お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(放送中)>もっけ > もっけ 第14話 ツエザクラ
こんな杖いずれ朽ちる。おれだっていずれ死ぬ

何かひとつココロの拠り所にすることで、精神的に強くなれることって
ありますよね。そのもの自体には何の効果がなくとも
それがあるだけでリラックスできていつもよりもうまくいく。

桜木の杖を拾った瑞生はそれが何らかの力を持っていて
自分を助けてくれると信じ込んでいた。
その杖さえ持っていればなんだってできる。
どこへだって行けると思い始めた瑞生。

でも真実は杖はなんの力もなく、襲ってきた物の怪を追い返したのも
物事がうまく進んだのもすべては瑞生本人の力だったわけだ。

瑞生自身の成長を垣間見れたエピソードでしたが
思ったよりも彼女は彼女自身が知らないところで成長してきているんですね。
おじいちゃんや今回のような杖に頼ることで苦難を乗り越えてきた瑞生。

おじいさんが言ったようにいつかは頼れる人がいなくなる。
自分だけで乗り越えなければならない時が来る。
今はまだいいけれど、来るべき日の為に少しずつでも
強くならなければいけない。
それを知ったことでまた少し瑞生は成長することが出来たのでしょうか。
←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

もっけ #14
Excerpt: つむじ風のような物の怪に悩まされていた瑞生は、ある日不思議な杖を拾いました。その杖を持っていると、物の怪を寄せ付けないようにできるのです。お祖父さんは、それはただの棒だと...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2008-01-17 07:19

もっけ第14「ツエザクラ」
Excerpt: 何かのきっかけがあれば、人は強くもなれる。しかし、その「きっかけ」に頼り切ってしまうと、自分自身の本当の力を見失ってしまうかもしれない。と言う話だな。静流に見えていた桜は、瑞希の力とか、可能性とか、そ..
Weblog: アニメの襲撃者
Tracked: 2008-01-20 15:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。