お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(ま行〜わ行)>レ・ミゼラブル > レ・ミゼラブル 少女コゼット 第31話 穏やかなプリュメ通り
今回は題名どおり穏やかな流れで進んでいきましたね。
でもその中でも今後が気になる部分もありましたが。

傷つきかえってきたジャンを一生懸命看病するコゼットの姿は
美しいですね(外見だけじゃなく)
こんないい子に看病してもらったら怪我なんてあっという間に
吹き飛びそうですよ。

ゴルボー屋敷を後にしたマリウス君はクールフェラックの家でお泊りすることに。
てっきりお金持ちの坊ちゃんかと思っていたクールフェラックが
実はマリウスと同じようなぼろアパートに住んでいたのは驚きでしたね。
しかもテナルディエに恩返しをしたいと言うマリウスにお金を
あげちゃうなんて、めちゃくちゃいいやつじゃないか(つД`)

でもついついこれには何か裏があるんじゃないかと思ってしまう私。
なんといっても名前がクールフェラックですからねぇ。
クールフェラ・・・ま、まさかっ( ゚д゚)!?

あの晩二人の間に何かあったかは触れないでおこう。

テナルディエに一度限りの恩返しとしてお金を渡すことにしたマリウス。
あのテナルディエにお金を渡すなんてという苛立ちもありますけれど
一応、親父さんを助けてくれた恩人でもあるわけですし(疑わしいけど)
1つの義理として全うするのは悪いことじゃないですよね。
ただ心配なのは一度きりで終わってくれればいいのですが・・・。

気になるのは一人になってしまったエポニーヌに近づいた
パトロン・ミネットのメンバー。
エポニーヌは相当嫌いっているみたいで相手にしませんでしたが
一人だけになってしまったエポニーヌがこれからどうするのか。
当然、お金も住む所もないわけですし、嫌々ながらもパトロン・ミネットを
手伝うという方向にいかなければいいのですが・・・。

ガヴローシュよ!今こそお前の出番だぞ!!

次回予告の見上げるマリウスの視線の先にいるのはもしかしてコゼット?
ついにストーカーの魔の手がコゼットに!


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント

 前回ジャンが負った火傷を見てコゼットが「あの人達がやったのね?」と言ってましたがコゼットはテナルディエがパトロンミネットとつるんでいる事を知らない筈なので「あの人達」と言うのがテナルディエ夫妻限定なのかエポニーヌやアゼルマも含むのかが気に成る所です。

 ついでに言うと火傷意外(全身の打撲等)は「あの人達」がやった事なのでコゼットが言った台詞も当たらずと言えど遠からずなのですが・・・

 コゼットを守ろうとして必死のジャンでしたが、今回は懸命に看病されて逆に守られてる感じでしたね(*⌒―⌒*)観ていてとても微笑ましかったです!(私も看病されたい)ところでコゼットがオルガン(?)なんか弾いてましたが修道院にいた時に覚えたのでしょうか?

 一方のマリウスくんはゴルボー屋敷を引き払うことにしてましたが、その後クールフェラックの家に泊まらせて貰うと言う行き当たりバッタリさ(´Д`)そりゃあ父の恩人が悪人で想い人の父親を傷つけるシーンを目の当りにしたりと色々有って其処に居たくないという気持ちは分からなくも無いですが、せめて引き払うなら次に住む所を見つけてからにしてよ・・・

 それにしてもクールフェラックいい感じでしたね。何の為に革命を起こすのか?という事をしっかり考えていて。事を起こすにしても先の先まで考えて置かなければ先人の二の舞に成るって分かってるんでしょうね。マリウスくんもいい友達を持った。
 
 しかしその友達から金を借りて何するのかと思ったらテナルディエへの恩返し(´Д`)もぉエエっつーの!幾ら貧しさから悪人になったとか言っても子供を食い物にして悪びれもしない外道に情けをかける必要は無し!って思うのですが・・・

 エポニーヌがパトロンミネットの誘いを断ってましたが、それも当然ではないかと・・・ようやくあの両親どもから解放されたのに再び悪事に手を貸せるかってぇの!・・・とは言え衣食住に事欠く有様では四の五の言ってもいられないのでコレから先どうなるかが不安です。確かにココはガブローシュに何とかして欲しいものです。


 次回はいよいよコゼットとストー・・・じゃないマリウスくんがお近づきになるのか(´Д`)とっても不安です。

 
 

 
Posted by 餃子少年 at 2007年08月07日 20:59
ここ3話続いたゴルボー屋敷事件編も終わって今回はひと休みといったところでしょうか。
傷ついて帰ってきたジャンを懸命に看病するコゼット。今までジャンから受けたたくさんの愛情に対し自分もお返しがしたいとコゼットはジャンに付きっきりでしたね。普段頼りになりすぎるほどのジャンだから余計にそう思えるのかもしれません。改めてこのふたりの本物の親子以上の絆の深さを感じることができました。先週ほんの少しだけでもあんな想像をした自分が恥ずかしいです(;´Д`)

そんな穏やかな時間を過ごすコゼット・ジャンとは対照的にマリウスの方は大きな動きが。事件のショックでゴルボー屋敷を引き払い最終的にクールフェラックの部屋に転がり込むことに。
>あの晩二人の間に何かあったかは触れないでおこう。
あの部屋って狭いし当然ベッドもひとつだけなんですよね。そんな部屋にマリウスが来ることを快く承諾したクールフェラック。絶対なにか裏がある!!!?
ク「おいおいマリウス。そんなずっと机にへばり  ついて仕事ばっかりしてたら気が滅入っちまうぜ。こっちへ来て俺と素敵な夜を過ごそうぜ。」
マ「ク、クールフェラック。ぼ、僕はそんなつもりで君のもとに世話になっているんじゃ・・・」
ク「本当はわかってるんだろ俺の真の目的に。さあ無駄な抵抗はやめるんだ俺からは逃げられないぜ。それに君は俺に借りがあるだろ?」
マ「ち、違うんだ・・ぼ、僕は・・・。クールフェラック!あっ、アーッ(以下自主規制) 
こんな本がこの冬の「マンガの祭典」で流行るのでしょうか・・・まあそんなアホな話は置いといて・・・
テナルディエへの送金に関してはまた余計なことを・・・とお思いの方々もいらっしゃるでしょうが、マリウスにとっては父の遺言は絶対なわけで。その辺のことは祖父からの援助を断ったシーンからも判断できます。「僕は父のことを誇りに思っています。」と言っていますし。それでも「テナルディエへの恩返しはこれっきりにしよう。」とただ父の遺言に従うのではなく彼なりにテナルディエという人間に見切りをつけているわけで、その辺は彼の成長を感じました。
 
でもそんな彼が真っ先にジャンの平穏をぶっ壊すのかなぁ・・・来週(つД`)
どうやらエポニーヌはコゼットに気づくようですし新たな展開が楽しみです

あとジャンの見た悪夢はジャベールの愛(怨念)のせいですよ( ;゚Д゚)きっと! 
Posted by にんにく味噌 at 2007年08月08日 22:24
>餃子少年さま
コゼットが言う「あの人たち」はあくまでテナルディエ夫妻のことかなぁと思います。
エポニーヌやアゼルマからもいじめを受けていましたけど、コゼットの中ではあの夫妻の
イメージが強いのではないでしょうか。

それでもジャンの言葉に素直に信じるところが立派ですよね。普通だったら自分でやったなんて
事実でも簡単に信じられないですよね。

今までずっと守られる側だったコゼットが一生懸命ジャンを守ろうとする行動は新鮮で
よかったです。ほんとにこの子はいい子だなぁ(つД`)
この子がやがてあのチキン君に弄ばれてしまう(マテ)のかと思うとほんとに今のうちに
殺ってしまいt(ry

今回はクールフェラック株急上昇でしたね。
正直、マリウス君より役に立ちそうな・・・。
口先だけだろうと思っていただけに思ったよりしっかりしている様子だったのが意外でした。

テナルディエへの恩返しは私も納得いかないものがあるものの、一応父親の恩人である可能性が
あるわけで、一つのけじめという意味では必要なのかもしれませんね。

そして一番気になるのはエポニーヌがどうなってしまうのか・・・。
さらなる不幸ロードが待っている気がしてなりません。
Posted by そぶ at 2007年08月09日 00:15
>にんにく味噌さま
傷ついたジャンをつきっきりで看病するコゼット。今まで受けた恩を返そうと一生懸命でしたね
ジャンとコゼットは本当の親子の絆以上の何かで繋がっているのでしょうね。

>マ「ち、違うんだ・・ぼ、僕は・・・。クールフェラック!あっ、アーッ(以下自主規制)

思いっきり吹きました(笑
確かに冬の祭典で賑わうことでしょうね。

クールフェラックの素顔みたいなものを知ったマリウスはこれを機にクールフェラックの考えに
賛同し始めていくことになるのでしょうか。
徐々に大きな流れへと発展していくのかもしれませんね。

テナルディエへの恩返しは一つのけじめという意味が強いのでしょうか。
一応、恩返しをしたということになれば面目も立ちますし尊敬する父の願いも叶えたことに
なりますよね。ちゃんと一回で終わってくれることを祈ります・・・。

次回、マリウスとエポニーヌが目にするものはコゼットその人なのか。
新たな展開がやってきそうなので楽しみですね。

>ジャンの見た悪夢はジャベールの愛(怨念)のせいですよ

ジャヴェール・・・なんて恐ろしい子・・・。
夢の中にまで入り込むとはすごすぎる執念ですね。
きっと冬の祭典ではジャンとジャヴェールモノがたくさん・・・。
もちろん攻めは・・・(げふんげふん)
Posted by そぶ at 2007年08月09日 00:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第31話
Excerpt: 「穏やかなプリュメ通り」 今回はわりとゆったりした内容でした。 テナルディエのところからなんとか逃れることが出来たジャン。 心配するコゼットに一連の事情を話したものの、火傷が原因で高熱を..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-08-07 17:46

アニメ「世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット」 第31話 感想。
Excerpt: 第31話「穏やかなプリュメ通り」 テナルディエ達との一騒動から帰ってくる事は出来たジャン。 コゼットに、テナルディエ達の事を話すと、コゼットは暗い表情を見せるわけです。逮捕されたと聞いても、安..
Weblog: ぎんいろ(旧夢の日々)。
Tracked: 2007-08-07 18:54

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第31話「穏やかなプリュメ通り」
Excerpt: コゼット「あの人たちがやったのね…。あの人たちがお父様に…ひどい…なんてことを…」 ヴァルジャン「あ…いや、これはわたしが…」 コゼット「まさかお父様、わたしの忠告も聞かずにのこのこテナルディエた..
Weblog: Speak Like a Child
Tracked: 2007-08-07 18:58

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第31話 穏やかなプリュメ通り
Excerpt: 今回は久しぶりにマッタリとした内容ですねぇ。 おかげで、あまり書くことが無いのですw とりあえず、エポニーヌのあの後が知りたかったのだけど ん〜、どうなってるんだろ?w 1つ言えること..
Weblog: よう来なさった!
Tracked: 2007-08-07 23:43

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第31話「穏やかなプリュメ通り」
Excerpt: 秊 やっぱ、この様なアニメから子供達は「気遣い」というのを学んで行くんでしょうね。 腕の火傷をテナルディエの仕業だと思うコゼットに、人を憎む事を覚えてはならない、と教える..
Weblog: バラックあにめ日記
Tracked: 2007-08-08 16:18

レビュー・評価:レ・ミゼラブル 少女コゼット/第31話『穏やかなプリュメ通り』
Excerpt: 品質評価 0 / 萌え評価 7 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 23 / シリアス評価 84 / お色気評価 0 / 総合評価 20<br>レビュー数 13 件 <br> <br> テナルディエのたくらみから辛くもコゼット..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-08-13 00:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。