お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(放送中)>バンブーブレード > バンブーブレード 第2話 ブレードブレイバーとお弁当
友達が、できました。

外山と剣道対決をすることになったタマちゃん。
一番小さいサイズの袴を着るものの全くサイズの合わないタマちゃん。

珠姫「すいません、小さくて

何も謝ることはない!むしろ貴女の場合小さいことに意味がある
価値があるのですよ!
どうかそのままで、ずっとそのままで!
いつまでも変わらない貴女でいてくださいぃぃぃ(*´д`*)

ほんっとにもうかわいいったらありゃしない。
袴の余った部分をパタパタやってるしぐさとかさりげなく萌える。

珠姫「お父さん、お母さん、高校生になりました。

お父さん、お母さんタマちゃんは俺の嫁になりました。

タマちゃんの突きが炸裂。
やっぱり止めは突きでございましたか。
六三四の剣を思い出しましたが、やはり剣道において突きはとても危険なのでしょうね。
外山は完全に放心状態でざまあみろってかんじですが、女の子にも容赦ない姿は
普通に殺意が沸いてきますね。
おれの珠姫(たまひめと呼んでね)に何をする。

そして剣道部に入ることになったタマちゃん。
その理由が正義の為というのがいいのか悪いのか(笑


っていうか朝出かける前にアニメを見るなんて私と同じじゃないですか!?
なんという巡り合わせ、これはもう私たちは出会うために生まれてきた
としか言いようがない趣味の一致ですよ。
偶然と言うより必然ですよ。

これはもう二人で一緒に剣道やるしかないですね。
ええ、ちょうど私も竹刀を一本持っていますし。
さぁさぁ、タマちゃん、この竹刀を思う存分振り回すといいよ!

珠姫「この竹刀・・・小さい・・・」
。・゚・(ノ∀`)・゚・。


お弁当を一緒に食べる剣道部の皆さん。
タマちゃんのお弁当は日の丸弁当でしたけれど、これは自分で
進んで日の丸にしているのか家庭の事情によるものなのかどっちなのでしょう。

今すぐ大量の食材を宅急便で送ってあげたいと思ったのはきっと
私だけじゃないはず!むしろ私自身を送りつけてやる!(オチツケ

どちらにしてもタマちゃんに餌付けする剣道部の皆さんが
うらやまs・・・もといすばらしき友情ですね。

あ、とりあえず段十朗君は死ねばいーと思うよ(ひどっ

個人的にキリノさんもポイント高いんですよねぇ。
あの豊口さんの口調っていうかちょっとまったりした感じが病み付きになります。
そして意味不明な下半身ショットがありましたけど

あの女の子座りって私大好きなんですよ!!
紀梨乃「流れる汗!ほとばしる汗!はじけ飛ぶ汗!輝く汗!
なんかこの子、私と同じ匂いがぷんぷんするよ!!

わかってるなぁ、うんキリノさんはわかってるよ(;´Д`)ハァハァ
一生懸命動き回った後に飛び散る汗、汗!汗!
まさにそれはアクア・ウイタエですよ!

っていうか湯気でてる湯気(笑

タマちゃんが汗で濡れ濡れになる日はいつでしょうか。


先生がんがれ超がんがれ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

BAMBOO BLADE #2
Excerpt: アバンはブレードブレイバーなる特撮ヒーローらしき番組をタマちゃんが見ているところから。・・・どうやらタマちゃんが正義の味方を志したのは、この番組が原因のようですね。第1話...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2007-10-13 22:22

レビュー・評価:バンブーブレード/第2話「ブレードブレイバーとお弁当」
Excerpt: 品質評価 21 / 萌え評価 57 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 42 / シリアス評価 26 / お色気評価 5 / 総合評価 25<br>レビュー数 19 件 <br> <br> 新入部員の中田勇次と共に珠姫入部の作..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-10-15 19:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。