お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(あ行〜さ行)>ウエルベールの物語 > ウエルベールの物語 第6話 真実の章
ついにあの夜の真相が明らかとなりました。
ごめんなさい、妄想しすぎでごめんなさい。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ロンダー国の雪山を進むティナとリタ
付近は毒蜘蛛が生息しているらしく、蜘蛛が苦手だと不安がるティナ
幼い頃に顔に張り付かれたことがトラウマとなってるということでしたが
確かにあんなにでかい蜘蛛に張り付かれたら、そりゃトラウマにも
なりますよ・・・。

吹雪に襲われ、離れ離れになってしまった二人
視界がものすごく悪いのであれでははぐれてしまっても仕方ないですが
ティナの乗ってる馬から伸びてた紐はボル爺につながっているわけでは
なかったんですね・・・。
繋いでいるものだと思ってたよ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

吹雪の中、リタが再会した人物はティナではなくガラハド。
なんというストーカーっぷりなんだ(笑

ガラハドに追い詰められたリタは崖から落ちてしまうのですが
その後の小屋のシーンに繋がるまでの流れがなかったのがちょっと
勿体無かったかなぁ。

さらに小屋まで追いかけてきたガラハドが毒蜘蛛にやられて
倒れ、命を狙われたにもかかわらずリタがそれを看病するという
流れはリタらしくていいなと思ったのですが、看病してもらって
いるのに毒蜘蛛の毒を盛り、リタを殺そうとするガラハドの
非情さにちょっと引いた・・・。

どこまでお前はゲルニアラブなんだよ

先の女騎士の言葉からもガラハドがリタたちを追ってきたことは
ガラハドの単独行動というのがわかりましたが、仇を討つことに躍起に
なるのはよくわかるのですが、ちょっと気負いすぎかなぁと。
まぁ、忠誠を誓う身分としては当然の行動ですがね。

そしてついにあの夜の出来事が明らかとなりましたけど
ごく普通にもみ合って刺しちゃったんですね・・・。
ゲルニアが謎の連続殺人に関わっていることは予想できましたが
そのターゲットにされたことで抵抗してああなってしまったという
ことなんですね。

単なる変質者じゃないか

もうちょっと重大が意味が隠されていると思っていたのになんだか
あっさりしすぎててちょっと拍子抜けかも(つД`)
見事に予想が外れますた・・・_| ̄|○


ふと思ったんだけど(あくまで妄想の世界ってことで)
ガラハドが知っているゲルニアとリタが出会ったゲルニアは
全くの別人と言っていいほど違いがあること。
ということは傷を負ったゲルニアは本物のゲルニアであるのか
そうでないのかという部分が気になりますよね。
ここは深く考えずに単にゲルニアの性格が変わってしまっただけ
というオチかもしれませんが・・・。
お互い戦争を起こすつもりはもともとないはずの関係にも関わらず
戦争が起こってしまうかもしれない流れになっているということは
だれかがなんらかの意図として戦争を起こそうとしているって考える
こともできますよね。

そうなってくるとリタが刺してしまったゲルニアとウエルベール国の王とが
裏で手を組んでるって可能性もあるのでしょうか。
それともサンガトラスが悪であるのか。
いろいろな可能性が考えられるだけに今後の展開が気になります。

リタの絶対に死ねないという熱い思いにガラハドさんの心が
動かされていくのかも気になるところですが、命を助けられたのに
まだリタを殺そうとするのならばそれはそれでちょっとすごいぞ(笑
でもこれでガラハドがリタ側に付く可能性もほんの少しだけ
見えてきたかも。

リタのどこまでもお人良しな性格も立派ですけれども
やはり世の中綺麗事だけでは済まされないのも事実なわけで
そのやさしさが裏目に出ないことを祈ります。


追記
以下、チラシの裏としてお読み下さい

リタがずっと真相を語ろうとしなかったのは
誰かのことをかばっているのだと私は予想していました。
ゲルニアを刺したのは実はリタを助けに来た誰かであり
自ら罪をかぶることで戦争を回避しようとしているのかなと
思っていたのですが、単に襲われたから刺しちゃったという事実
だったことに衝撃を受けたのは確かですね。
だとしたらもう少し早い段階で話してもよかったのでは?
ガラハドにゲルニアがゲルニアではないかもしれないと
気づかせるための材料だったとするならば別の形でもよかったかも。
ここまでひっぱるだけの真相じゃなかったことが悲しかった。

ゲルニアにしてもリタを襲うのであれば結婚してからでも
十分だったにも関わらずあのタイミングでリタの元を訪れたというのは
単に我慢が出来なかったのか、それともあのタイミングじゃなければ
都合が悪かったのかどちらなのでしょうね。
あの行動には意味がちゃんとあったのだと思いたいです。

オリジナルアニメということで個人的にとても期待している作品なだけに
もう少しストーリーを練り込んでもらいたいなぁというのが正直なところ。
作画や演出は悪くないだけに勿体無さが目立ってますね。


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ウエルベールの物語 。。。。 第6話 真実の章
Excerpt: レイピア。。。。 細身の長剣。 「ロードス島戦記」で ディードリットが 愛用していた剣でもあるなぁ。 政略結婚の お相手の王子様は 連続婦女暴行殺人魔で、軍事強国の 御曹司。 片や 嫁ぐはず..
Weblog: 幻影現実 私的工廠 ブログ
Tracked: 2007-05-09 22:40

ウエルベールの物語 #6
Excerpt: とうとうリタ姫がガラハドを刺した真相が明らかになりました。吹雪の中でティナたちとはぐれてしまったリタ姫は、後を追っていたガラハドと遭遇してしまいました。彼に追い詰められな...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2007-05-09 22:43

ウエルベールの物語 Sisters of Wellber #6 「真実の章」
Excerpt: ゲルニアは瞳フェチ!? やはり犯人は貴方でしたか・・・  ↓  ↓
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2007-05-10 13:35

ウエルベールの物語 〜Sisters of Wellber〜 第6話
Excerpt: 「真実の章」 あの夜の真相が明らかに!! 今回は毒蜘蛛が生息するという雪山で、リタがガラハドに襲われる話。 吹雪のためものすごく視界が悪く、ティナとはぐれた状況でのガラハドとの再会でした..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-05-10 17:44

ウエルベールの物語 第6話「真実の章」
Excerpt: 吹雪きの峠で、ティナとはぐれたリタ姫。 リタを仇と狙うガラハドと遭遇してしまう…。 ついに明かされるガラハドを刺した真相。 超真相に唖然呆然。もう何がなんだか…。 ▼ 第6話 『真..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-05-11 01:55

ちょっとだけ感想・ウエルベールの物語〜Sisters of Wellber〜 第6話
Excerpt:  あらら、1時です。これ書いたら落ちます。  ちょっとだけ感想・ウエルベールの物語〜Sisters of Wellber〜 第6話『真実の章』です。
Weblog: 日々のたわごと
Tracked: 2007-05-20 01:17

レビュー・評価:ウエルベールの物語/第6話 真実の章
Excerpt: 品質評価 5 / 萌え評価 18 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 9 / シリアス評価 6 / お色気評価 2 / 総合評価 7<br>レビュー数 25 件 <br> <br> 旅を続ける一行は、吹雪の中、峠を歩いていた。..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-05-25 19:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。