お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(ま行〜わ行)>レ・ミゼラブル > レ・ミゼラブル 少女コゼット 第24話 リュクサンブールの出会い
どこかの子供が悪さしてその日食べる食料を調達しているなぁと
思ったらガブローシュかよっ!
せっかくパリに出てきたのに浮浪者のような生活を送るのだったら
パリになんて来なければいいのに・・・。

冒頭の作画とガブローシュの姿に泣いた。・゚・(ノ∀`)・゚・。

今回はついにコゼットとマリウスが出会ってしまう回でしたけど

マリウス「なんて美しいんだ・・・

一目惚れキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

思わずこれなんてロミジュリと言いたくなりましたけど
マリウスはともかくコゼットまで一目惚れちゃいましたかー。

コゼットの美しさに魅了されてしまうマリウスはわかるんですけど
コゼットまで同じように惚れてしまうのはちょっと強引だったような
気もします。まぁ、この二人の純っぷりがたまらんとですね。

しかもその後のマリウスのストーカーっぷりがひどい(つД`)
コゼットに声をかけたいけれど恥ずかしくて出来ない。
いざ、決意するものの目が合っちゃって思わず引き返す。

あやしい以外の何者でもねぇ!

隣にはジャン・ヴァルジャンがいるわけで、保護者付きのところに
やぁ、こんにちは
と笑顔で話しかけるのもおかしいですし、それこそジャンに返り討ちに
されるだけですね・・・。
かといって毎日のように隣に座ってはうろうろしていたら
あやしさ100%果汁ですよね。
まぁ、マリウスの存在に気づいてるのか気づいてないのかわかりませんが
全くの無反応なジャンもどうかとは思います(笑
ちょっとは空気を読んであげてください(つД`)

コゼットはコゼットでちら見したりして、意識しまくりですし
ご飯食べれなくなってますし、恋する乙女モード全開であります。
いわゆるこれがコゼットにとっての初恋となるのでしょうけれど
チラッと見ただけで恋に落ちちゃうのはちょっと弱い気もするなぁ。
もうちょっと何らかの関係を持たせるとかしてから好きになるって
形のほうが見てる側からすれば納得できるんだけどね。

マリウスが一輪のマリーゴールドをコゼットの為にとプレゼントしましたが
それがかつてコゼットが植えたあの花であるというのがなんという運命!
さらに皮肉なのがそれに水をやっていたのがエポニーヌなのですよね・・・。
花なんて摘んで誰にあげるんだろうと気になるエポニーヌでしたが
まさかその相手がコゼットとは知る由もないわけで・・・。

ああ・・・エポニーヌの淡い恋はこんなに早く終わりを迎えてしまうのですね。
エポニーヌとマリウスが向かい合ったところにコゼット登場かと思っていたので
チャンスすら与えられないまま終わってしまうのでしょうか。
それともテナルディエが関係してきて、恩返しをしたいならエポニーヌと
結婚しるゴルボー!ってことになる可能性もあるのかな?
エポニーヌには小さくてもいいから幸せを掴んでもらいたいものだ。

ABC友の会に誘われたマリウス
私はCよりもAとかBの方が好きなんですけど
え?何の話かって?ああ、こっちの独り言ですから気にしないで下さい。
ちなみに関連友の会でDEFの会があるとかないとか。
最近ではGHIの会まであtt(以下略

ABC友の会はいかにも怪しげでしたけど中にいた人々はさらに
怪しかったですな・・・。見るからに関わってはいけないオーラでまくり
でしたけど、マリウスは今後参加することになるのでしょうか。

物語の途中でいかにもこれから悪いことしますよといわんばかりの人々が
いましたが、ラストになってようやく登場。
その中にテナルディエも混ざっていましたけれど、カモを見つけたという
相手がコゼットたちではないことを祈ります。


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント

 何かいきなり青春ドラマしてましたね。今回の話・・・

 冒頭のガブローシュが他の子供達にも気を使ってるのが何とも彼らしいな、と思いました^−^悪い事してても自分だけ良ければイイって考えを持って無い所は親父にも見習って欲しいものです。(って無理だけどね・・・)

 とうとう出会ってしまった二人ですが、いきなり両者一目惚れですか・・・マリウスはともかくコゼットの方まで同じ様に恋に落ちるのは確かに少々強引だった気もしますが、マリウスはハッキリと自分の気持ちに気付いてるのに対して、コゼットはまだ自分の気持ちにハッキリとは気付いていない所は良いのでは無いかと思います。何のかんのと言っても恋愛は理屈じゃ有りませんので「気付いてたら恋に落ちていた」ってシチュエーションも有りなのでは無いかと・・・

 それにしてもジャンは鈍いなぁ。トゥーサンはコゼットの様子を見ただけで粗方気付いたというのに。やっぱり女心は女性の方がよく分かると言う事ですな。(と言うより単にジャンが女心に疎いだけかも・・・)

 あのマリーゴールドがこんな所で小道具として使われる事に成ろうとは!しかも面倒見てたのがエポニーヌって・・・嗚呼、残酷だよorz...

 いよいよ貧しさが増すフランス。ABCの会だか何だか知りませんが単に中二病患者の集まりにしか見えなかったのは私だけでしょうか?口先だけで正義を唱えてる人よりも小規模でも貧しい人たちの為にパンを配り続けてるジャンやコゼット達の方が遥かに立派だと思います。「人の数ほど正義は有れど世界人類共通の正義はお腹が空いて困ってる人に一切れのパンを分け与える事だ」とは『アンパンマン』の作者やなせたかし先生のお言葉ですが、この言葉は本当に貧しい人たちの立場に立たなければ一生分からないのでは無いかと・・・

 しかしテナルディエのように貧しい人の立場にたっても分からない輩もいるから困りものです・・・某少年漫画の主人公の台詞に「オレは反省はするが後悔はしない」と言うのが有るのですがテナルディエの場合は「後悔はするけど反省はしない」って感じですな・・・上手い話には裏があるっていい加減気付け!
Posted by 餃子少年 at 2007年06月19日 22:58
>餃子少年さま
意外なところからガブローシュ登場でしたので、少々びっくりいたしました。
今後彼がどう絡んでくるのか気になります。

確かにコゼットの場合は恋をしたというよりも、この気持ちはなんだろうという
今まで感じたことの無い想いに戸惑っている段階なのかもしれませんね。
なぜマリウスの姿が脳裏をよぎるのか、その答えを探しているのでしょうか。

ジャンはありえないほどマリウスやコゼットの気持ちに気づいていませんでしたね・・・。
鈍いにも程があります(つД`)

マリーゴールドの花はどこかで出てくるだろうとは思っていましたが
まさかこんな形とは思いもしませんでしたね。
運命は残酷です・・・。

>世界人類共通の正義はお腹が空いて困ってる人に一切れのパンを分け与える事だ
確かに理想論を語るだけの人々より目の前で苦しんでいる人たちを救うことのほうが
よっぽどありがたみがありますよね。
5年後10年後、確かに暮らしは楽になるのかもしれない。
でも現実に困っている人は今目の前にいるわけで・・・。
言葉だけの正義では空腹は満たせないですものね。

甘い話に乗ってまた失敗するというパターンなのでしょうけど、いい加減
テナルディエは学習してほしいですね。
一人でつぶれるならともかく、コゼットやエポニーヌを巻き込まないでもらいたい・・・。
Posted by そぶ at 2007年06月20日 19:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

アニメ「世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット」 第24話 感想。
Excerpt: 第24話「リュクサンブールの出会い」 猫をどかしたと思ったら、いきなり置かれた木材。馬車はそれに車輪を取られて、野菜散乱。犯人はガヴローシュでした。こんな事をして生活をしているのか。 コゼット..
Weblog: ぎんいろ(旧夢の日々)。
Tracked: 2007-06-19 17:19

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第24話
Excerpt: 「リュクサンブールの出会い」 マリウス、恋して不審者になってるよ!! 今回はマリウスとコゼットが互いに一目惚れする話でしたけど、まわりでもいろいろありました。 まず、冒頭でいたずらし..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-06-19 17:50

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第24話 リュクサンブールの出会い
Excerpt: ガブローシュはずいぶんと酷いことをしてますねぇ。 荷馬車に衝撃を与えて、こぼれた野菜を貰っていくんだから・・・。 一見豊かそうなパリの街、その見えない闇の部分を逞しく生きていると言うことなのか..
Weblog: よう来なさった!
Tracked: 2007-06-20 00:10

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第24話「リュクサンブールの出会い」
Excerpt: クールフェラック「君を革命に入学させなきゃならん」  この場面でのマリウスの耳に口元近づけてる彼を見て、腐女子の方々が敏感に反応しただろうことが容易に予想できます。しかも彼についていった先の酒場..
Weblog: Speak Like a Child
Tracked: 2007-06-21 00:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。