お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(ま行〜わ行)>ロミオ×ジュリエット > ロミオ×ジュリエット 第23話 芽吹き〜死の接吻〜
風は吹く、晴れる空にも荒れる空にも

暴君は去った。そして世界は平和が訪れようとしていた。
忍び寄る崩壊の時を知らないまま。
そしてロミオとジュリエットもそれぞれの道を進み始めるのです。

ロミオ「僕たちはこのネオ・ヴェローナが本当の意味で変わる日まで
    別々の道を進もう

ごめん、もう時間ないですから。・゚・(ノ∀`)・゚・。
まぁ、ロミオ本人は真実をまだ知らないわけで
これで二人の障害はなくなった、時間はたっぷりあるとしか
思っていないでしょうからお互いの職務を全うしようと考えるのも
無理はありません。

しかしその一方で
ジュリエット「呼んでる・・・エスカラスが

ニュータイプ化が進みつつあるジュリエット。
もはや死亡エンドまっしぐらな状況です。

一歩下って見守ろうとするロミオの姿を見かねて
最愛の人が今死にそうになってるのにお前はなんばしよっとか!
と喝を入れるティボ兄ちゃま。
おお、これぞまさしく兄弟愛ですな。

「ごめん兄上、僕が悪かったよ・・・」
「ふふふ、気にするな。でも罰としてお前の体に傷をつけさせてもらうぞ」

アッーーー!

という展開にはならないですか、そうですか。
どうみても思考が婦女子です。ありがとうございました。
そちらのお話は全国の作家様たちにおまかせしておきますね(ぇ

ティボルト「この大地の崩壊を止めるためにジュリエットは
      自らの命を捧げるつもりだ。

ティボルトの口から真実を聞かされたロミオ。
なんだってーーーっと驚いている時間はなくすぐさま
ジュリエットの元へ!
兄ちゃまがいたってことにもう少し驚いてもいいのにね(笑
( ゚д゚)ハッ!
もしかして他にもモンタギューの隠し子がたくさんいて
実はロミオはもう慣れっこになっているってことなのか!

ロミオ「んだよ・・・またかよ・・・所構わず撃ち込みやがって」
とか実は思っているのかもしれません。


ロミオ「キミの為なら喜んで地獄へ落ちる

ジュリエット「本当はあなたと一緒に生きていきたい

剣を取り互いの想いをぶつけ合うロミオとジュリエット
以前に二人が剣を交えるような展開があるとよかったなと書いたことが
ありますが、こういう形でそれをもってくるとは
なかなか演出が憎いなぁ。
ロミオのセリフがまたかっこいいですよね。

言葉で直接伝えるのではなく剣を通じて互いの思いを伝える。
もはや二人の間に言葉などいらないってことかもしれないな。
誓いの剣とりて斗うは、祈りと恋の物語


それぞれの誓いを剣に乗せぶつかり合う二つの熱き想い。
お互いに邪魔をするなら容赦しないと言ってはいますが
相手を本当に斬ろうなんて気持ちはさらさらないのでしょうね。
剣は何も生まない、争いは嫌だとあれだけ言い続けていた二人が
今こうして剣を取りぶつかっている。
それはきっと言葉にしたら今の決意が折れてしまうから
相手の幸せを願うからこそ引くことができないってことなのかも。

そしてジュリエットの剣を弾き飛ばし抱き寄せてのチュー(*´д`*)
軍配はロミオに、そして死の接吻はこの二人のキスのことなのかと思いきや
その唇を最後に奪ったのはオフィーリアさんでした(つД`)

契約の時は来た。今こそ芽吹きの時

オフィーリアとの接吻シーンに妙な興奮を覚えつつも物語は
大変な方向へと進んでいくのであります。
これはなんという百合展開とか思いたくてもオフィーリアさん怖すぎで
それどころではありません。
すっかり以前のかわいらしさはどこへやら、まるで何かに取り付かれたような
形相をしていましたね・・・。
怖いです、怖すぎです。

いよいよ残すところあと1話
ロミオとジュリエットは一体どんなエンディングを迎えるのか
ジュリエットは助かるのか離れ離れになってしまうのか。
悲劇という物語を考慮するならばやはり二人一緒に・・・って形になるのでしょうか。

個人的予想としては締めはウィリーが描いた物語のような形で幕を閉じるんじゃないかと。
これが私の体験した壮大な物語として歴史を語ることになるのか
それともすべてはウィリーの創り上げた物語だったという形なのかはわかりませんが。

誓いの剣は折れることなくその輝きを放ち続けることができるのでしょうか。


TB送り先
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/blog-entry-1419.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/50837038.html



←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
こんにちは、

お世話になります。
いよいよ最後ですね。
今回とてもよかったと思います。音楽も合って素晴らしかった。キスシーンは胸ギュンン!涙出ました!

やっぱ、あの老人はもうひとつのエスカラスかな?

ハーマイオニは3秒シーン ー_−’’
彼女はどうになるのかもっと知りたい。
例えば、ティボルトと結婚とか(笑) ”ロミオ様の兄上なら、喜んで受け取っていただきます”、とかなあ^^。

来週、すごい楽しみ!二人一緒に死ぬか、生き残り一緒にウィリーの舞台見に行くか!

Posted by Kandidy at 2007年09月20日 21:13
>Kandidyさま
こんばんは、コメントありがとうございます。
今回のお話は私も見ててかなりジーンと来てしまいました(つД`)
特にロミオとジュリエットの剣を交えながらの想いのやり取りは
思わず目頭が熱く・・・。

>あの老人はもうひとつのエスカラスかな?
そうなのかもしれませんね。消え逝くからこそロミオに何かを伝えたかったのかも。

ハーマイオニさんのことすっかり忘れてました(つД`)
ちらっとだけ出てきましたけど、確かにティボルトと結婚はいいかも(笑

ティボルトがもっと活躍するような展開を期待していただけにちょっと
残念な部分もあります。

最終幕、ほんとにどうなってしまうのか楽しみですよね。
幕が下りた時、テレビの前で流す涙は喜びなのかそれとも悲しみなのか。
Posted by そぶ at 2007年09月20日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ロミオ×ジュリエット #23 「芽吹き〜死の接吻〜」
Excerpt: あぁ、美しき兄弟愛 ティボ:「ロミオ、行け!お前の愛でジュリエットを救ってやれ!」 ロミオ:「ありがとう、兄上!」 ティボ様の台詞がクサイ!でもそれ以上に 兄弟愛の芽吹...
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2007-09-20 18:03

ロミオ×ジュリエット 第23話「芽吹き〜死の接吻〜」
Excerpt: 「保たれし調和、永劫に受け継ぐべく摂理、女神の頬、濡れる時、選ばれし汝、紅き産毛を持って、拭うべし・・・!!」 そう語り、ジュリエットに襲い掛かるオフィーリアは、最早怨念の塊としか思えない。 ..
Weblog: のほほんホビー
Tracked: 2007-09-20 20:51

『ロミオ×ジュリエット』#23「芽吹き〜死の接吻〜」
Excerpt: 「キミの運命は僕の運命」 モンタギュー亡き後、剣を取ったジュリエットを見て大公の後を継ぐ決心がついたと勘違いしたロミオちゃん。 大公の座をキャピレット家に明け渡し、自分...
Weblog: ジャスタウェイの日記☆
Tracked: 2007-09-20 21:10

ロミオ×ジュリエット 23幕 芽吹き
Excerpt: ジュリエット・フィアンマータ・アースド・キャピュレット殿 亡き父に代わりキャピュレット家に大公の座を譲り渡すことを誓います ネオベローナ大公は今よりあなたです どうかネオベローナ人々を救って..
Weblog: ネコのあしあと
Tracked: 2007-09-20 22:48

ロミオ×ジュリエット 第23話「芽吹き〜死の接吻〜」
Excerpt: 君の運命は、僕の運命――。 ネオ・ヴェローナはキャピュレット家に取り戻された…。 戴冠を前にジュリエットは、エスカラスの元へ向かう。 ロミオは、ティボルトからジュリエットに運命を聞かされ止め..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-09-21 01:24

ロミオ×ジュリエット 第23話 「芽吹き〜死の接吻〜」
Excerpt: ロミオ×ジュリエット   現時点での評価:3.5〜   [ファンタジー]   サンテレビ : 火曜 25:10〜   CBC : 水曜 25:45   TBS : 木曜 26:25〜   ..
Weblog: アニメって本当に面白いですね。
Tracked: 2007-09-21 02:59

ロミオ×ジュリエット 第23話
Excerpt: 「芽吹き〜死の接吻〜」 ティボルトが熱い!! モンタギューが倒れ、いよいよキャピュレット家復興の時。 コンラッドは急いで戴冠の儀を行おうとし、ロミオもまたモンタギューの息子である自分がネ..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-09-21 17:56

レビュー・評価:ロミオ×ジュリエット/第23幕 芽吹き 〜死の接吻〜
Excerpt: 品質評価 0 / 萌え評価 0 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 33 / お色気評価 50 / 総合評価 16<br>レビュー数 6 件 <br> <br> ついにキャピュレット家の元にネオ・ヴェ..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-09-21 18:15

ロミオ×ジュリエット #23
Excerpt: モンタギュー大公が亡くなり、ロミオは大公の座をジュリエットへと譲り渡しました。そして、ジュリエットはロミオに知らせることなく、1人エスカラスの元へと向かうのでした。ジュリ...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2007-09-21 21:30

(アニメ感想) ロミオ×ジュリエット 第23話 「芽吹き〜死の接吻〜」
Excerpt: ロミオ×ジュリエット -III- ついにキャピュレット家の元にネオ・ヴェローナ城は取り戻された。コンラッドは戴冠の儀を進めようとするが、ジュリエットはエスカラスへ導かれ、オフィーリアの元へ向かっ..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-09-21 22:01

ロミオ×ジュリエット【第23幕】「芽吹き~死の接吻~」
Excerpt: ロミオから太閤の座を受け渡されたジュリエットだがその顔は曇っていた キャピレットの旗が掲げられ、民衆は安堵し、すぐにでも戴冠式をしたいのだがジュリエットが行方不明になる 自身がどんどんと酷くなる中、エ..
Weblog: フカヒレ家
Tracked: 2007-09-22 15:12

ロミオ×ジュリエット 第23話
Excerpt: 第23話「芽吹き〜死の接吻〜」 死の!?・゚・(ノД`;)・゚・
Weblog: てぃるみっとのまったり時々毒舌生活
Tracked: 2007-09-22 21:47

ロミオ×ジュリエット#23「芽吹き〜死の接吻〜」感想
Excerpt: キャピュレットの娘は代々エスカラスとともに生きる。世界を崩壊から救うためにジュリエットはエスカラスの元に向かう・・・。「ロミオ・・・貴方との約束、守れない・・・。」「芽吹き〜死の接吻〜」あらすじは公式..
Weblog: おぼろ二次元日記
Tracked: 2007-09-23 07:48

ロミオ×ジュリエット 第23話『芽吹き〜死の接吻〜』
Excerpt: [[attached(1,center)]] ネオべローナを取り戻し、15年に渡るモンタギューとキャピュレットの戦いにも終止符が打たれ、誰もが新しい大公に期待と安堵をする中、まだ、全てが終わっていな..
Weblog: 彩彩華美
Tracked: 2007-09-23 11:44

ロミオ×ジュリエット  第23話 「芽吹き-死の接吻-」
Excerpt: 今話を含む一連のネオ・ヴェローナの政権交代劇。 新末東漢初と良く似ています。 支那の王朝・新が滅びて、光武帝により東漢がおこるまでが新末東漢初。 赤眉の乱、緑林軍騒動、更始帝の即位など各種混乱が..
Weblog: 神奈川辺境交通(かなへん)
Tracked: 2007-09-23 16:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。