お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(ま行〜わ行)>ロミオ×ジュリエット > ロミオ×ジュリエット 最終幕 祈り〜きみのいる世界〜
「争い…憎しみ…悲しみ…痛み、それらのすべてを終わらせることが出来るもの
 それは・・・愛」限界を超え崩壊が始まったネオ・ヴェローナ
その崩壊を止めるにはジュリエットの命を捧げるしかない。
ジュリエットの中に眠るエスカラスの種を開花させようとするオフィーリア
それを止めようとするロミオ。
ついに最後の幕は上がりました。

えー、そんなわけでロミジュリ最終回を見たわけですが
今回の感想がちょっと辛口になるのをお許し下さい。


ロミオ「ジュリエットは挿し木になることを拒んでいるんだ

ロミオがオフィーリアに言ったこの言葉。
これがもし真実とするならば
最後にジュリエットがとった行動は一体なんなのでしょうか。
ロミオを失い、自ら挿し木になることを選んだジュリエット。
ネオ・ヴェローナを救うために彼女は体を張った。
と捉えるときれいなのかもしれないけれど、彼女は先のロミオのセリフのように
挿し木になることを拒んでいるんですよね。

じゃあ、どうして彼女の気持ちが変わったのか
それはつまり

ロミオが死んでしまったからに他ならないのですよ。

ロミオのいない世界なんて嫌だ、死ぬ時は一緒だと決めたから彼女は自らの
命を捧げることにした。
結果として二人は英雄となったわけですが、どうしてもそこへ行き着く理由が気になってしまいました。

ロミオ「この世界で一番尊き存在、それはこの世界に生きる人たちだ

一見、ロミオの言ったこのセリフはすばらしいと思えます。
しかし、前回同じようにこの世界に生きる人々の為に自らの命を捧げようとしたジュリエットを
ロミオは止めているんですよね。
ロミオの言葉にはジュリエットを含めてこの世界に生きる人と言っているのかもしれませんが
やはりジュリエットが存在してこその前提なんですよね。
人々を守るためだったならばあそこでジュリエットを止めようとはしないはず
たとえ世界が滅びようとしてもジュリエットには死んで欲しくない。
という思いがあったからに他ならないと思うんですよね。

それが悪いってわけではないけれど、じゃあ、お互いに課せられた使命とか責任というのは
どうなってしまうのって考えてしまうんですよね。

すべてを投げ打ってでも恋に走る。
良くも悪くも最後の最後までこの物語は二人の純愛物語だったんだなぁと認識させられました。

と以上、ちょっと斜めにこの作品を見た感想を述べてみた。


今回、一番驚いたのはやはりロミオの死ですかね。
オフィーリアを打ち破り、ロミオとジュリエットは助かった。

と思った次の瞬間、ロミオの体はオフィーリアの最後の一撃によって
貫かれていた。

え?ロミオさん?何か背中から出てるよ?(汗

ロミオ「幸せだよ、ジュリエット。君のいる世界で生きることが出来て
    ジュリエット・・・もう君の名を呼べない・・・君の姿が見えない・・・

汗で画面がみえましぇん。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ジュリエットとロミオは共に旅立つことで結ばれることになるだろうとは思っていましたが
ロミオを先に旅立たせることでジュリエットの使命を成功させるとはなかなかうまく
まとめてきましたな。

ジュリエットたちのおかげで救われたネオ・ヴェローナ
そしてそれから月日が経ったようですけれど

あれ?ペン坊が抱いてる赤ちゃんって・・・まさかコーディリアの子じゃないよね?
違うよね?近所の赤ちゃんを預かっているだけだよね???

そうだと言ってくれぇぇぇぇ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

勝ち組だ・・・紛れも無く奴は勝ち組だ・・・。
やはりあの時一思いに・・・(マテ

キュリオは何やらお店を始めたようですが、ここのシーンで
さりげなくバラとアイリスの花が寄り添っていましたね
この演出はなかなか憎いな(*´д`*)
二人はやっと結ばれることができたってことを意味しているのでしょうなぁ。

そして大きくなったアントニオに惚れた(;´Д`)ハァハァ

アントニオかわいいよアントニオ

間違ってるよな・・・明らかにおれの反応は間違っているよな・・・・。

ティボルト「いや・・・これは・・・弟のなんだ

ティボルト最後にキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
なんだかんだ言ってちゃんとロミオとの約束を守ってあげているところに萌えた!
ちなみにあの竜馬ってシエロだよね?
ちらっと子供も見えたような気がするし。

「風が気持ちいい」

ランスロットの奥さんも登場。
風はちゃんと吹きましたね(つД`)

ウィリー「争い…憎しみ…悲しみ…痛み、それらのすべてを終わらせることが出来るもの
     それは・・・愛。人を愛する喜び、そのことをあなたたちは教えてくれた

ここまでずっと応援してきた作品なだけに最後も奇麗ごとを書いて終わろうかとも思いましたが
愛するがゆえにあえて鞭を打たせてもらいました。(Sじゃないけど)


総括っぽいもの

4月スタートのアニメの中で最も気合を入れて応援していたこの作品。
全体としてきれいにまとまったのかなぁとは思うものの、どこか物足りなさが残ったのも確か。
モンタギューって必要だったんだろうか・・・とかね。
ロミオとジュリエットの純愛劇が中心にあったものの、ロミオとジュリエットがそれぞれ向かう先が
今ひとつあやふやでせっかくのキャピュレット家とモンタギュー家という設定が
うまく活かしきれていなかったようにも思いました。

ドロドロした展開とまでは言わないけれど、もう少しロミオとジュリエットがぶつかるシーンが
あっても面白かったのかなぁとね。
二人の置かれている境遇をもう少しうまく活かして欲しかったかな。

まぁ、それを含めても半年間楽しませていただいたのでありがとうございました。
私の感想で一人でもこの作品を知るきっかけとなっていただけたのなら幸いです。


TB送り先
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/blog-entry-1432.html
http://blog.livedoor.jp/darth_mayuge/archives/50941203.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-373.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/50840014.html
http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/200709260000/
http://nohohonhobby.blog39.fc2.com/blog-entry-432.html
←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
地球規模でお久しぶりです…!! 私です米粒です覚えてらっしゃいますでしょうか笑 思えば一ヶ月以上のご無沙汰で…!!

実は私、人生で初めて本気で「死んだかも」と感じた経験をいたしましてですね…笑 あ、でも生きてますのでどうぞご心配なく!!笑

ロミオ×ジュリエット、私も凄く気になっていた作品だったのですが私の住んでる場所では放送されてないみたいです… というかそぶさんが紹介されている作品のほとんど(…全て?)が放送されず… しっかりしてくれよ北国!!


日々の健康に感謝しこれからの毎日を生きることを誓った米粒でございました(*TヮT*)
Posted by 米粒元気 at 2007年09月28日 18:42
>米粒元気さま
一万年と2千年前からおひさしぶりです(謎
こんばんはー、ええ覚えてますとも(笑
確か一ヶ月半ぶりぐらいな?

って何やら大変なことになっていらっしゃったんですか?
死んだかもって・・・。
今は大丈夫なのかな?
お大事にしてくださいませ。

そうですかー、米粒元気さんのところでは見られませんでしたか(つД`)
私の選ぶ作品っていつも周りとずれているというか
地域限定が多いんですよね・・・。
基本、天邪鬼なんであんまり注目されていると避けてしまうところがありまして(汗

ロミジュリはまたネットで無料放送がやる時があるかもしれないので
その時に是非ご覧になってみてください。
気づいたらちゃんとブログで紹介しますので^^

>しっかりしてくれよ北国!!
北国ということはもしや!?

くれぐれもお体には気をつけてお過ごしくださいませ。
そしてまた元気なコメントをいただけるのを楽しみにしております。
健康であるということはすばらしいことですよね(つД`)
Posted by そぶ at 2007年09月29日 00:26
はじめまして、よろしくお願いいたします。
もう何年も経ってからの投稿という事になってしまいましたが・・・
勿論、見ておりました。睡魔との戦いでしたけども。
物語の内容として、原作を踏襲しながらオリジナル的な要素(革命や大樹の謎等)のアイディアを盛り込む工夫の努力は評価できるのですが、あまりにもそちらの方に固執してしまい、作品の本来の意味(悲恋の要素)が
おざなりになってしまったのではないかという気がしてなりませんでした。
特に最終回辺りがその影響が強く出たようで、ウィリーの最後の台詞のインパクトが
薄れてしまったと思いました。
作品全体としては、良質の部類であり、鑑賞に十分耐えられる内容でしたが、その辺りが
残念で勿体無いと感じました。

アニメで「ロミジュリ」といえば、30年程前に公開された某映画作品
(正確にはロミジュリを元にした作品ですが、私の世代でしたら真っ先に思い浮かぶと
思います。特に声優の起用や音楽の扱い方は
先駆者であり、豪華絢爛さは凄いものがありました。機会があったら温故知新という意味で見てほしいなと思うところですが・・・
私情が過ぎてしまい申し訳ございません。)
を体験した愚にも付かない年寄りの私としては、本家本元版の作品が見られるというので
期待していたのですが・・・
改めて勿体無いなあと思いました、はい。
Posted by オリヴィエ&マルセル at 2010年12月05日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


『ロミオ×ジュリエット』#24「祈り〜きみのいる世界〜」(最終回)
Excerpt: 生きるときも死ぬときも、二人は永遠に共にある―― いよいよ最終回ですよ〜。 いろいろいいたいことはありますけど、とりあえず順序よくいっときますか♪ ジュリエットがオフ...
Weblog: ジャスタウェイの日記☆
Tracked: 2007-09-27 23:00

ロミオ×ジュリエット 第24話「祈り〜きみのいる世界〜」
Excerpt: ふっふっふっ、ついに来てしまった最終回。 何だかもう、キャピュレット家にモンタギュー家、各々の存続なんて二の次ってな感じ?? そう、問題はそんな小さな事柄では治まらず、最早世界の崩壊が眼前..
Weblog: のほほんホビー
Tracked: 2007-09-27 23:01

ロミオ×ジュリエット24話「祈り〜きみのいる世界」(最終回)
Excerpt: いよいよこの物語も最終回です!!今回は結末がどうなったのか?これにみなさん焦点があると思いますので、ネタバレいやな方は絶対読まないことをおススメします♪  エスカラスの崩壊。ネオ・..
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2007-09-28 01:16

ロミオ×ジュリエット 24幕 祈り
Excerpt: 涙が止まらない――――――――――!!! 静かに静かにでも自分の意志では止められない アバンなんて前回見ているはずなのに ロミオの叫びに ダ―――――――――!!!!
Weblog: ネコのあしあと
Tracked: 2007-09-28 01:48

ロミオ×ジュリエット #24 [最終回] 「祈り〜きみのいる世界〜」
Excerpt: 「いや…これは弟の…なんだ」 ティボ様にシビレタ〜〜〜〜〜 あまりにこのティボルト@おっきーさんにキュン死にしそうでして(笑) 優しい笑顔+白シャツ+素敵すぎる声のトリ...
Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
Tracked: 2007-09-28 07:24

ロミオ×ジュリエット #24
Excerpt: エスカラスの崩壊によって、ネオ・ヴェローナはネオ・ヴェネツィアになりました。めでたし、めでたし・・・といった感じの最終回でした。(^^;今期の期待作の1つだったのですが、最後...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2007-09-28 10:46

ロミオ×ジュリエット 第24話
Excerpt: 「祈り〜きみのいる世界〜」 生きる時も死ぬ時も、永遠に二人は共にある!! まさにそんな最終回でした。 傷だらけになりながらも、逝く手を阻むように伸びてくる枝をかきわけ、意識を失ったジュリ..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-09-28 17:49

(アニメ感想) ロミオ×ジュリエット 第24話 「祈り〜きみのいる世界〜」
Excerpt: ロミオ×ジュリエット -II- 崩壊の大地。ネオ・ヴェローナは人々の意思を飲み込むかの様に、激しく鳴動してゆく。エスカラスの命が尽きようとする中、やはり命を止めてしまったかのように動かないジュリ..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-09-28 18:43

レビュー・評価:ロミオ×ジュリエット/第24幕 祈り 〜君のいる世界〜
Excerpt: 品質評価 10 / 萌え評価 10 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 20 / シリアス評価 60 / お色気評価 10 / 総合評価 18<br>レビュー数 10 件 <br> <br> 崩壊の大地。ネオ・ヴェローナは人々..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-09-28 19:19

ロミオ×ジュリエット 第24話 「祈り〜きみのいる世界〜」
Excerpt: もう離れない。永遠に――。 ネオ・ヴェローナの崩壊を止めようと命を捧げたジュリエット。 ロミオは運命に抗いジュリエットを助けようとする…。 世界の運命か、愛か、選択の時――。 ロミ×ジ..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-09-29 02:23

ロミオ×ジュリエット 第24話 「祈り〜きみのいる世界〜」(最終回)
Excerpt: ロミオ×ジュリエット   評価:3.0〜3.5   [ファンタジー]   サンテレビ : 火曜 25:10〜   CBC : 水曜 25:45   TBS : 木曜 26:25〜    K..
Weblog: アニメって本当に面白いですね。
Tracked: 2007-09-29 02:31

ロミオ×ジュリエット 第24話 「祈り〜きみのいる世界〜」
Excerpt: 最終回ラッシュで、少し頭がごちゃごちゃですが…。 アニメ「ロミオ×ジュリエット」の放送が終了しました。 最初はベタだけど、まぁまぁ面白いなと思って視てたのですが、やや途中から 偽善っぽくなってし..
Weblog: 神奈川辺境交通(かなへん)
Tracked: 2007-09-29 11:51

ロミオ×ジュリエット#24(最終回)「祈り〜君のいる世界〜」感想
Excerpt: ゴロゴロゴロ・・・白ティボ様に転がりまくりです!!!白いリューバに白いシャツ、なびく髪の毛に優しいヴォイス・・・反則よ、反則ーーー!!!ギャボー!!!「祈り〜君のいる世界〜」あらすじは公式からです。崩..
Weblog: おぼろ二次元日記
Tracked: 2007-09-29 19:58

ロミオ×ジュリエット 最終話
Excerpt: 第24話「祈り〜きみのいる世界〜」 恐ろしいラスボス、オフィーリアw
Weblog: てぃるみっとのまったり時々毒舌生活
Tracked: 2007-09-29 20:41

ロミオ×ジュリエット【第24幕】「祈り~きみのいる世界~」
Excerpt: ネオヴェローナの崩壊と共にジュリエットはエスカラスとの契約がされる それでもジュリエットを助けようとするロミオ ジュリエットを、ロミオを助けようとティボルト、キュリオ、フランシスコも加わる ロミオの叫..
Weblog: フカヒレ家
Tracked: 2007-09-29 21:51

ロミオ×ジュリエット 第24話『祈り〜きみのいる世界〜』
Excerpt: 感動した!! 思っていたよりも良いラストを迎えられたと感じます。いくつもの終わり方を予想し、その一つの結果へ結びつきましたが、そのラストを迎える過程でほんとに「そうくるか!?」と自分でも予想していな..
Weblog: 彩彩華美
Tracked: 2007-09-30 14:56

運命のごとく…
Excerpt: ロミオ×ジュリエット 第24幕 前回、言ったとおり…。
Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt
Tracked: 2007-10-02 00:29

ロミオ×ジュリエット #24「祈り〜きみのいる世界〜」(最終回)
Excerpt: 「いや…これは 弟の…なんだ」 ティボ様〜〜〜〜☆'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ 優しい笑顔…、そして素敵ボイスにキュン死しましたww ロミジュリもとうとう最終回。 原作で悲劇..
Weblog: *菜那のつぶやき*
Tracked: 2007-10-02 16:03

『ロミオ×ジュリエット(Romeo×Juliet)』 ジュリエット
Excerpt: 『ロミオ×ジュリエット』のジュリエットです。 何だか剣を片手に薄笑いを浮かべておりますが、劇中のジュリエットとは、かなりイメージ違ってると思います。 実際の彼女は、もっ...
Weblog: ゆったりイラスト空間
Tracked: 2007-11-25 19:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。