お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > その他>アニメ > 今年一年のアニメを振り返ってみる
人生において勝ち組か負け組かだって?
そんなもの、そういう論議が出来る時点で勝ち組に決まっているだろ。
不自由のない生活が出来る。これがどれだけありがたいことかを知れ。

そんなことをとある番組を見て思った。

web拍手レス

>プリキュアの新メンバーはきっとデスパライアに違いない!
>あっ、そーかぁー あるあるwwww ・・・・・・ ねーよw


>プリキュアの新メンバーは「ミルキィローズ」です
>デスパライアじゃないですw ってか、常識で考えて下さいwww


えー、違うの〜??
おかしいなぁ、かなり核心突いちゃったとおもったのになー。
そうですか、新キャラさんはミルキィローズなのですか。
あ、でもデスパライアの生まれ変わりがミルキィローズって可能性はないですかね?(まだ言うか)
ミルキィローズだからミルクの妹さんとかそういうことなのかなぁ。

はっ!
もしかして実は女の子と見せかけて男の子なんじゃ・・・(オイ


>サーセン。ところで、今年のナンバーワン・アニメは、何でしょうか?

一年を振り返る記事を書こうか迷っていたんですが、ちょうど良い機会なので
私なりのこの一年を振り返ってみますね。

今年もたくさんのアニメが放送されてきたわけですが
私がここでランキングを付けるのもいいですが、ランキング付けできるほど
見ていませんし、たぶん私の知らない名作もあると思うので
私個人的に面白かった、オススメしたい作品を挙げてみたいと思います。
ちなみにここで挙げるのは開始時期・未終了作品に限らず
2007年に放送されていた作品です。

まず、web拍手の問いに答える形となりますが
今年放送された中で一番最初に推したいのが「精霊の守り人」ですね。

アニメーションという分野においてその進歩がわかる迫力の映像と音楽。
まずその絵の美しさに魅了されました。
物語自体はとてもゆっくりと進んでいきますが、要所で見せる
格闘シーンは必見です。
チャグムかわいいよチャグムが流行語大賞になったのは記憶に新しいですよね。
(なってないなってない)

ちなみに見る前はチャングムと勘違いしていたのは内緒です。


次点としてオススメしたいのが「瀬戸の花嫁
あ、小柳さんの方じゃないので間違えないでね。(わかる人にはわかる)

ギャグのセンス、テンポの良さは秀逸。
全話通して笑わせてもらった作品。
こんなテンションで大丈夫なのかと開始当初は思いましたが
気づいてみれば最後までハイテンションで駆け抜けていったかんじ。
ちょっぴりえっちなシチュエーションもあったりしますが
決して萌えだけでは終わらない面白さがこの作品にはあります。

とりあえず言っておく
巡ちゃんになら逮捕されてもかまわない!
いや、むしろ逮捕して!拘束して!永遠に捕まえていて!!(夫として)

あ、今ちょっと素敵なプロポーズの言葉を考えつきましたよ!

僕はこれから君を逮捕しなければならない。
 なぜなら君は・・・・僕のハートを盗んだから

そして君はこれからその罪を生涯をかけて償わなければならない
 僕の伴侶として・・・・・結婚しよう

キタ━━━━(゜∀゜ )━━━━!!!!





ふっ、北風が身に凍みるぜ・・・。


そんなわけで(どんなわけだ)
上記の二作品は見ておいて損はない作品かと思います。


超個人的ジャンル別ベストコーナー(わーー、パチパチどんどん)

・一番萌えたで賞
「BAMBOO BLADE」

タマちゃんの笑顔におれの竹刀がそそり立つ!(最低


・一番感想が熱かったで賞
「金色のコルダ」

何度でも言おう

冬海ちゃんはおれの嫁


・一番ぷにぷにしてたで賞
「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」

めーちゃんのかわいさは高速スライダー(松坂)よりもキレがあった。
思えばこれが体操服短パンの時代(おれ的)の始まりだったのか。


・一番熱かったアニメで賞
「天元突破グレンラガン」

ヨーコ本はとどまるところを知りません(何の話だ)


・大きくなって魅力半減しちゃったで賞
「コゼット」(レ・ミゼラブル 少女コゼット)

感想辞めちゃってごめんなさい・・・。


・べ、別に全然期待なんてしてなかったんだからっ・・でもちょっとだけ好きかも
 ちょ・・・ちょっとだけなんだからねっ!な予想以上に面白かったで賞
「sola」

謹んで遠慮させていただきます


よし、飽きてきたのでこんなところで(オイ

今年一年もいろいろなアニメが放送され、絶賛されたり物議をかもし出したりと
いろいろありましたね。
一年が終わるということは新たな一年の始まりでもあります。
来年はどんな素敵なアニメとの出会いが待っているのでしょうか。

※1月スタートアニメチェックは明日にでも書こうと思ってます。


posted by そぶ at 13:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他>アニメ
←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
 「コゼット」は最終回がとても感動的で良かったです。色々原作を改変したみたいですが良い方向に行ったのではないかと思います。51話のテナルディエに対するマリウスの態度が原作のそれと180度違いましたし^^それにつけてもコゼットの娘かわいいよコゼットの娘(http://www.moe.ro/amazon/20071230.html#p03
Posted by 餃子少年 at 2007年12月31日 23:27
>餃子少年さま
こんにちはー、コメントありがとうございます。
コゼットの最終回、とても感動的で良かったですね。
過去の回想シーンがOP曲と共に流れたところはもう目頭が思わず熱く・・・。
なるほど、原作とかなり違っていたのですかー。
52話通して非常にすばらしい出来の作品だったなと思います。
ラストもきれいな終わり方でしたしね。

>それにつけてもコゼットの娘かわいいよコゼットの娘
あのかわいさはどうみても異常ハァハァ
まさしく幼き日のコゼットそっくりですけれども
再びあそこから新しい物語が作られていくんですね。
今度は幸せに満ち溢れた物語が。

辛い幼少期を過ごしてきただけに、きっとコゼットは良いお母さんになりますよね。
バルジャンやファンティーヌさんの想いと共に・・・。

まさしく名作劇場でございました。
Posted by そぶ at 2008年01月01日 13:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。