お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(あ行〜さ行)>CODE-E > CODE-E 第5話 憂鬱と親子のこと。
千波美「私もう・・・今日は家に帰りたくない(*´д`*)

誘ってるんですか!?それはもしかして誘ってるんですか!?(;´Д`)ハァハァ

OK、わかったよ。
君がその気なら朝まででも何ラウンドでも付き合ってあげようじゃないか!
なんならソノソノも一緒に三p(サバキャン)


いやぁ、家族愛っていいなって思わせてくれる今回のお話でした(真面目モード)

今回はソノソノの寝起きシーンから始まりましたが、お金持ちだとは聞いてましたが
なんてでっかいお屋敷にお住みなんですかあなたは・・・。
メイドさんが起こしに来てくれるってなんてうらやましい。

しかし園美が起きた時にはもう両親は出かけていて家にはいない。
おそらくそれが園美の家庭では当たり前のことなのでしょうけれど
寂しそうな園美の顔が印象的でしたね。

一方の千波美はというと締め切りに追われて朝食に顔を出さない父を
呼びに行くものの、誤って父の原稿入りPCをクラッシュしてしまい
落ち込んでいました。
いやまぁ、千波美を責めるわけにはいかないですけれども
心配だからと言うのもわかりますけれどもちょっと軽率な行動だったかな(つД`)

官能シーンを取り入れようとしていた千波美父でしたけど
「んあっ・・・」
の続きが激しく気になるのは私だけでしょうか(笑
日々生まれてくる官能小説の裏ではむっさいおっちゃんたちの苦悩が
あったりするんでしょうかね(ぇ

とりあえず完成した官能シーンを是非とも
千波美ちゃんに朗読していただきたいものですね(;´Д`)ハァハァ

学校の授業も上の空でずっと朝の出来事が頭から離れない千波美
ぼーっとするあまりカップラーメンを沸騰させちゃうって
なんてあなたは高性能なんですか!?
すごいなぁ、電子レンジ要らずだなぁ・・・。

私の弁当も温めてもらいたいです(人肌で)

その悩みを変態師巫君やソノソノに打ち明けるわけですが

園美「取り繕うってのは、これからもあんたと一緒にそういう生活を
   続けていきたいって意思表示でしょう?
   あんたから逃げてどうすんのよ!

重いなぁ・・・この言葉は重いなぁ。・゚・(ノ∀`)・゚・。
自分だって親からもっと愛されたいと思っている園美だからこそ
親から十分な愛をもらっている千波美が自分からその愛を遠ざけようと
していることに我慢ならなかったんでしょうね。
今の園美にとっては裕福な生活よりも親と過ごすかけがえの無い時間の
ほうがなによりも大切なのでしょうね(つД`)

親からの愛を欲しがる人間と受け止めきれない愛に戸惑う人間
相反する二人の状況の対比がぐっと心にくるシーンでしたね。

なんだか園美と千波美はいい関係になれそうな気がしますね。

そして巫君にありがとうと言われて一人こっそり喜ぶソノソノが
かわいすぎますね(*´д`*)
もう、あなたはどこまでツンデレば気が済むんですかっ!

店長!!おかわりっ!!(オイ

そんな園美の携帯に一通のメールが。
その差出人はもちろん父親だったわけで・・・
今夜は素敵で温かい夜になりそうですね。

引き上げましょう。市役所閉まっちゃうわ

今のところ任務よりも住民票を手に入れることの方が大事なようだが
やつらは一体何がしたいんだ(笑
当面の敵はあの職員ってことなのかな・・・。


家族揃って食事をする
そんな当たり前の日常が何よりも大切でかけがえのないものなんだと
再認識させられた今回の話だったように思います。


TB送り先
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/blog-entry-1309.html#more
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-3287.html#trackback


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
このアニメ、結構、好きです。

今回は、ホームドラマ風でしたね。
両親の愛に飢えるソノソノ。
お金持ち=幸福 ではない。
みんな、それぞれに悩みを かかえて生きている。
ソノソノも、千波美も。そして、怪しい連中も(笑)

家族がいるとウザいときもあるけど、ひとりぼっちは やっぱ さみしいですよね。

ひぃとーりよぉーりぃ、ふたりがいーさぁ、ふたぁーりよぉーりぃ、さんにんがぁいいぃー♪
なんて歌が、昔、あったような、ないような(笑)

Posted by ミュウ苺 at 2007年08月02日 14:42
>ミュウ苺さま
お金持ちの娘はお金には恵まれても家族の愛には恵まれない。
よくある設定ではありますけれども、いいお話でしたね。

普段、そこにいるのが当たり前だと思っているうちはそれが大切なものであることには
人間って気づかないものですよね。

失って初めて気づくことがある。

仕事から疲れて家に帰ってきて、たまに母親がしつこいぐらいいろいろ話してくる時が
あるんですよね。
どうしてもうっとおしいなぁって思ってしまうんですけど、後から考えるとあれは
母親にとっては話し相手が帰ってきてうれしかったからじゃないかなって思うんですよね。

失う前に、後悔しないように
大切なそういう時間を大事にしなきゃいけないなって思います。
Posted by そぶ at 2007年08月03日 13:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

CODE-E #5
Excerpt: 千波美と園美、それぞれの家庭事情が絡み合ったいいお話でした。前回があんな感じだったので^^;、今回がつまらなかったら視聴を打ち切るつもりでしたが、予想外に味わいのあるお話だ...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2007-08-02 06:55

CODE−E #5 「憂鬱と親子のこと。」
Excerpt: 市役所との闘い!? スパイなのにどうしてそんなに転入届に拘るんでしょう^^; というか・・・ こんなスパイ目立ちすぎだから(笑) そのうちオマワリさんに職務質問とかされそうな予感。  ↓..
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2007-08-02 07:47

CODE-E 第5話
Excerpt: CODE-E 第5話「憂鬱と親子のこと。」 脚本:榊一郎、演出:吉本毅、コンテ:加藤敏幸、作監:村上勉 CODE-Eの半分はやさしさでできています。 うん、優しい良い話だった。 自分の..
Weblog: 猫以下。
Tracked: 2007-08-03 19:42

CODE-E 第5話
Excerpt: 第5話『憂鬱と親子のこと。』 そのそのの両親は多忙でかまってくれなくて、 身の回りはお世話係や執事にまかせっきり。 少し親からの愛情に飢えているようだ。 千波美は上がってこない父親を心配し 作..
Weblog: 沖磨純雲 -おきまもとん-
Tracked: 2007-08-06 01:27

レビュー・評価:CODE−E/第5話「憂鬱と親子のこと。」
Excerpt: 品質評価 16 / 萌え評価 16 / 燃え評価 16 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 8 / お色気評価 16 / 総合評価 13<br>レビュー数 12 件 <br> <br> 今日は朝から父親のパソコンを壊して大..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-09-12 18:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。