お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(あ行〜さ行)>CODE-E > CODE-E 第12話 破壊と再生のこと。
今後どうなってしまうのだろうということよりも
成人向け雑誌がどんな内容のモノなのか気になったのは私だけですか。
私だけですね。
それがセーラー服モノか人妻モノかで大きく変わってくると思うんですよね。

ええ、ほんとにどうでもいい話ですね。

OK、全国の少年少女がどん引きしたところで続きをいってみましょうか。

力が戻ってしまったことに落ち込む千波美を起こす小松菜さん。
個人的にこの起こし方ツボです。
だって、ベットの上に正座ですよ?
上に乗っかられるのもそれはそれで好きですけどっていうか是非
やってもらいたいですけど、横に正座しながら耳元でつぶやかれるって

これはもう起きずにはいられない!!!(いろんなところが)

夢でもいいからモモーイボイスに起こされてみたいです、はい。

園美「巫屋の野菜の味がわかるのは私だけ、そして千波美を支えてあげられるのは
    あんただけでしょ

ソノソノなんていい子なんだぁぁぁ。・゚・(ノ∀`)・゚・。
自ら身を引くとはなんという勇気・・・巫屋の野菜の味がわかる、つまりは巫君の心が
わかっているからこそなんだろうなぁ。
それにしても切ない・・・これは切ないぞ(T_T)

巫「君が好きだ

ついに千波美に想いを告げたわけですけれども、なんか今ひとつぱっとしないんだよなぁ。
千波美の場合、同年代の異性とこれだけ親しく慣れたのは巫君が初めてだろうし
そういう意味でも恋をしてしまうのは納得ができる。
しかし巫君の場合、園美という異性がすぐ近くにいたにもかかわらず全く興味を示すことが
なかったわけで、そこに現れた研究対象の千波美にやがて恋を抱くというのは
今ひとつ納得いかない部分があるかな。
研究対象として接していくうちに恋心が湧くというのもわからなくはないんだけど
そこに達する過程が今ひとつ弱かったかなと思う。

そんなわけで園美は私が責任を持って養っていくから安心してください。
ええ、完全なヒモですが何か?

TYPE-E能力者干渉率による崩壊シュミレーション

ひとつだけ突っ込んでいいだろうか

シュミレーションじゃなく正しくはシミュレーションなんですが?
ってそんなところに突っ込んでもしょうがないか・・・。
いや逆に考えるんだ

これは趣味レーションなんだと

まぁ、それはさておき
今回の柊くんの目的はTYPE-E同士を近づけることでどんな影響が起こるのかを
調べるためってことだったんですかね。
共鳴しあうことで力が増幅し、絶大な破壊力になるという検証の実験に
すぎなかったと。
動物たちからも何らかの力が出ているようなかんじでしたけど、TYPE-Eの持ち主は
人間だけに限らないってことなんだろうか。

町が崩壊してしまうのは想定内のことだったようですが、この力を一体彼らは
何に利用しようとしているのでしょうか。
ギネス記録の焼肉パーティーがしたいとか?(マテ
ほら、千波美たちがいれば火無しでも焼けそうだもんね。

おそらく謎を残したまま終わるであろうことは予想していましたが
これはまたなんとも思いっきり伏線貼るだけ貼って去っていきましたなぁ。
続きに関してなんのお知らせも無かったわけで、これは確実に
視聴者おいてけぼりです。
後番組が某貧乏姉妹っぽいなぁと思ったぐらいです。
半年後なのかいつなのかわかりませんが、第2期があるのは
ほぼ間違いないでしょう。
放送開始前からすでに続編が計画されているという噂もありましたしね。

そんなわけで
次回作「CODE-Fカップ娘は巨乳ちゃん」に期待しましょう。

TB送り先
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/blog-entry-1418.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-3386.html


←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
そぶ様 お元気でしょうか?

ご指摘のように、巫君が千波美に思いを募らせていく過程がほとんど描かれていなかったですよね。だから、巫君が千波美に告白するシーン、なんとなく唐突な感じがして、まったく感動しませんでした。もう少し巫君に胸のうちを語らせたほうが良かったのでは?

第6話なんかは、由真の心理がうまく描かれていて、良いと思いました。あんなカンジで巫君の心の変化が描かれていけばオモシロかったのかも。

たくさんナゾを残して終了してしまいましたよね。それゆえに、このアニメは全体的に散漫な印象になってしまいました。期待していただけに、残念です。

Posted by ミュウ苺 at 2007年09月20日 08:33
>ミュウ苺さま
こんばんは、コメントありがとうございます。
巫君の気持ちの変化はちょっと唐突すぎましたよね。興味対象から恋愛対象へと
変わる過程をもう少しわかりやすくしてほしかったです。

第6話のような話が書けるのですからもう少しなんとかなったと思いますよね。

>たくさんナゾを残して終了してしまいましたよね
おそらく見たほとんどの人がこれで終わり?と疑問符がついたと思います。
私も期待していただけにちょっと肩透かしをくらったかなという気持ちですね。
Posted by そぶ at 2007年09月20日 21:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

CODE-E #12
Excerpt: 消えていた力が復活してしまった千波美。それをきっかけに、サマースクール全体にType-Eの力の影響が拡大してゆくのでした。う〜ん、とりあえず予定通り(?)千波美と光太郎はお互いの...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2007-09-19 21:52

CODE-E 最終話「破滅と再生のこと。」(簡易版)
Excerpt: CODE-Eの最終話を見ました。第12話 破滅と再生のこと。千波美はサマースクールで、消えていたはずの力が蘇ってしまう。朝食が出なかったり、コンビニに閉じ込められたりなど色々災難に遭ってしまう。千波美..
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2007-09-19 21:54

CODE−E #12 [最終回] 「破壊と再生のこと。」
Excerpt: 未完の最終回に絶望したっ!! なんという中途半端に伏線たっぷりと残した最終回でしょう。 茄子漬好きなアドちんには最後まで笑わせてもらえましたがw  ↓  ↓
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2007-09-20 07:21

07月新規他アニメ感想 12週目01 ・CODE-E
Excerpt:  ついにこのアニメ  CODE-E 最終回  ですか・・・ですが!  これはひどい最終回でした!!  やはり編集にかなり問題がありましたね。もともとこのアニメは壮絶な最終回的展..
Weblog: 荒野の出来事
Tracked: 2007-09-21 00:44

CODE-E 第12話
Excerpt: CODE-E 第12話 「破滅と再生のこと。」 脚本:佐藤卓哉、演出:吉本毅、コンテ:加藤敏幸、作監:大久保修・原田峰文・能篠理行 うん……。 そりゃぁ…無理だよね……。 全部収拾すること..
Weblog: 猫以下。
Tracked: 2007-09-24 06:57

CODE-E 第12話(最終話)
Excerpt: 第12話『破滅と再生のこと。』(最終話) 相次ぐ故障、そして斎橋も力を コントロールできなくなってしまう。 B地区で障害発生ですって(にやにや
Weblog: 沖磨純雲 -おきまもとん-
Tracked: 2007-09-24 11:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。