お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(放送中)>もっけ > もっけ 第15話 ミノムシ
いつも思うんだけど、ミケさんかわいいなぁ(笑

梅雨の時期になると物の怪たちの活動も盛んになりいたるところにその姿が見える。
さまざまな物の怪の姿が見えるものの、そのことを誰にも言えず、ただ見ていることしか
出来ない事に戸惑いを覚える静流。

見えているのにそれを誰にも伝えられない、ただ黙って見ていることしかできないのって
かなり辛いものがあるよね。
これから災いが降りかかろうとしている人に対して、なんらかのアドバイスができればいいけれど
いきなり初対面の人から
あなたにこれから不幸が訪れますよ
って言われてもどこかの宗教かぐらいにしか思われないよね。

見えるからこそ踏み込める部分があるわけだけど、見えていない相手にすれば
それは単なる心の不法侵入でしかないのかもしれないし、嫌がられるよりは
静流のように静観しているのが正解かもしれないね。

ほんとは見えてるんじゃないの?
と聞かれ、うん見えてるんだと言えない静流。
こういうのってやっぱり自分にも見えないとなかなか信じられないことだよなぁ。
いきなり誰かにおれ見えるんだと言われても、私自身それを理解することは
たぶんできないと思う。

自分が見たことを文章として綴る静流でしたけど、想像力豊かだと言われるけれど
ただ本当に見ていることを綴っているだけなわけで、これもちょっと複雑な気分かも。
文章を褒められることよりもすべてを打ち明けられることの方が彼女にとっては
何倍もうれしいことなんだろうなぁ。

見えることの意味っていったい何なんだろう。
見ている側にとってもそう考えさせられるお話でした。

次回予告の川澄さんのボケっぷりが大好きだ。
←拍手から突っ込みまでお気軽に
banner_01.gif←押してもらえると喜びます
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

もっけ #15
Excerpt: 梅雨の季節がやって来ていました。その時期になると、物の怪たちの活動がより一層活発になるようです。そんな物の怪たちの姿を見ることができる静流は、この季節になると憂鬱になって...
Weblog: 日々の記録 on fc2
Tracked: 2008-01-26 18:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。