お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(ま行〜わ行)>よみがえる空
いよいよ迎えたクライマックス
要救助者の運命は?!
細かい演出がほんとにうまいな
ラストにふさわしい内容でした。

続きを読む
吹雪の中救助を待つ要救助者
悪化する天候、困難な救助活動
学生たちの運命は
一宏を乗せたヘリが救助へ向かう
そして下された選択は・・・

続きを読む
成長が目に見えてきた一宏
一方で困難に直面するめぐみ
かつては逆の立場であった二人
そして新たなる要救助者が

続きを読む
さりげない人間の心理描写はいつもながらうまいなぁ
あえて描写しないことで視聴者に考えさせる
そういう意図があるのでしょうか。

続きを読む
今回は静かに来週へとつながりましたね。
来週がどうなるのか予想がつかないなぁ。
本郷さんたちの出番はあるのでしょうか?
この事故を通して一宏、悟、少年の成長が描かれるのかな?

続きを読む
見終わったあとになんていうか心にずしっとくる
アニメだからと片付けられない何かがこのアニメにはある

続きを読む
回を追う毎に本郷さんの表情が柔らかくなってきてる気がします
そして二人の距離も・・・(ぇ

続きを読む
今回の話で一宏はぐっと成長できたのではないでしょうか
本郷さんかっこいい(*´д`*)
そして最後の演出は鳥肌ものです

雑記
気づいたら寝てまして
起きたら2時でした。・゚・(ノ∀`)・゚・。
なんか目が覚めて寝れないのでこんな時間に更新してます;;

続きを読む
ついにきたーーーー!
いやっほーいいい!
能登祭りだわしょーーーいw

続きを読む
うわー、まじこの展開は辛いわぁ・・・

でもこのアニメすごい・・・
なんていうかすごい・・・
スタッフの本気さを感じた

続きを読む
北陸地方沿岸部を襲った直下型地震の被害に対して災害派遣命令が発令され、
続々と集結する小松救難隊の隊員たち。ところが、パイロットの佐藤と田中が
基地へ向かう途中で事故で負傷。本郷三佐に挑発された一宏は、予備のパイロット
として被災地・東うるま島へ向かうことになった。降り始めた雨と余震の中
現地に到着した救難ヘリUH-60Jは怪我人の収容を開始するが・・・。

続きを読む
まずは軽く人物紹介

内田一宏・・・主人公。岡山出身の小松救難隊UH-60Jパイロット三等空尉
       ファイター志望だったが選考過程でヘリコプター操縦士に
       配属される

長谷川めぐみ・・・東京で暮らす一宏の恋人
         能登かわいいよ能登(笑

本郷修二郎・・・鬼教官らしい。初対面の一宏にいきなりからむ

続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。