お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(放送中)>ポルフィの長い旅 > ポルフィの長い旅 第3話 父さんを迎えに
さりげなく伏線が張られていく・・・。
それにしても風になびくミーナの髪はいい(*´д`*)
妙なこだわりを感じたのは気のせい?

第3話で新キャラが一人追加されました。
コリーナといういかにもお嬢様キャラしていますってかんじの女の子。
汚い手で車にさわるなとポルフィに注意する父親でしたが、親が親だから子も子だなという性格。
いわゆる上から目線のよくある嫌なやつって部類でしょうけれど、今後もいろいろと
ポルフィたちにちょっかいかけてくるんでしょうかね。

ポルフィたちのことを嫌う一方でザイミスには親しげな行動をする辺り、ザイミスのことが
好きってことなのかもしれないよね。
でもそのザイミスはミーナのことを・・・って流れになりそうだし、そうなるとコリーナの嫉妬の嵐が
降り注いできそうな予感もする。

今日は父親が帰ってくるということで
街まで迎えに行くポルフィとミーナ。

二人で食べたアイスキャンディーは明らかに間接キスだよなぁ(ぇ
先に食べさせて、その後を舐めまくるポルフィにただならぬシスコン臭を感じたのは・・・
うん、気のせい(笑

ああ、そうさうらやましいだけさ。

ミーナ「振り向いたら、オルペウスはエウリュディケに永遠に会えなくなるんだよ

うわぁぁぁ、なんという伏線・・・。
というか冒頭のギリシャ神話がここに繋がっていたとはなかなかうまい演出。
振り向いてしまえば二度と会うことは出来ない。
やがて二人に訪れる過酷な運命に只ならぬ思いを予感させられてしまうような
なんとも深すぎるミーナの言葉。
ついついいろいろと良くない方向を考えてしまうのは致し方ないところか。・゚・(ノ∀`)・゚・。

父が乗っているバスが到着するのを刻々と待つポルフィとミーナ。
しかし、待ってもバスが来る気配がない。到着してもそこに父親の姿はなく
思わずもしかしてこのまま来ないのでは・・・。
という考えが私を含めた視聴者の頭にもよぎったことでしょう。

この辺りの演出の仕方がなんともうまいなぁ。
二人の心の中の不安感が増幅していくのが手に取るようにわかり、見てるこちら側も
思わず引き込まれてしまうような、一緒になって父親の帰りを待つ気持ちになってしまいましたね。
そしてバスの中に父親の姿を見つけた二人の喜び、安堵感がひしひしと伝わってきて
思わず感動。
ミーナを肩車する父親の姿がなんかかっこいいな(笑
乗せたい・・・おれもミーナを乗せたい・・・(ぇ

でも今回一番主の帰りを待ちわびていたのは母・アネークさんだったんだろうなぁ。
抱き合い夫との再会を喜ぶシーンは母親というよりも一人の女としての喜びだったようにも思えた。
きっとその夜は一階からギシギシという音が絶えなかったことでしょう(オイ

そしてそれが新しい命の誕生の瞬間だったのです(嘘

父親が戻りこれからの楽しい生活に希望で胸いっぱいのポルフィ一家でしょうけれど
今しばらくこの一家の幸せなひと時を見られることを願いつつ、次回に期待しよう。
←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ポルフィの長い旅 #3
Excerpt: ポルフィとミーナが、出稼ぎ先から帰ってくるお父さんを迎えに行くお話でした。冒頭は、お父さんからもらったギリシャ神話の本がすっかり気に入ってしまったミーナから。その中でも面...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2008-01-21 23:20

アニメ「ポルフィの長い旅」第3話。
Excerpt: 第3話「父さんを迎えに」 父親が帰ってくる日がやって来た。 ミーナは父親に貰ったギリシャ神話の本を5回も読んだのだと言う。その中に出て...
Weblog: ぎんいろ
Tracked: 2008-01-22 18:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。