お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(ま行〜わ行)>レ・ミゼラブル > レ・ミゼラブル 少女コゼット 第1話 ファンティーヌとコゼット
世界名作劇場が復活ということで始まりましたレ・ミゼラブル
これはまさに王道的なええお話ってかんじですね。

今回は主人公であるコゼットが最愛の母親と別れることになるお話で
ございました。
子連れでは仕事がもらえないということでとある町で出会った
どこからみても怪しさ満天、絵に描いたような悪役夫婦にコゼットを
預けてしまうわけですけれども。
はっきり言ってこれは、母親の見る目がなさすぎかと・・・。

世話をするからといいだけお金を取られ、実際はコゼットを使用人として
ひどく扱うというよくあるパターンといえばパターンなわけですが
さすがにこれはかわいそうだなぁ(つД`)
切羽詰っていたとはいえあの夫婦に預けるのは正直ないだろ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

物語に出てくる丸いパンとか細長いパンって子供の頃食べたいとずっと
思ってたよなぁと妙に懐かしく思えるシーンもあったりして
しばらくはコゼットのかわいそうなシーンが続いていくんだろうけれど
長い目で楽しめそうではあるかな。

公式ページをみるとかなりネタバレてるのであれなんですが
今回出てきたマドーレーヌなる人物が物語においてかなり中心的に
なっていくっぽいですね。
っていうか

マドレーヌだ、おいしそうだなぁ
と思ったのは私だけじゃないはず
マドレーヌ会社でも作ってるのかと思ってしまったじゃないか(笑

苦しみながらも一生懸命成長していくコゼットの姿をこれから
生温かい目じっとりと見つめていこうではありませんか。

おっと大事なことを言うのを忘れていた。


コゼット萌え(*´д`*)


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第1話
Excerpt: 「ファンティーヌとコゼット」 帰ってきた世界名作劇場!! 小学生時代、朝の自習の時間に小説を読む習慣があったため昔からラノベは大好きでしたが、有名な作品ってあんまり読んでこなかったこともあ..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-01-09 17:46

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第1話「ファンティーヌとコゼット」
Excerpt: 久しぶりの名作劇場。 キャラクターデザインが今風?になって再登場! 第1話を見た感想は、思ってたより全然面白かった。 1番目立つのは、キャラクターデザインかな。 賛否あるかもしれな..
Weblog: よう来なさった!
Tracked: 2007-01-09 18:39

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第1話
Excerpt: 「ファンティーヌとコゼット」 帰ってきた世界名作劇場。こういう作品こそ地上波でや
Weblog: おくいのなんでもdiario
Tracked: 2007-01-10 17:43

レ・ミゼラブル 少女コゼット 1話 『ファンティーヌとコゼット』
Excerpt:  世界名作劇場が戻ってキタ━(゚∀゚)━!  お久し振りの名作劇場!!!1話目から鬱展開を想像できる展開が堪りませんwww七つの海のティコやロミオの青い空も大好きで見てましたよ!!! ..
Weblog: 欲望の赴くままに…。
Tracked: 2007-01-14 18:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。