お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(あ行〜さ行)>ウエルベールの物語 > ウエルベールの物語 第13話 血戦の章
ティナは超回復力

おっかしいなぁ、開始当初、この作品はきっと大きく羽ばたいてくれるに
違いないと信じて疑わなかったのですけど
助走で勢いつけてる間に気づいたら滑走路がなくなってました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ガラハドと共にリタを助けるべくゲルニア島へと乗り込むティナ
えっと、確か前回の終わりかけのところで足に傷を負っていませんでしたっけ?
あれー、おっかしいなぁ、傷はおろか包帯の1つも見当たらないんだけどなぁ。
あ、きっと仙豆を食べたに違いない!彼女の傷が超展開で治るのはきっと
仙豆のおかげに違いない。よし、そういうことにしておこう。

そんなわけでボル爺と元彼を囮に残し、島へと潜入したガラハドとティナ。
隠し通路を使っていざ、ゲルニアの元へと向かう二人。

ちょうどその頃、リタとゲルニアは部屋で愛し合ってる・・・わけもなく
ゲルニアの昔話に華を咲かせておりました。
ママンが自分だけを好きでいてくれると思ったら、愛人と乳繰り合ってるのを
目撃してしまいショックを受けたゲルニア。
それがサンガトラス王にばれてしまい、愛人は処刑、そしてママンも崖から
身を投げることに。
それ以来ママンのような青く澄んだ瞳を持つ女性に対し、興味を示すがそれと
同時に憎しみに駆られてしまい、先の連続殺人事件につながってしまったのだと。

そこへ乗り込んできたガラハドとティナに驚いてる様子のゲルニアでしたけど
この隠し通路ってゲルニアはしらなかったってことなのかなぁ。
やってくるならばその道しかないだろうと簡単に予想が付くと思うのですが
なんの対策もしなかったところを見るとしらないってことだよなぁ・・・。


ガラハド「あなたに勝つにはこうするしかなかった

ガラハドとゲルニアの対決は情に訴えかけたゲルニアにガラハドが
騙されて刺されちゃったと思いきや、ガラハドもしっかりそれを見越していて
気づいたときにはガラハドの剣がゲルニアの体を貫いていました。
正々堂々の勝負じゃなしに騙しあっての決着というのもなんか寂しいものが
あります。

ゲルニア「おいしいよ、母上

最後まで見事なマザコンっぷりを見せて散っていったゲルニア
眼鏡を残し消えた時はまだ終わっていないのか!
とちょっとワクテカしましたけど、最後は紅茶を飲みながら
ママンとの思いにたそがれているところに天井が落ちてきて死亡
なんとも素敵な最後でございました(つД`)

それにしてもボル爺と大砲だけで陥落しちゃう要塞というのもなんだか
すごいものがありますね・・・。
いや、そもそもあれだけ攻撃しているのに船が沈められていないってのも
すごいよね・・・。
そこまでサンガトラスの攻撃はザルなのでしょうか。


ローデン「父上、サンガトラスから休戦協定の打診があったとはまことで
  ございますか?

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

終わりですか!戦争なしですか!?

戦艦の破壊、そしてゲルニアさんの死去によって戦意喪失の
サンガトラス王ですが、えーっと・・・この人たち一体何が
したかったのでしょうか?
あれだけ戦争しかけるぞ!やっちゃうぞ!と匂わせておきながら
いざとなったら止めちゃうって一体(つД`)

第一、戦艦レオンガルドを失ったことで戦力が半減したって
どんだけ弱いんですか、あなたの国は・・・。
そんなに大事なものだったら放置しておかずにちゃんと警戒しましょうよ。


戦争の危機は過ぎ去った

だがその裏に

固い友情で結ばれた王女と

一人の女盗賊の働きがあったことを

知る人は少ない


なんだかとってつけたようなフレーズですけれども
リタとティナの二人の旅も無事に終わりましたね。
二人の絆はこの旅で確実に固く結ばれたのでしょうね。
途中、思いっきり疑ってる人が若干一名いらっしゃいましたが
ええ、誰とは言いませんけどね。
まぁ、それは兎も角、二人の活躍によって無事に平和な日々を
取り戻すことが出来たみたいですし良かったねー。

で、具体的に彼女達は何をしたんでしたっけ


まぁ、いいか・・・。

めでたし、めでたしっと






ってちょっとまてーーーーい!

これで終わりですか!?いや・・・だってあの・・・ほら・・・
鉢の刺青のおっさんとか回収されてないんですけど・・・。
ローデンがもしかしたら死神蜂の男なんじゃないかとか
いろいろと想像していた私の思いはどうすればいいのですか?
実はもう一話あるんじゃなんて期待していたら問答無用で
今回で終了ですのテロップがぁぁ。


ウエルベールの物語 第一部 完

あー、おわったか・・・・。
結局このまま終わっちゃったなぁ。

( ゚д゚)ん?

第一部 完

(つд⊂)ゴシゴシ

第一部 完

(;゚Д゚)
な、なんだってーーーー!!!

噂には聞いてましたけどこれはいつか続編をやるよってことなのでしょうか。
でもさぁ、正直この盛り下がり方で続編やられても果たしてそれを
周りが受け入れてくれるのかどうかすごい微妙なんですけどねぇ。
どうせやるなら2クール続きにしてじっくりやったほうがよかったのでは
ないだろうか・・・。

というわけでどうやら続編やるっぽいですよ、これ。


総括風味なもの

開始当初、オリジナルのアニメだってことでかなり個人的に期待していましたが
絵は十分評価できるものの、ストーリーはちょっと満足のいくものでは
なかったかな。
題材としては面白くなりそうなものだっただけに勿体無い。
物語を通してティナとリタの友情というものを表現したかったのかも
しれないが、その部分もちょっと物足りなかった。
戦争作品でもなければ、友情を強調したわけでもなくて
ただ、どたばたして終わってしまったという印象が強い。

なんだか最後は愚痴っぽくなってしまいましたけど
期待していただけにどうしても言いたかったので書かせていただきました。

第二部では面白くなることを期待して、ひとまず
スタッフの皆様、お疲れ様でございました。
第二部もがんばってくださいね!!

そしてこんな拙い感想にお付き合いくださった皆様にも
感謝の気持ちを表して、この筆を置きたいと思います。
(筆じゃないけど)

ありがとうございました!


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ウエルベールの物語 〜Sisters of Wellber〜 第13話
Excerpt: 「血戦の章」 第一部 完!? 放映開始前は期待していたのですが、いざ始まると主人公ズのあまりの暢気ぶりだとか、シナリオの薄さにう〜んとうならずにはいられなかったのですが、第二部も考えてるっ..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-06-27 21:03

ウエルベールの物語 Sisters of Wellber #13 [最終回] 「血戦の章」
Excerpt: 「ゲルニア王子…貴方は病んでいます」 そう!変態ですよ!! 姫様、知らなかった!?(笑)  ↓  ↓
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2007-06-28 18:22

『ウエルベールの物語〜Sisters of Wellber〜』 リタ・シオール&シェリー
Excerpt: 『ウエルベールの物語』のリタ&シェリーです。 リタ姫はともかく、身体の小さな妖精をイラストにするのは初めての機会でしたので、不安ながらも新鮮な気持ちで描く事が出来ました♪ 髪が全て縦ロールされ..
Weblog: ゆったりイラスト空間
Tracked: 2007-07-16 20:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。