お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(放送中)>もっけ > もっけ 第11話 ダイマナコ
妖怪の世界にもSやMってあるんですね。

今回はダイマナコという妖怪のお話。
笠をかぶった一つ目の妖怪ですが名前の通り大きな眼が不気味です。
オオナマコと間違えないように注意してください(しねーよ)

道端に落ちている針を拾ったことでダイマナコに目を付けられた瑞生。
後で針山をプレゼントされてましたけど、あの落ちてた針でダイマナコは
目を負傷したってことなのだろうか。

昔からの伝統というのはなかなか薄れてきてますけれど
今でもおせち料理だけは昔ながらって多いですよね。
おせち料理の一つ一つがおめでたいものとして意味があるものとは
知らなかったなぁ。
最初はおいしいって食べるけど、何日も続くと飽きてしまうんだよなぁと
見てて思いました(笑

門松や注連縄を見つめる静流でしたが、今はまだ我が家も飾ってますけど
いつか飾らなくなるときが来るのかもしれませんね。
昔古来の伝統、無くなっていくのもあるけれど
守っていかなければならないものも確かにあるのかもしれないね。

相手にしてくれる人が少なくなったとどこか寂しそうなダイナマコ
別れる際、おれを罵ってくれと懇願してましたが

これはもう生粋のMですね(笑

このメス豚が!とか
おれの目の前に二度と現れるな!とか
言われると快感なのでしょうか(マテ

あー、でも静流さんになら言葉責めされてもいいかも(*´д`*)
←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

もっけ #11
Excerpt: 師走のある日、静流はダイマナコという厄神と出会いました。佐保さんと出会ったことも関係しているのかもしれませんが、静流は物の怪のことに詳しい分だけ最新の流行には疎いようです...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2007-12-14 21:10

もっけ  第11話  「ダイマナコ」
Excerpt: 1/15頃の小正月に門松やしめ縄などを燃やす年中行事、  …「どんど焼き」―――。
Weblog: 神奈川辺境交通(かなへん)
Tracked: 2007-12-17 00:01

もっけ第11話「ダイマナコ」
Excerpt: ダイマナコも原作の中では好きな話の一つだな。アニメではあまり生活感が感じられなかったのと、ダイマナコの声がイメージと違ったのとが残念だったが、まああれはあれでアリだろう。ダイマナコが変に人間ぽいと言う..
Weblog: アニメの襲撃者
Tracked: 2007-12-17 14:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。