お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(あ行〜さ行)>ウエルベールの物語 > ウエルベールの物語 第4話 決意の章
箱庭から飛び出したお姫様はあっさり死を決意する。
しかし、それは許されるはずもないこと。
なぜなら彼女はまだ何もがんばっていないのだから。

追っ手から逃げる為、ダストラストの街へ逃げ込んだリタ
しかしそこは娼婦街だったわけですけれども
ティナは知っていながらリタを娼婦街に入れてしまったわけですよね・・・。
何事もなかったからいいですけど、一歩間違えば大変なことに(汗

シャリーがついてるし、リタ自身護身術を習ってるしという計算が
あったということなのでしょうか。

でも肝心のシェリーは着飾った自分の姿に見惚れてしまい
それどころじゃなかったわけですが(つД`)
でも確かにあれはかわいかったな(ボソッ

( ゚д゚)ハッ!

これはもしかして今後シェリーに人形の服を着せて遊ぶという
妖精コスチュームプレイができるということなのでは!

つまり今後いろいろなバリエーションのコスプレが楽しめるってことなんですね!
妖精というだけでもポイント高いのに
そこにコスプレという付加価値をつけてしまうとは
これは一本取られましたね。
なるほどなー

シェリーの存在意義はそこにあったということなんですね

彼女が裸だということもこれならば納得であります。

っと話を戻しまして・・・

娼婦街だとはしらないリタは仕事をして人の役に立てると大ハリキリで
その日からの仕事を買って出たわけですけれども

未遂に終わったけどしっかりと揉まれるシーンを入れてくれた
スタッフ様、グッジョブ!(;゚∀゚)=3ハァハァ
お姫様が知らない男に胸を揉まれていると言う設定だけで
ご飯10杯はいけそうですね(変態

まー、揉まれるまでそこがどういうところか気づかないリタもすごいよね・・・。
ずっと城にいたから知らないことばかりなのも仕方が無いことなのかな。
危機管理能力があるのかないのかよくわからないですね。

リタ「私は自分の皿にいつでもパンが置かれていることに
   なんの疑問も持たなかった。」

ジェシカという娼婦と出会い、彼女が生きるために
自分の体を犠牲にして働いていることを知ったリタ。
食べたいときにパンが食べられる。
それが当たり前だと思っていたリタにとって、毎日を必死に
生きている人の姿というのは衝撃的だったのでしょうね。

毎日の生活に苦しんでいる人々がいるという現実を知り
自らの命を捧げることで娼婦達を救おうとしていましたが
あなたにはもっと多くの人々の命を助けなければならないという
使命があることを忘れないでいただきたい。

彼女達はがんばって日々を過ごしている一方で
あなたはまだ何もしていないのですから


気になったのはノーイが言った
姫は捕まえなくてもいいという言葉

これがウエルベール側の言葉なのかサンガトラス側の言葉かで
意味合いは大きく違ってきますが
前者だとすればサンガトラスに対して建前上、リタ姫拘束命令を出しただけって
ことになりますし、後者の場合だとサンガトラスがウエルベールに
攻め込むための口実作りの為とも考えられますよね。

どちらにしてもまずはリタがグリーダムに辿り着かなければ
お話にならないわけで、こんなところで死んでいる場合ではないベルなのであります。

心配なのは残り10日でグリーダムまでちゃんと辿り着けるのかというところ・・・。
どこまで進んできたのかいまひとつわかりませんが、なんかペースが
ゆっくりすぎるような気がしてなりません。


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
 「姫は捕まえなくてもいい」という言葉。
 ウエルベール側の言葉だと、何の疑問も持たずに見ていました。
そぶ様がご指摘のとおり、サンガトラス側のそれだとも解釈できます。
本当に、サンガトラスが姫を捕まえるつもりなら、役人がたった一人で来ません。
通報を受けたので、仕方なく役目を果たしに来た、という感じがしないでもないです。
真相は、わかりません。
ゲルニアが実は生きていたことからも、この物語の設定には意外性があるのかもしれません。
Posted by ずみ at 2007年04月26日 17:22
>ずみさま
こんばんはー、コメントありがとうございます。

私は逆に最初に聞いたとき、
これはサンガトラスとしての考えなのかなと思ってしまいました。
でもよく考えてみるとまだウエルベールからは出ていないとするならばウエルベール側と
考えるべきであり、実際のところまだ謎が多すぎてよくわからない状態です・・・。

ゲルニアさんが死んだように見えて生きていたことからも
確かにこの物語は意外性が多々ありそうですね。
いろいろと予想していますがひとつだけ言うとすれば
リタはゲルニアを刺してはいないのではないかと私は思っています。
彼女が真相を語らない理由がそこにあるのではないかと。

あくまで個人的な予想なので外れたら笑ってやってください・・・。
Posted by そぶ at 2007年04月26日 23:15
>そぶさま

この物語は、深読みを始めるとキリがないようです。
ほどほどに、しておいたほうが、いいみたいですね(笑

これからも、鋭い感想文を期待しています。
どうも、ありがとうございました。
Posted by ずみ at 2007年04月27日 04:37
>ずみさま
そうですね、あまり深読みしすぎるのもよくないので
ほどほどがいいですよね。
特に私の深読みは外れることも多々なので(汗

こちらこそコメントをいただきありがとうございます。
これからも鋭い突っ込みとボケでがんばります(ぇ
Posted by そぶ at 2007年04月27日 09:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ウエルベールの物語 #4
Excerpt: 追っ手から逃れるために、リタ姫が娼婦街に入り込んでしまうお話でした。しつこくリタ姫を追う追っ手を倒すために、ティナはリタ姫を娼婦街へと一時逃がすことにしました。しかし、世...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2007-04-25 19:37

ウエルベールの物語 4話「決意の章」感想
Excerpt: ウエルベールの物語 vol.1 (特装版) 追手に追われ、已む無く娼婦街に逃げ込んだリタ。そこで、例え戦争が起きなくとも、日々の生活に苦しむ民がいると知り、自ら公開処刑の道を選ぶのだった・・・という..
Weblog: 月の砂漠のあしあと
Tracked: 2007-04-25 22:18

ウェルベールの物語 〜Sisters of Wellber〜 。。。。 第4話 決意の章
Excerpt: 『 この話は なかった事に しませんか? 』 と、サンガトラスの役人に持ちかけた 娼婦街のお役人。 まったく そのとおり! このストーリーは 別に無くてもいいよ。 リタ姫様が いかに世間知..
Weblog: 幻影現実 私的工廠 ブログ
Tracked: 2007-04-25 22:56

ウエルベールの物語 Sisters of Wellber #4 「決意の章」
Excerpt: シンデレラ・ストーリーを夢見て・・・ ベルベル妄想べる♪ そうだよね、いつも裸んぼの姿だから、 たまには可愛い服装も着たいよねベルベル! 普段のマッパ姿・・・なんだか生々しく思っていたので..
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2007-04-26 14:35

ウエルベールの物語 〜Sisters of Wellber〜 第4話
Excerpt: 「決意の章」 お着替えシェリーが可愛いvv 今回は追ってから逃れるため一時的に娼婦街に入ったリタが、娼婦とのやりとりによって一歩成長する話。 リタの世間知らずっぷりが発揮される回でした。..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-04-26 17:44

ウエルベールの物語〜Sisters of Wellber〜 第4話「決意の章」
Excerpt: 第4話「決意の章」 追手を逃れるためティナは、リタを近くの街に隠す。 しかし、その街ダストラストは娼婦街…。 何も知らないリタは店に出されるはめになる。 今だにウエルベールの国境付近..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-04-28 10:55

ちょっとだけ感想・ちょっとだけ感想・ウエルベールの物語〜Sisters of Wellber〜 第4話
Excerpt:  さて、気が付けば連休後半も三日目。仕事が全く進んでおりません。やりたかったことがそのまま放りっぱなしになっております。  まだまだ時間がかかりそうなボランティアに精を出している状況が現状なのですが..
Weblog: 日々のたわごと
Tracked: 2007-05-05 16:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。