お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(ま行〜わ行)>ロミオ×ジュリエット > ロミオ×ジュリエット 第7話 ぬくもり〜今だけは〜
「彼女の名は・・・ジュリエット・・・」

おもしれー、今週も興奮しまくりでございました。
ついに交わされた二人の口づけ。
逃げようとするジュリエットに強引に口づけしたロミオさん
あんたなかなかやりますね。
じたばたしていたジュリエットもキスをされて思わず力が抜けていき
そして目を閉じて・・・。

うおおおおおおお、泣けるーこれは泣けるー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

BGMがまたすばらしいですよね。
ロミオが追いかけていく辺りから主題歌の英語版が流れ始め
そして二人は再会、逃げるジュリエット、とっさに腕を掴むロミオ
そして強引に抱きかかえるようにして交わす熱いキス

流れる歌詞と共に見てるこちらの興奮も最高潮ですよ

体で感じるお互いのぬくもり、そう今だけは・・・
この一瞬だけは幸せでいられるように・・・。

しかし、その一方で一人残されて花火を見つめるハーマイオニが
かわいそうでした・・・。
二人の為に打ち上げられるはずの花火・・・。
しかし想い人は別の女性とそれを見ているわけで・・・。
ハーマイオニがとても純粋でいい子なだけに辛いよね。
このまま報われないキャラのまま終わっていくのかそれとも彼女自身が
動き出すのか、あの背中がなんとも不気味というか胸騒ぎがします。

ティボルト「下衆に名乗る名など持ち合わせてはいない

なにこの人、めちゃめちゃかっこいいんですけど(*´д`*)
登場の仕方もさることながら、剣を抜いて戦うシーンも
かっこよすぎじゃないですか。
去り方も謎を残しつつ去っていく辺り、今後の登場がかなり気になる
キャラですね。
乗っていた竜馬は竜馬というよりユニコーンに近いかんじ?
角が生えてたようにみえたし。
ジュリエットのことを昔から知っているみたいですし、コンラッドの
反応も気になるところ。
一体彼は何者なのですかねぇ。


ロミオ「教えてください、前大公の一人娘の名を

ロミオもまたジュリエットの正体を知ることとなりましたね。
これでお互いに素性が明らかとされたわけですけれども
だからといって二人の恋は冷めることなくむしろ加熱していく
雰囲気ですね。
まぁ、禁断の恋ほど燃えるといいますしね(ぇ

でも互いの立場を知ってしまったからには今後の立ち回りをどうするのかが
難しいところだなぁ。ロミオとしてはやっぱりジュリエットを助けてあげたい
だろうし、ジュリエットとしてもロミオと争いたくはないだろうし。
なんだかんだで結局戦争に巻き込まれていってしまうのかなぁ・・・。

ペンヴェーリオ一家を匿うことで味方につけようとするフランシスコの考えは
うーむ、あざといな(笑
確かに失職したとはいえ、元市長の力は言葉は悪いけど使えそうですよね。
モンタギューのことを快く思っていない派閥もあるでしょうし、そういった
反乱分子を味方に付けるにはうってつけですよね。
女目当てでふらふら出かけるフランシスコになにやってんだよって思いますけど
きっとあれも何か意図があってのことだと思いたいな(笑
ほら女を味方につけておけばいざという時、助かりそうじゃないですか。

ふと気になったのが、ペンヴェーリオの身の回りの世話をすることとなった
コーディリアさんがペンヴェーリオの行動に苛立ちを隠せないようでしたけど
もしかしたらこの二人の間に恋が芽生える・・・なんて展開はあるのかな?
うーん、ないかなぁ(笑)


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ロミオ×ジュリエット #7
Excerpt: 夏至の花祭りの夜に、ロミオとジュリエットは再び出会うのでした。アバンはティボルトの活躍から。突然現れたティボルトですが、その強さは圧倒的でした。ジュリエットたちを取り巻い...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2007-05-17 18:01

ロミオ×ジュリエット 第07話 「ぬくもり 〜今だけは〜」
Excerpt: ロミオ×ジュリエット   現時点での評価:3.5〜   [ファンタジー]   CBC : 04/04 25:45   TBS : 04/13 26:25〜 (初回 26:40)   サンテレ..
Weblog: アニメって本当に面白いですね。
Tracked: 2007-05-17 19:29

ロミオ×ジュリエット 第7話「ぬくもり〜今だけは〜」
Excerpt: さて、今回はお楽しみのティボルト登場シーンから。 敵)「何者だ!!」 テ)「下衆に名乗る名など、持ち合わせてはいない」 ・・・って、渋めなヴォイスが超格好良い〜♪ そして、次のアクショ..
Weblog: のほほんホビー
Tracked: 2007-05-17 21:18

ロミオ×ジュリエット 。。。。 第7幕 ぬくもり 〜今だけは〜
Excerpt: 夏至の花祭りの夜、運命が 再び出会わせた2人。 想い人の 真の姿を 知った ロミオ。 されど、ジュリエットへの想いは 消し去れず。。。。 アイリスの花の巡り合せは ついに2人の想いを結び..
Weblog: 幻影現実 私的工廠 ブログ
Tracked: 2007-05-17 23:14

ロミオ×ジュリエット 第7話
Excerpt: 「ぬくもり 〜今だけは〜」 祝・ロミジュリ初キッス!! 今回はティボルトの格好良さとロミジュリ初キッスでお腹いっぱいですvv ティボルトの出番は最初のちょっとだけでしたが、その短い時間で..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-05-18 17:47

ロミオ×ジュリエット 第7幕「ぬくもり〜今だけは〜」
Excerpt: ウィットーリオ「あの子も17。自立していかねばならぬ年だ。世間を知るよい機会になろう」  …箒の使い方わからん17歳って、そら、確かにそろそろ世間を知ってもいい頃っすね。遅すぎる気がしなくもない..
Weblog: Speak Like a Child
Tracked: 2007-05-19 09:26

ロミオ×ジュリエット 第6幕 『ぬくもり〜今だけは〜』
Excerpt: ティボルト二刀流だ(*゚Д゚)  これは反則だ!!!美形でミステリアスで二刀流だなんて…完璧すぎて萌えるしかないじゃないか'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ  しかも名前を名乗っただけ..
Weblog: 欲望の赴くままに…。
Tracked: 2007-05-19 09:31

ロミオxジュリエット #7 「ぬくもり〜今だけは〜」
Excerpt: 可愛いぞペンヴェーリオ! 物珍しく箒を見ているなんて、 今まで相当リッチな生活していたんですね。 彼よりもペンヴェーリオママさんが質素な庶民生活をしていけるか 気になってしまいます^^;←..
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2007-05-24 13:35

ロミオ×ジュリエット  第07話   「ぬくもり 〜今だけは〜」
Excerpt: 「彼女の名は…。ジュリエット。」 やっと連結か…。じゃなくて接吻か。
Weblog: 神奈川辺境交通(かなへん)
Tracked: 2007-05-26 07:07

ロミオ×ジュリエット 第7話『ぬくもり〜今だけは〜』
Excerpt: [[attached(1,center)]] ジュリエットのピンチに颯爽とあらわれたティボルト。 剣の腕はこの作品最強クラスであることは間違いなし。でも、ステプリのシャノン兄と雰囲気は違えど通じる..
Weblog: 彩彩華美
Tracked: 2007-05-26 13:33

ロミオ×ジュリエット 第7話 「ぬくもり 〜今だけは〜」
Excerpt: 空から舞い降りた黒衣の剣士。 ジュリエットを救い、ティボルトと名乗り去った。 鮮烈な登場のティボルト。期待以上にカッコよすぎ(笑) ジュリエットとロミオは、再び夏至の花祭りの夜に再会。 花..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-05-26 13:48

ロミオ×ジュリエット#7「ぬくもり〜今だけは〜」感想
Excerpt: 先行放映地域様の感動の声を聞き、遅れること二週間・・・やっと来たこの日・・・おっきー・ティボルト・・・カッコ良過ぎる!!!ハアハア!!!ピンチのジュリエットの前にリューバで降り立ち・・・「下衆になど名..
Weblog: おぼろ二次元日記
Tracked: 2007-05-26 15:59

ロミオ×ジュリエット Episode07「ぬくもり?今だけは?」
Excerpt: 「下衆に名乗る名など、持ち合わせていない!」
Weblog: エンドレス・ナイトロード
Tracked: 2007-05-26 21:05

ロミオ×ジュリエット 第7話
Excerpt: 第7話「ぬくもり〜今だけは〜」 ジュリエット絶対絶命の大ピンチに駆けつけた王子様は、ロミオ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ではなく、ティボルトー!!(*゚▽゚)/ そして..
Weblog: てぃるみっとのまったり時々毒舌生活
Tracked: 2007-05-26 22:50

運命のごとく…
Excerpt: ロミオ×ジュリエット 第7幕 嘉禎のときは短いものだ…。
Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt
Tracked: 2007-05-27 23:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。