お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(ま行〜わ行)>レ・ミゼラブル > レ・ミゼラブル 少女コゼット 第29話 テナルディエの罠
あああ・・・まさかジャン・ヴァルジャンがこんなにも空気読めてない人
だったとは・・・。絶望した!コゼットの言葉を信じないジャンに絶望した!

3歳の頃から長い年月を共にしてきた、辛い目にあいながらもずっと
耐えてきたコゼットだからわかるんですよ!
やつがテナルディエだって。
たった一度しか会ったことの無いジャンが思い過ごしかもしれない
なんて言える立場なんですか?

コゼットはテナルディエに気がついていないのかと思っていましたが
ちゃんと感じていたんですね。
あれだけひどい目に合わされていたのだから、あの雰囲気を感じ取って
しまうのも無理はないですよね。
でも思ったより落ち着いていたので安心しました。
テナルディエだとわかったら我を忘れても仕方がないとさえ思って
いましたからね。そういう意味でもはるかにコゼットのほうが大人なんだなぁ。
エポニーヌとアゼルマにもちゃんと気づいていましたしね。

エポニーヌが気づいたのはコゼットとしてではなく、マリウスがずっと
見つめていた相手としての記憶でした。
まさかあのコゼットがお金持ちの娘となっているなんて知らないから
気づかないのでしょうか。
いつか気づいてしまった時がやっぱり怖いなぁ。

そして止めに入るのかと期待していたマリウスは結局盗聴してただけ
止めに入るよりもコゼットにずっとあなたを想っていましたと
告げることで頭がいっぱいのようですけど。
想い人が今そこで騙されようとしているのを止めようとしない男が
告白できる権利があるのかと小一時間(ぶつぶつ)

っと熱くなっても仕方がないんですが、あそこで乗り込むなり
6時だとわかっているんだから、あらかじめジャンが来るのを待っていて
忠告するなり方法はあっただろうになぁ。
その方がどれだけコゼットに好印象を与えるかわからないんですかね。
言葉は悪いけれどジャンやコゼットに対して恩を売っておけばそれだけで
今後のメリットになりうるというのに。

お前のせいでどん底に追いやられたテナルディエさ

偽名を使っていたテナルディエの本当の名前を知ってしまったマリウス
今、ジャンを騙そうとしているその相手こそ自分の父の恩人であると
知ったマリウスはただでさえチキンなんだから、きっともう銃を
弾くことなんてできないんだろうな・・・。

お前は大人しく自分の小さなピストルでも磨いてな!
無駄に弾を発射するがいいさ(ぇ

そもそもテナルディエという名前すら怪しいと思うんだよなぁ。
あれだけ根から性格が悪い人間が過去に人を助けるような行動を
してきたとはどう考えても思えないんですよね。
実はこのテナルディエという名前も偽名だったりするんじゃないだろうか。

そんなフライドチキンマリウス君が選んだ行動は
警察へのご報告、しかもその相手がジャベールっておまっ

それ火に油注いじゃってますって!

これじゃあ、囲まれて大ピンチなジャンはそのままでもピンチだし
警察が乗り込んでも大ピンチと全然フォローになってないですよ?マリウス君?

そろそろいいところを見せてくれないと視聴者もコゼットも
君から離れていってしまいますぜ?
当然、コゼットは私のところに来るんですけどねー☆


TB送り先
http://rincolu.blog15.fc2.com/blog-entry-1490.html#trackback


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
こんばんは、TB失礼します。
ジャンには本当絶望しました。あんな辛い仕打ちを自分にしてきた人間を、忘れるわけないですよね。なのに辛い事は忘れてしまいなさいとか言って、言葉を信じないジャン。罠にかかったのは自業自得なのかもしれません。
マリウスはいいところなさすぎですね……頼りなさ過ぎて苛々します。男じゃないですね、こんな奴。

もう次回どうなってしまうのでしょう。予告からしてちょっとやばい感じが……。
テナルディエはとりあえず殴りたいですね、人としてどうなんだろう。
Posted by isamu at 2007年07月24日 00:57
>isamuさま
こんにちは、コメント&TBありがとうございますー。
今回のジャンはコゼットの気持ちを考えなさすぎてましたね。忘れなさいって言うけれど
そんな簡単に忘れられるようなものではないですよね。
マリウスも含めて男共はなにをやっているんだと・・・。

次回はさらに危険な状態になりそうですが、このピンチをどうやって打開するのか気になります。
テナルディエ、まぢで殴ってやりたいです・・・。
Posted by そぶ at 2007年07月24日 11:55
 やっぱりコゼットは奴がテナルディエだと気付いてましたか・・・それにしてもジャンは只でさえ他人の顔を覚えないのに何で五年も奴と住んでたコゼットの言葉を信用しないんだ?確かに絶望物ですよorz...

 それにしてもマリウス君は相変わらず情けないなぁ(X−X)馬車位走って追いかけろよな、全力で!大体只単に奴の悪事を暴くだけならともかく折角想い人の窮地を救ってお近づきになる千載一遇のチャンスだと言うのにやってる事が警察に駆け込むって・・・他力本願じゃん(まぁ一般市民としては正しい判断だけど)
 
 おかみがコゼットに逆恨みして自分の娘達は貧しい思いをしてるだなんだとほざいてましたがホントこの肉塊、何様のつもりなんでしょ。コゼットがいなくなった後、その大事な娘達を邪険に扱って働かせたりしてたのは何処のどいつだってぇの!身勝手も甚だしいですな、呆れてモノも言えません・・・

 そのおかみにも増して品性下劣なのが旦那の方。自分が極貧になったのをジャンのせいにしてました。しかし原作では金を貰っていたのに結局破産して夜逃げしてたので、どの道奴が極貧生活を送るのは決まってた様なもの。自分を客観的に見ることが出来ないから惨めな境遇を他人のせいにせずにはいられないのでしょう。

 それにしてもエポニーヌは金持ちに慣れるなんて聞いても母親や妹と違って喜ぶどころか困惑するって反応が良いですな!幾ら金持ちになって着飾った所で心が薄汚れていたらどうしようもないって事が分かってるのでしょうな。しかしあの金髪のお嬢さんがコゼットだって気付いたらどうなるのか・・・その辺が心配です。(今回は気付かなかった様でホッとしましたが・・・)

 次回、想い人の父親を追い詰めてる相手が父親の恩人と知り尻込みするマリウスくん。もう奴には充分恩を施したんだから躊躇わずに踏み込んでジャンを助け出して・・・ってな感じになってくれると良いのですが。(だってジャベ公が踏み込んできたらややこしい事になるし・・・)
Posted by 餃子少年 at 2007年07月24日 21:53
>餃子少年さま
全くコゼットの言葉を信じようとしないジャンの行動に思わず呆れてしまいました。
困っている人を助けたいという思いはわかるのですが、コゼットの心の変化をもう少し
しっかりと汲み取ってあげるべきですよね。
他人の心を読み取る能力がジャンには欠けているのでしょうか。

>折角想い人の窮地を救ってお近づきになる千載一遇のチャンス
マリウスにとって大チャンスなのにほんとに何してるんですかねこの子は。
まぁ、考えもせずに出て行ってテナルディエにしらをきられるよりはましなのかなぁ。

テナルディエもおかみもほんとに逆恨みもいいとこですよね。お前らのせいだろうが!と
声を大にして言いたいですよ。

その中でもエポニーヌだけはしっかりと自分を見つめていましたね。
形だけ着飾っても心のゆとりを持てなければ幸せにはなれない。
コゼットのようにはなれないって自分でわかっているんでしょうね。

>あの金髪のお嬢さんがコゼットだって気付いたらどうなるのか・・・
私もそれが一番の心配です。今のエポニーヌが嵐の前の静けさでないことを願うばかりです。

マリウス君がさらに出ていけなくなるようなテナルディエ正体判明展開でしたが
次回、マリウス君は男になれるのでしょうか。
そろそろ頑張ってくれないとほんとに愛想尽かされちゃうよー(視聴者に)
Posted by そぶ at 2007年07月24日 23:50
どうも初めまして。マリウスへの容赦ないツッコミを中心に楽しませてもらってます。(これまでの感想は読ませていただきました)
今回は原作読んだときにアニメではどうなるのかと特に気になった話でしたね。

コゼットがテナルディエ一家に気づきましたがそれでも冷静に居られたのはおかみの顔を見ることがなかったからでしょうね。彼女のなかではあのババアの存在が最大のトラウマになっているでしょうから。次回予告を見た感じではこのふたりが真正面から出会ってしまう展開も考えられるだけに続きが気になります。

そしてマリウス君は・・・今回は脳内彼女「ユルシュール」を映像化する能力まで身に付けましたか!そしてジャンの危機にも身動きがとれなくなる、と視聴者にとって最適な突っ込まれ役になってますね。このままの彼で果たしてコゼットの相手役が務まるのかどうか正直不安です・・・
Posted by にんにく味噌 at 2007年07月26日 21:13
>にんにく味噌さま
こんばんは、はじめまして。
コメントありがとうございます。
感想を読んでいただいたみたいでありがとうございます。
マリウス君は突っ込みどころが満載すぎて大変ですね(笑

確かに女将と対峙しなかったことは大きいかもしれませんね。
一番コゼットを辛い目に遭わせてきたのはあの人ですものね・・・。
しかしあれだけ貧しくても全く衰えていないあの体格は大したものですよね。
こっそり一人だけ何か食べてるんじゃないかと。

>今回は脳内彼女「ユルシュール」を映像化する能力まで身に付けました
回を追う毎にダメクオリティーが上がり続けているマリウス青年はほんとにどこへ
いこうとしているのでしょうか。
少なくとも今のままでは絶対にコゼットはやらん!
と全国のコゼットファンが満場一致でジャン・ヴァルジャン化するのは間違いなしですが
これからどう巻き返してくれるのか期待したいですね。

このまま巻かなかったらどうしよう・・・。

コメントどうもでした〜^^
Posted by そぶ at 2007年07月27日 00:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第29話
Excerpt: 「テナルディエの罠」 マリウスとジャンのバカっっ!! 今回は本当にもどかしいったらありゃしませんでした。 テナルディエは恨みの感情からジャンのことをすぐに思い出し、コゼットもまた、幼少の..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-07-23 23:43

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第29話 テナルディエの罠
Excerpt: コゼットがワーテルロー亭から去って以来 ついにジャンとコゼットがテナルディエ一家と出会う事に。 前回の緊迫した終り方のわりには、意外とあっさりと事が進んだなと 思わなくもないけど、テナルディ..
Weblog: よう来なさった!
Tracked: 2007-07-24 00:10

アニメ「世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット」 第29話 感想。
Excerpt: 第29話「テナルディエの罠」 今回は心臓に悪い回でした……。 テナルディエ一家と遂に邂逅したジャンとコゼット。しかしあれだけテナルディエの面影変わっていないにもかかわらず、ジャンは気がつかない..
Weblog: ぎんいろ(旧夢の日々)。
Tracked: 2007-07-24 00:52

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第29話「テナルディエの罠」
Excerpt:  ジャン・ヴァルジャンとテナルディエの確執、同じくヴァルジャンとジャヴェールの確執、コゼットとエポニーヌの確執、コゼットとマリウスのすれ違い、マリウスとテナルディエとの奇妙な因縁…それらが一気に結実し..
Weblog: Speak Like a Child
Tracked: 2007-07-24 11:10

レ・ミゼラブル
Excerpt: レ・ミゼラブル『レ・ミゼラブル』(Les Mis?rables)は、ヴィクトル・ユーゴーが1862年に書いた、ロマン主義フランス文学の大河小説である。作品概要1本の..
Weblog: ちはるのブログ
Tracked: 2007-07-26 03:50

レビュー・評価:レ・ミゼラブル 少女コゼット/第29話『テナルディエの罠』
Excerpt: 品質評価 7 / 萌え評価 21 / 燃え評価 21 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 14 / お色気評価 0 / 総合評価 10<br>レビュー数 14 件 <br> <br> やって来た「慈善家の紳士」がジャン・ヴ..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-07-31 16:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。