お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > その他>アニメ > 犬くさい・・・

2007年05月02日

犬くさい・・・

ひさしぶりに徹之進について語ってみよう

先日DVDBOX第2巻が発売された
「ワンワンセレプーそれゆけ!徹之進」
ですが、改めて見直してますけれどやっぱり面白いです。
放送局が少なかったこともあり、あまり話題にはなりませんでしたが
この作品ほどスタッフが自由に作れた作品もめずらしいかもしれない。
DVDに同封されているスタッフや声優さんたちによる座談会からも
それがすごく伝わってきました。

オリジナルアニメだからこそ原作に左右されない、スタッフがとことん
やりたいことを追求できた作品だったことを改めて認識させられました。

この作品は声優さんたちによるアドリブが非常に多い作品だったのですが
アドリブに合わせて絵を変更していたと座談会で書かれていました。
そこまでこだわっていたのか・・・。

「金色のコルダ」で日野香穂子役をやられていた高木礼子さんや
チョーさんらによる座談会の様子も収録されていましたが
ほんとに声優さんたちも楽しみながらアフレコをしていたんですね。
ゲイリーやカイザー役の太田哲治さんのセリフの6〜7割が
アドリブだったという事実はすごすぎです。
千和嬢のネコ声にも意味があったことや
トゥエルブの声を高木さんがやっていたという事実も衝撃でした。

徹之進の中で一番好きなお話としてほとんどの人が挙げていたのが

第32話 てつのしんロボット犬と友達になる

でした。
確かにこの話は私も1、2を争うぐらい好きな話ですね。
改めて見直して、また泣きそうになりました(つД`)
ギャグで押していく話がありつつ、さりげなく視聴者に訴え掛ける
エピソードを絡めてくる絶妙な構成は
子供向けアニメという言葉では括れないものがありました。
というかたぶん大人の方が楽しめるアニメだと思う。

是非、親子で見て欲しい作品ですけど、気づいたら親の方が
はまっちゃってるんじゃないだろうか(笑

製作スタッフ全員に愛されながら作られた作品
ここまで楽しんでるスタッフの姿が思い浮かぶ作品は
他にないのではないだろうか。

ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 DVD-BOX 1
ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 DVD-BOX 1

ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 DVD-BOX2


posted by そぶ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他>アニメ
←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。