていないんじゃ
ないか、そう思いながらもあえて私はこの作品を1位に推します。
これほどまでスタッフや声優さんが楽しみながら作ってきたであろう作品を
未だかつて私は見たことがありません。
ギャグアニメだけでは収まりきらない視聴者に訴えかけるものがしっかり
そこにあります。

2位 交響詩篇エウレカセブン
交響詩篇エウレカセブン 1
一年ものの作品としては飛びぬけて素晴らしかったと思う。
特にラストへ向けての第4クールは最高の盛り上がりでした。
ラスト前のあのシーンはもう涙無しでは見れません。

3位 ノエイン もうひとりの君へ
ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第1巻
予想外と言っては語弊があるが最も化けたであろうこの作品。
独特の世界観はわかりにくい部分があるものの、後半いくつもの伏線が
一つにつながっていくそのストーリーは見事。
迷ったらこれを見ておけばまず間違いのない作品かと。
この作品と出会えたのは正直うれしい。

4位 ウィッチブレイド
ウィッチブレイド Vol.1
美しく描かれていく母と子の愛
一組の親子を巡る壮絶な戦いの果てにある感動はすばらしいものでした。

5位 うたわれるもの
うたわれるもの DVD-BOX 章之一 [戻れぬ道、トゥスクル国建国]
みゆきちの演技を見るだけでも十分価値がある作品ですよ。
みゆきち最高。

6位 舞-乙HiME
舞-乙HiME 1
キャラクターの可愛さもさることながら、豪華声優陣が演じる物語もまた
非常に魅力たっぷりでございました。萌えあり涙あり感動ありで見ごたえ
十分な作品。OPやEDの歌もお気に入りでした。

7位 Kanon
Kanon 1
現在継続中のアニメですがあえて選びました。
恐らく終了後には間違いなく5位以内には入ってくるでしょう。
京アニクオリティー全開です。

8位 コードギアス
コードギアス 反逆のルルーシュ 1
こちらも継続中アニメですが、今後の展開が最も楽しみな作品
一話一話の展開が非常に早く見ていて飽きません。
まだこれからという期待を込めてこの位置に。

9位 よみがえる空
よみがえる空 -RESCUE WINGS- mission 1
個人的に放送前に期待していなかったけどいい意味で期待を裏切って
くれた作品。命の意味というものを考えさせられる作品だったかなと。
奇麗ごとでは終わらない現実がそこにはありました。

10位 ARIA The NATURAL
ARIA The NATURAL Navigation.1
癒しアニメといえばこの作品
本当に心から今年も癒されました。
アリア社長のかわいさはガチ


とまぁ、思いつきで挙げてみましたが正直、上半期と下半期に分ける
べきだったかなと今更後悔・・・。っていうか他にも挙げたい作品が
ありすぎてわけわからない状態に(汗
1位〜5位までは本気でオススメアニメです。
どれを取っても甲乙つけがたい出来かと。
あー、シムーンも挙げたかったなぁ。
「僕等がいた」も入れたかったのですが電波状況の悪化で途中で辞めて
しまったのであえて入れていません。

そんなわけで結構適当に挙げてしまいましたが、今後のアニメ選びの
参考の一つにでもなれば幸いであります。
一つの名作が終わりそしてまた新たなる名作が生まれてくる。
日本のアニメはまだまだ終わらんよ


posted by そぶ at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他>アニメ
←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。