お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(あ行〜さ行)>ウエルベールの物語 > ウエルベールの物語 第12話 情念の章
気づいてしまった・・・最初から船使ってればよかったんじゃね?

いや、追っ手から逃れるために陸路を辿るしかなかったというのは
よくわかるんですけど、こうもあっさりウエルベールとサンガトラス間を
行き来されると今までがなんだったのかと思ってしまうんですよ。

どうみても一日か二日で行き来してません?
2週間かかってようやくサンガトラスまで来たというのに
サンガトラスからの情報が送られてローデンたちが忍び込むまで
大して時間がかかってないように見えたのは単に短縮しただけなのか
普通に時間がかかっていないだけなのかどちらなのでしょうか・・・。


・マザコンゲルニアとの再会

船まで追ってきたサンガトラス兵に対し、住民を巻き込みたくないからと
名乗り出てしまうリタ。責任感が強いのはいいけれども
ちょっとまっすぐすぎるのが難点です。
そしてゲルニアの元へと連れられ、二人は再会。
うーん、ここでこうやって再会してしまうのだったら、やっぱり
今までの旅はなんだったのかなぁと疑問に感じちゃうなぁ。

そして極度のマザコンであるゲルニアさんは母親と同じ目を持っている
リタに惹かれてしまったご様子。
今まで執拗に青い目の女性を狙っていたのは母親の面影を探していた
からってことなんですね。
そして青い目に惹かれると同時に裏切られたことへの憎しみが増幅し
あの事件へとつながってしまったと・・・。

結局この人は何がしたいんでしょうか・・・。


・大戦艦レオンガルド

サンガトラスが極秘で巨大戦艦を作っていたことを知ったウエルベール国は
ローデン率いる数名をサンガトラスへと忍び込ませ、これを破壊することに
成功したわけですが、それはいくらなんでもあっさり成功しすぎじゃ・・・。
第一、サンガトラス側の警備は何をやっていたのかと小一時間・・・。
極秘だからバレないし、ほっとけばいいんじゃね?ぐらいの気持ちで
いたのでしょうか。
こんな戦艦を作ってるとはサンガトラス恐るべしだなと思ったら
一話にしてその勇姿を見ることなく終わりですかそーですか(つД`)


・ゲルニアよ、私は帰ってきた

ガラハド「おれはおれの成すべきことをする為に再び戦いの場にやってきたのだ。

ティナを掴んで飛び続けるシェリーのクオリティーの高さに驚きつつも
またまた撃たれちゃいましたティナさん。・゚・(ノ∀`)・゚・。
もう動けない〜とピンチなところに現れたのは我らがガラハド様。
ナイスタイミングで現れるとは全く持って侮れないお方であります。
そしてティナと共に決戦の地、ゲルニア島へと向かうことに。

ゲルニアとの激突必死、そして死亡フラグが見え隠れしていますけど
マザコン男を止めることはできるのでしょうか。


あと、ちょっと気になることが1つあって
ゲルニアとローデンとのやりとりでローデンの過去に何かがあった
ことを匂わせる発言がありましたけど、もしかするともしかして
死神蜂の男の正体は・・・なのかもしれないとふと思いました。
公式ページのキャラ紹介を見ると明らかに髪の色が一致する
がいるのですよね。
でも、もしそうだとするならばそれはまた複雑なことになっていく
わけでして、それを知ったティナはどうするのかというのも
気になります。

物語も私の下半身も盛り上がるどころか盛り下がりっぱなしですけれども
残りわずかでどう話は展開していくのか。
壮大な物語の結末やいかに!?


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ウエルベールの物語 Sisters of Wellber 第12話
Excerpt: 「情念の章」 最終回前なのに盛り上がりに欠ける……。 期日までにリタの公開処刑が行われなかったとして、サンガトラスはいよいよ本格的に戦争の準備。 ウエルベールではサンガトラスが極秘で造っ..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-06-21 17:42

ウエルベールの物語 Sisters of Wellber #12 「情念の章」
Excerpt: このシルエットはもしや!?  ↓  ↓
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2007-06-23 15:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。