お知らせ・独り言スペース
お詫び:TBがブログを再構築しないと反映されない状態になっております。
認証制にはしておりませんが、反映まで時間がかかります、ご了承下さい。
SOBUCCOLI > アニメ感想(あ行〜さ行)>CODE-E
今後どうなってしまうのだろうということよりも
成人向け雑誌がどんな内容のモノなのか気になったのは私だけですか。
私だけですね。
それがセーラー服モノか人妻モノかで大きく変わってくると思うんですよね。

ええ、ほんとにどうでもいい話ですね。

OK、全国の少年少女がどん引きしたところで続きをいってみましょうか。

力が戻ってしまったことに落ち込む千波美を起こす小松菜さん。
個人的にこの起こし方ツボです。
だって、ベットの上に正座ですよ?
上に乗っかられるのもそれはそれで好きですけどっていうか是非
やってもらいたいですけど、横に正座しながら耳元でつぶやかれるって

これはもう起きずにはいられない!!!(いろんなところが)

夢でもいいからモモーイボイスに起こされてみたいです、はい。

園美「巫屋の野菜の味がわかるのは私だけ、そして千波美を支えてあげられるのは
    あんただけでしょ

ソノソノなんていい子なんだぁぁぁ。・゚・(ノ∀`)・゚・。
自ら身を引くとはなんという勇気・・・巫屋の野菜の味がわかる、つまりは巫君の心が
わかっているからこそなんだろうなぁ。
それにしても切ない・・・これは切ないぞ(T_T)

巫「君が好きだ

ついに千波美に想いを告げたわけですけれども、なんか今ひとつぱっとしないんだよなぁ。
千波美の場合、同年代の異性とこれだけ親しく慣れたのは巫君が初めてだろうし
そういう意味でも恋をしてしまうのは納得ができる。
しかし巫君の場合、園美という異性がすぐ近くにいたにもかかわらず全く興味を示すことが
なかったわけで、そこに現れた研究対象の千波美にやがて恋を抱くというのは
今ひとつ納得いかない部分があるかな。
研究対象として接していくうちに恋心が湧くというのもわからなくはないんだけど
そこに達する過程が今ひとつ弱かったかなと思う。

そんなわけで園美は私が責任を持って養っていくから安心してください。
ええ、完全なヒモですが何か?

TYPE-E能力者干渉率による崩壊シュミレーション

ひとつだけ突っ込んでいいだろうか

シュミレーションじゃなく正しくはシミュレーションなんですが?
ってそんなところに突っ込んでもしょうがないか・・・。
いや逆に考えるんだ

これは趣味レーションなんだと

まぁ、それはさておき
今回の柊くんの目的はTYPE-E同士を近づけることでどんな影響が起こるのかを
調べるためってことだったんですかね。
共鳴しあうことで力が増幅し、絶大な破壊力になるという検証の実験に
すぎなかったと。
動物たちからも何らかの力が出ているようなかんじでしたけど、TYPE-Eの持ち主は
人間だけに限らないってことなんだろうか。

町が崩壊してしまうのは想定内のことだったようですが、この力を一体彼らは
何に利用しようとしているのでしょうか。
ギネス記録の焼肉パーティーがしたいとか?(マテ
ほら、千波美たちがいれば火無しでも焼けそうだもんね。

おそらく謎を残したまま終わるであろうことは予想していましたが
これはまたなんとも思いっきり伏線貼るだけ貼って去っていきましたなぁ。
続きに関してなんのお知らせも無かったわけで、これは確実に
視聴者おいてけぼりです。
後番組が某貧乏姉妹っぽいなぁと思ったぐらいです。
半年後なのかいつなのかわかりませんが、第2期があるのは
ほぼ間違いないでしょう。
放送開始前からすでに続編が計画されているという噂もありましたしね。

そんなわけで
次回作「CODE-Fカップ娘は巨乳ちゃん」に期待しましょう。

TB送り先
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/blog-entry-1418.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-3386.html
東京の鉄道って複雑だよね
うん、おれもわからん(笑

サマースクールに参加することになった千波美。
東京駅で困っているとそこへ現れたのは斎橋さんでした。

斎橋「気にすること無いわよ。あなたのタイプE能力がなくなった件については
   私も興味があるし。それに・・・ちょっとうれしかったしね

(・∀・)

ちょっとうれしかったしね

これはワクテカがとまらねぇ

いわゆるひとつのこれはフラグと受け取ってもよろしいのでしょうか?
普段物静かな斎橋さんが見せる意外な表情だからこそ萌えるというか
この恋はまじで応援したくなります(ぇ

巫君との恋が終わった今、ぽっかりと空いてしまった千波美ちゃんの
心を掴むチャンスですよ斎橋さん。
心と一緒に胸も鷲掴みしちゃいなさいよ!!

アタックチャーーーンス!!

そして極めつけはお風呂シーンでございました。
小松菜さんてお風呂はいるときはちゃんと触覚はずしてるんだーって
どうでもいいところに目がいきつつも、その背中が(*´д`*)
あああ、あの背中にしゃぶりつきt(自粛

小松菜「おやー?何今のアイコンタクト。もしかして禁断の関係

そのとおりっ

もうここまで来たら由真ENDでもいいんじゃないかな。
私も気づかなかったわと横目で千波美のことを見る斎橋さんが一体
何に気がついたのか気になりますね。

千波美ちゃんの胸が意外と大きいこととか
実はあんなところにほくろがあることとか
眼鏡のレンズが曇りにくい素材で出来ていることとか

一体どれですかね。

サマースクールとしてやってきた街で千波美たちはID付きの腕輪をつけることに
確かにミリスの言うとおり、完全に監視されてる状態でしたね。
一見便利そうに見えて、実はすべてを監視、管理されているわけで
サマースクールという名目で彼らは何を調べようとしているのでしょうか。

ちょっと思ったんだけど今、携帯電話がこれだけ普及している世の中で
もしその携帯一つ一つにGPSやらIDやらをこっそり搭載させていたとしたら
これと同じ状況に近いものになるよね。
そういう意味では現実的にありうる世界なのかもしれないなぁ。

サマースクールにきてもどこか上の空で気づけば千波美の姿を追っている巫君
そしてそれに気づきつつも献身的に追いかける園美

ああああ・・・・ソノソノが不憫でならない。・゚・(ノ∀`)・゚・。
なんで巫なのかなぁ、ソノソノならもっといい人が他に見つかるだろうに。


千波美の力がなくなってもまだ調査を続けようとするミリスと
もう調査なんてほっといて楽しもうと促すアドちん。

ミリス「何言ってるのアドル!?あなたちょっと弛み過ぎ・・・

たるんでるのはお前の胸じゃーーー

と金髪巨乳には全く興味がない私が突っ込んでみる。

夜になり蛍をこっそり見に行った千波美たち
そして蛍の光の中に千波美の姿を見つけ駆け寄ろうとする巫君を必死に止める園美

うわぁぁぁ、なんという女の戦い(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
いや、戦いと言う前にすでに勝負は決まっている気もしますね・・・。
その場から千波美が立ち去った後の巫君の表情がすごかった。
そしてそこから真実を悟ってしまったであろう園美。
彼女はきっともっと前からわかっていた、でも認めたくは無かった。
だからこそ必死になって止めてしまったのでしょうけれど
それがあまりにも痛々しすぎるものになってしまいましたね。

サマースクールに参加したことで力が戻りつつある千波美。
やはりあの場所にはその力を呼び覚ます何かがあるってことなのかな。
千波美の力、そして三人の恋模様も気になりますが
ここはもう、千波美と由真巫と園美そぶと小松菜さん
ですっきり治まるんじゃないですかね。

え?なにか問題でも?


TB送り先
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/blog-entry-1405.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-3371.html
「変わらないほうがいいこともあるんだなって」続きを読む
千波美ちゃんのスカートちょっと短すぎやしませんかね。
いや、あれはあれでうれしいんですけどなーんか千波美ちゃんっぽくないなぁってね。
清楚なのに短めのスカートというアンバランスさがいいんだろうか。

千波美の感情の変化は周りの同姓からみるとわかりやすいのかな。
母親にも小松菜さんにも丸わかりなほど、恋する乙女モードだったようですが
巫君を意識し始め徐々に心が不安定になっていく千波美
そして

お嬢様って呼ぶの禁止!!

ってことで浮かない表情の園美
そのわけはお金持ちの息子との政略結婚を親に打診されたからでした。
うーむ、やっぱりお見合いでしたか。
お金持ちの娘として生まれてきた以上、ある種の宿命みたいなものだよね。
他に跡取りがいれば別だけれど会社を維持していくという部分においては
致し方ないことなのかもしれない。
そういう縛られた環境にいる代わりに何不自由ない生活を遅れているわけだからね。

園美の幸せを考えるという面では彼女の自由を尊重したいところだが
生まれながらにして彼女は違う舞台に立たされているわけですよね(つД`)

そして思い切って巫君に自分と千波美どちらを選ぶのかと迫る園美
しかし巫君はどちらを選ぶでもなくただ研究のことで頭がいっぱい

その対応を見て園美は気づいてしまったんでしょうね。
巫の目には自分の姿が映っていないと・・・。
どれだけ今までソノソノが自分のことを思って行動してくれていたか
少しも考えたことはなかったんですかね、巫ボーイは。
にもかかわらず、立ち去ろうとする園美を引き止めるって
お前は何がしたいんだ!

代われ!今すぐおれと代わってくれ!!
おれが全力でソノソノに巫青果店の味を叩き込んであげるから。
その体にね(ニヤッ

前回と打って変わって巫君が頬を染めるシーンが出てきたことにびっくりですよ(笑
いや、おまえ、頬染めるようなキャラじゃなかったじゃないか(;゚ Д゚) …?!
前回あれだけ巨乳ちゃんに迫られてもびくともしなかったのに
千波美の前だと目をそらして頬を赤らめる・・・。

単にストライクゾーンが違っただけということか_| ̄|○ ガクッ
って顔を赤らめておきながら

あの力を科学的見地から検証したい。その為に海老原君が必要なんだ
 恋とか好きだとかそんな余計な感情初めから存在しない

とか言っちゃうものだから千波美ちゃん暴走しちゃったじゃないですか!

あーあ、やっちまったー、こいつさいてーだなー。
自分の行動が二人の女性を傷つけているってことに早く気づいてくれ(つД`)
園美の誤解は解けたものの別にだからといって園美が好きだとは一言も
言ってないですよね。
二人の気持ちをいいように利用しているだけにしか見えない・・・。

正直この男のどこに魅力があるのかさっぱりわからんのですが。

暴走した千波美ちゃんはすさまじい力ですね・・・。
小さかった電磁波がどんどん大きくなって商店街を飲み込んでしまうまでに
なってしまうとはすごいというより怖いですね。
これでもまだMAXではないということですから、もし完全に暴走してしまったら
どうなってしまうんだろうね・・・。

千波美を狙う組織もいよいよ動き出すということでようやく物語りも動き始めるようです。
サマースクールみたいな案内がありましたが、傷心した千波美はこれに参加することに
なるのかな。


TB送り先
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-3340.html#trackback
色仕掛けっていうからミリスさんがぷるーんとかぼろーんとかやっちゃうんじゃないかと
思ったんですが、一体どこの部分が色仕掛けだったんですかね?
まさか巫君との間合いを詰めていったアレがそれなんて言わないよね。

ミリスさん登場シーンのあのお風呂シーンは何の為にあったのかと小一時間(以下略

っとまぁ、私にとってはミリスさんはアウトオブ眼中なんでどうでもいいんですがね。
むしろ献身的に巫君好き好きオーラ出しまくりなソノソノに激しく萌えるんですが。

徹夜してまで巫君の為に千波美の力に関するデータを調べ上げるってすごい
クオリティーじゃないっすか。
喜んでくれたものだからさらにやる気になっちゃってるソノソノでしたが、あんなにお金持ちな
お嬢様があそこまで頑張ってくれてることがもう感動モノだよね(つД`)

しかしながら当のご本人が全くそれを感じていないのが腹立たしいっていうか
本気で殺意を抱きそうになりますね

アドルたち以外にも千波美たちを狙っている組織がやはり存在するようで、一つの街に
集めて一体何をさせるつもりなのでしょうか。
電磁波工場でも作る気か?

アドルとミリスはスパイという名目ですけどやっぱりどうみても千波美たち側の人間って
雰囲気ですよね。
スポーツ万能なのはよくわかりましたが、あのアメリカンジョークは悲しすぎる・・・。
ジョークを自分で解説しなければわかってもらえないことほど辛いものはない。・゚・(ノ∀`)・゚・。

そしててっきり千波美を狙っているものだと思っていたアドルが
まさか男色だったなんて・・・。
まぁ、恋にはいろいろな形がありますからね・・・否定するつもりなんてないですよ、ええ
頑張ってください。

まんざらでもない少年Aに衝撃を受けた!
え?もしかして校舎裏だったら即OKだったりするんですか!?

アドル君の言ってたぶるんぶるんってつまり
自分の大事なところをぶるんぶるんさせるって意味だったんですね!
なるほど、そういうことだったのか(納得)

周りが煽るものだから徐々に巫君のことが気になり始めた千波美。
ソノソノやミリスの行動に対する反応は明らかに嫉妬によるものだよね。
二人きりだと思いきや隣に園美がいることに気づいた瞬間の反応が印象的でした。

巫君にせまるミリスの姿に思わず過剰反応してしまい暴走気味になってしまう彼女は
初めて感じる恋という感情に戸惑ってしまいコントロールできないのでしょうね。

でもあれだけ目の前にナイスバディーな女性がいても全く無関心な巫君はある意味勇者だね。
まさかここまで恋愛に疎いとはね・・・。
まぁ、疎いと言うより女性に興味が無いだけかもしれないが(ぁ

すぐそこに男色金髪なぶるんぶるん男もいることですし、二人仲良くやっていけばいーんじゃないかな。

そんなわけでソノソノと小松菜さんは私が責任を持って引き取るので安心してください。

次回は園美の父上殿がなにかやらかしそうな雰囲気ですが
タイトルのお見合いってまさか園美にお見合いの話がって展開になるんだろうか。

それだけは何が何でも阻止しないとね。
よし、来週だけは巫君を応援してあげてもいいよ。


それにしてもお風呂に入るときに眼鏡かけっぱなしの千波美はやっぱり納得いかないなぁ。


TB送り先
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/blog-entry-1361.html#more
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-3328.html#trackback
http://plaza.rakuten.co.jp/sealsoldier/diary/200708220001/
お風呂に入るときぐらい眼鏡は取ろうぜー。
ん?でも眼鏡属性持ちにとってはかけたままがいいのだろうか?
まぁ、どちらでもかまいませんが、せっかくのお泊りなんだから
二人で一緒に入ればいいのにねぇ(ぇ

今回は今まであえて近づいてこなかった由真が千波美に急接近
千波美や由真を狙う者たちが現れたことによる危機感からの行動なのかな。
精神をコントロールすることによって電磁波の発生を抑制し
発見されることを防ぐということは
千波美たちを狙う相手は強い電磁波に寄ってくるってことなんですかね。
だったら周りにいっぱい電磁波を出すものを配置して撹乱すればいいじゃない
って千波美が出す電磁波はそんな生ぬるいものじゃないんだろうなぁ。

寄ってきた犬に驚いて思わず近くの建物の電気系統を壊してしまいましたが
ここで出会った少女と犬は今後に関係する人物なのでしょうか。
逃げてーと叫んでいましたが、犬は襲うわけでもなくじゃれついただけ
のようにも見えましたし、そうなるとこの犬の何が危険だったのかって
話になりますよね。

もしかしてこの子たちもTYPE−Eに関係しているのだろうか。

由真の言葉から千波美たちの持つ力はTYPE−Eと呼ばれるものであることが判明。
そしてその力を狙う人々がいるということも。

今回やっと住民登録ができたアドルとミリスですが
今のところどう見てもお笑い担当な流れですし、とてもこの二人が
悪者になりうるような存在ではないように思えますね。
なんらかのスパイらしいですけど、いずれ千波美たちの味方になる可能性もあり?

千波美たちを狙う黒い車はおそらく別の組織でしょうし
いろんなところに千波美たちを狙う組織があるってことなのかな。

自分の持つ特殊な力で周りの住民に奉仕するもののけして馴れ合おうとはしない由真
最初はみんなめずらしがってよってくるものの、慣れて来れば自分を避けたり
嫌がらせをする人もいる。
どうせ離れていくならば最初から近づかなければいいって思ってしまうのかな。

でもそんな彼女の気持ちが千波美とのやりとりによって少し変化がし始めたようですね。
最後になった感知器はおそらく由真の感情の揺らぎによるものだったのでしょうね。
そしてその後のお礼にもらった桃を食べておいしいと微笑む由真。
あの笑顔が本当の彼女の心なのでしょうね。

次回予告をみるとそろそろ物語が動き始めそうな雰囲気ですね
ていうかあのドイツ君たちが転校してくるってまじですか!?
巫君一人だけでも大変なのにあんなのが加わったらさらに大変な
ことになってしまいますよ・・・。

今回も素敵なストーキングっぷりを見せてくれてましたし・・・。
発信機でもつけてるんじゃないだろうな(笑

そしてそんなストーカーに健気にアプローチを続けるソノソノ。
あーもう、今回もかわいすぎじゃないかぁ(*´д`*)


TB送り先
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/blog-entry-1329.html#trackback
千波美「私もう・・・今日は家に帰りたくない(*´д`*)

誘ってるんですか!?それはもしかして誘ってるんですか!?(;´Д`)ハァハァ

OK、わかったよ。
君がその気なら朝まででも何ラウンドでも付き合ってあげようじゃないか!
なんならソノソノも一緒に三p(サバキャン)


いやぁ、家族愛っていいなって思わせてくれる今回のお話でした(真面目モード)

今回はソノソノの寝起きシーンから始まりましたが、お金持ちだとは聞いてましたが
なんてでっかいお屋敷にお住みなんですかあなたは・・・。
メイドさんが起こしに来てくれるってなんてうらやましい。

しかし園美が起きた時にはもう両親は出かけていて家にはいない。
おそらくそれが園美の家庭では当たり前のことなのでしょうけれど
寂しそうな園美の顔が印象的でしたね。

一方の千波美はというと締め切りに追われて朝食に顔を出さない父を
呼びに行くものの、誤って父の原稿入りPCをクラッシュしてしまい
落ち込んでいました。
いやまぁ、千波美を責めるわけにはいかないですけれども
心配だからと言うのもわかりますけれどもちょっと軽率な行動だったかな(つД`)

官能シーンを取り入れようとしていた千波美父でしたけど
「んあっ・・・」
の続きが激しく気になるのは私だけでしょうか(笑
日々生まれてくる官能小説の裏ではむっさいおっちゃんたちの苦悩が
あったりするんでしょうかね(ぇ

とりあえず完成した官能シーンを是非とも
千波美ちゃんに朗読していただきたいものですね(;´Д`)ハァハァ

学校の授業も上の空でずっと朝の出来事が頭から離れない千波美
ぼーっとするあまりカップラーメンを沸騰させちゃうって
なんてあなたは高性能なんですか!?
すごいなぁ、電子レンジ要らずだなぁ・・・。

私の弁当も温めてもらいたいです(人肌で)

その悩みを変態師巫君やソノソノに打ち明けるわけですが

園美「取り繕うってのは、これからもあんたと一緒にそういう生活を
   続けていきたいって意思表示でしょう?
   あんたから逃げてどうすんのよ!

重いなぁ・・・この言葉は重いなぁ。・゚・(ノ∀`)・゚・。
自分だって親からもっと愛されたいと思っている園美だからこそ
親から十分な愛をもらっている千波美が自分からその愛を遠ざけようと
していることに我慢ならなかったんでしょうね。
今の園美にとっては裕福な生活よりも親と過ごすかけがえの無い時間の
ほうがなによりも大切なのでしょうね(つД`)

親からの愛を欲しがる人間と受け止めきれない愛に戸惑う人間
相反する二人の状況の対比がぐっと心にくるシーンでしたね。

なんだか園美と千波美はいい関係になれそうな気がしますね。

そして巫君にありがとうと言われて一人こっそり喜ぶソノソノが
かわいすぎますね(*´д`*)
もう、あなたはどこまでツンデレば気が済むんですかっ!

店長!!おかわりっ!!(オイ

そんな園美の携帯に一通のメールが。
その差出人はもちろん父親だったわけで・・・
今夜は素敵で温かい夜になりそうですね。

引き上げましょう。市役所閉まっちゃうわ

今のところ任務よりも住民票を手に入れることの方が大事なようだが
やつらは一体何がしたいんだ(笑
当面の敵はあの職員ってことなのかな・・・。


家族揃って食事をする
そんな当たり前の日常が何よりも大切でかけがえのないものなんだと
再認識させられた今回の話だったように思います。


TB送り先
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/blog-entry-1309.html#more
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-3287.html#trackback
千波美ちゃんの「あー」とか「うー」っていう声がかわいいなぁ(笑

前回に続き千波美ちゃんの寝起きシーンで今回もスタート。
時計が止まっていて寝坊してしまったようでしたが
ネジを忘れたって言ってるように聞えましたけど、もしかしてあの時計は
ネジ巻き式ってことなのでしょうか。

前の制服も良かったですけど、新しい制服もこれはこれでいいですなぁ(*´д`*)
特にスカートが短くなってるところが高ポイントであります。

外国からやってきたと思われる金髪双子姉弟・ミリス&アドル
いきなりシリアスな雰囲気を漂わせ、どこかのホテルでくつろいでいるのかと
思いきや思いっきり民宿っぽいところだし・・・。
彼らが何をしにやってきたのかはまだわかりませんが、とりあえず
これなら千波美が危険な目に遭うということはなさそうな気がする。

巫君は相変わらずいい電波出してるなぁ。
バスの中でUFOだとか大声で熱く語っていましたが、これは明らかに
周りから見れば痛い子・・・。
蓼食う虫も好き好きとはいいますが、ソノソノはほんとに彼の
どこに惹かれているんでしょうか。

巫「どんなHな本?

千波美への心理テストでエッチな本について迫っていましたけど
これって思いっきりセクハラ行為じゃないのかよ(笑
こいつわざとやってるとしか思えない。

時代設定が2017年ということであまり未来的な雰囲気はないのですが
今回、生徒たちのやりとりで10G単位のデータをやりとりする
シーンがありましたね。
入れようとしたのは携帯か何かだと思うのですが、携帯で10Gを越える
サイズのデータを簡単にやり取りできるというのはちょっと未来っぽいのかな?

巫と千波美が一緒にいるところを何度も目撃してしまった園美は
敵対心むき出しで突っかかっていきますが、千波美の体質にそれとなく
気づき、そして巫が千波美と一緒にいるのも恋愛というわけではなく
あくまで千波美の体質に興味があるだけだということを知り
無事に誤解が解けました。

とりあえずこれでソノソノも秘密を共有する仲間となったわけで
これからはライバルというよりは良き協力者となっていくのでしょうか。
個人的にはもう少し慌てるソノソノを見ていたかったんだけどなぁ(笑
背が低いから常に見上げてる目線がかわいいんだよなぁ(*´д`*)

由真「いつまでも平穏無事とはいかないかもね

最後は千波美を監視するミリス&アドル
そしてさらにその二人を見つめる由真という展開でしたが
平穏無事で暮らせますようにと願う千波美の思いとは対照的に
周りで少しずつ動き始めているようですね。
やはり千波美の持つ力が何かの鍵を握っているということなんだろうか。
その力を何かに利用しようって狙いなのかな。
最近はストーカー気味の作品が流行っているのかなぁ。
千波美は電磁波を放ってるけど、巫君もいいかんじで電波出してるよね

続きを読む
あーもう、小松菜さんかわいいなぁ(*´д`*)
プチツインテがなんかいいな。

続きを読む
あっ、この作品結構いいかも。
いきなりの直球勝負に飲んでた豆乳吹いた。

続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。